おならを「ガス止め」で止めても本当に大丈夫? | 便秘解消情報局

おならを「おなら止め薬」で止めても本当に大丈夫?

<スポンサーリンク>
おならを「ガス止め」で止めても本当に大丈夫?

おならで悩んでいる方からすれば、「おなら止め薬」は非常に魅力的な薬に思えるかも知れません。

ですが、「薬」では、根本的な意味で原因を改善する事は出来ません。

 

もちろん、どうしても辛い場合であったり、重要な会議等で必要であれば、「おなら止め薬」を使用するのも正解なのかも知れません。

ですが、あくまで、「その場しのぎ」「付け焼き刃」だと言う事は、忘れないでおきたい事実だと思います。

 

おならと便秘で長年悩んでいた私も購入した経験が有りますが、持っていないと不安になり、精神的に「依存」してしまいそうになりますので、あまり良くは無いと思います。

「おなら止め薬」自体は、副作用の無い成分で構成されていますが、やはり、おならが止まらなくなる原因を改善しない限り、状況が変わる事は有りません。

 

おならをする事自体が怖くなる

健康的な意味合いであっても、社会的な意味合いであっても「おなら」は本当に困りものです。特に最近は、「エチケット」等が重要視されて来ていますし、意外と周囲の理解が乏しい事も辛かったのを覚えています。

それに伴い、「おなら」を出なくしたり、臭いを緩和する事が出来るサプリメントを持ち歩く人も増えて来ていると言われています。

 

ですが、どれだけ「おなら止め薬」を服用して一生懸命に止めようとしたり、臭いを抑えようとしたとしても、「癖」か「自律神経」、「腸内環境」等の原因を把握し、改善しない限り、状況が良くなる事は有りません。

 

おならの原因と腸内環境の関係

先程少し説明させて頂いたように、おならは、「癖」「自律神経」「腸内環境」が大きく関係しています。「癖」は、緊張すると息を飲み込んだり、早食い傾向が有ったり、おならを我慢し過ぎてしまう等です。

「自律神経」は、神経や精神、筋肉や臓器等にも影響しますので、「ストレス」等が原因で乱れてしまう事によって、腸の運動機能が著しく低下したり、逆に活発になってしまったりします。

 

その事によって、おならが腸内に滞留したままになってしまったり、逆に出過ぎてしまったりします。

腸の運動機能が低下してしまうと、便秘になり易く、おならの「臭い」の直接的な原因となる悪玉菌の増加だけでは無く、肛門付近に「蓋(ふた)」をしてしまっているような状況になりがちですので、一度のおならの量が多く、臭くなってしまいがちです。

 

「腸内細菌」は、バランスが大きく崩れ、悪玉菌の比率が高くなり過ぎてしまっている事が大きく関係しています。もし、便秘気味でおならが異常に臭く感じる場合は、出来るだけ早く改善した方が良いと思います。

 

「おなら止め薬」で状況が悪化した経験も

私も経験が有りますが、「おなら止め薬」を飲んだとしても、効かなくなる事が有りますし、服薬回数が多いと徐々に効かなくなる事が有ります。

「おなら止め薬」の種類は数種類有りますが、私の場合は、善玉や悪玉に関わらず、腸内細菌全体の数を減らす事が目的で開発された商品を使用していた事が原因で、徐々に効果が落ちてしまいました。

 

ただ単に効果が弱まって来るだけなら良いのですが、「腸内細菌全体の数を減らす事が目的」の「おなら止め薬」ですので、必然的に便秘が悪化し、おならの状況は悪化し、以前よりもお腹が張って苦しくなると言う流れです。

 

おならの原因が「空気」の飲み込み過ぎの場合

先程の「癖」と少し近いですが、そこまで臭いの無いおならが出る場合が有ると思います。原因は、「炭酸飲料」「喫煙」「飲食物」等を口から取り込んでいる時に、同時に大量の空気を飲み込んでしまっているからです。

また、便秘やおならを気にするあまり、「食物繊維」「整腸剤」等を摂取し過ぎている可能性も有ります。

 

「大量の空気を飲み込む癖」と言ってもそこまで楽観的に捉えられ無い場合も有り、あまりに深刻化してしまうと「呑気症」を発症してしまう可能性も有ります。

また、ストレス性の「過敏性腸症候群ガス型」を発症している比率が最近急増していると言われていますが、現時点では「原因不明」と言われています。ストレスが関係している分、「空気を飲み込む癖」と「自律神経の乱れによる腸の機能低下」等も関係していると思います。

 

新生活や職場、学校や対人関係等のストレスで緊張すればするほど腸が過敏になると言われていますので、「おなら」と同時に「下痢」や「便秘」で悩まされると言う方も多いです。 

 

「おなら止めサプリメント」は、何から出来ているのか

「オウバク」などから抽出した「塩化ベルベリン」による殺菌作用を利用した物も多く、「おなら止め薬」と同じように、腸内を殺菌する事でガスの発生を止め「おなら」の発生を抑えます。

ただ、「腸内細菌専用の殺菌剤」を飲むと言う事が健康的とは考えられませんし、身体の中では色々な事が起きています。特に大腸は、「免疫機能」や「解毒作用」、「消化吸収」や「成分の合成」等を行っていますし、「腸内細菌」と共存する事によって始めて正常に機能する事で知られています。

 

飲む度に体調に影響すると言う事は、在り得ませんが、身体は確実にダメージが蓄積している状態です。私個人的に気になる事は、「おなら止めサプリメント」の「腸内細菌専用の殺菌剤」は、悪い細菌(この場合は悪玉菌)のみを選び出して殺菌する事は出来無い事です。

当然、身体に必要な「善玉菌」まで殺菌してしまいますので、殺菌されて以前よりも悪化した腸内環境を改善出来るようになる迄、おならの悩みは続き、その「おなら止めサプリメント」が以前よりも手放せない生活が続きます。

 

何よりも、今まで頑張って摂取して来た「善玉菌を増やす食事」や「長い年月を経て最適化された腸内細菌」、「便秘」や「おなら」の改善の為の努力も全て無駄になってしまうと言う訳です。

 

結局は、「おなら止め薬」が無いと駄目な生活へ

お腹や身体の免疫機能に必要な腸内環境を守る「善玉菌」が殺菌されることで「便秘」は確実に重症化して行きます。

腸内細菌の比率は崩れ、「悪玉菌」は繁殖する一方ですので、必然的に、おならが以前よりよく出るようになってしまいます。

 

「おなら止め薬」で「おなら」を止めたとしても、「腸内細菌専用の殺菌剤」が腸に入った瞬間に、生きて腸まで届いた「善玉菌」まで殺菌し続けているからです。

何度も繰り返してしまいますが、結局、「おなら止め薬」は、一時的におならを止めるだけのものですので、根本的に「おなら」を止めるためには、「おなら止め薬」に依存しない事が必要です。

 

おならの原因は様々ですが、臭いの原因は「悪玉菌」ですので、「腸内環境」を改善しない限り、何かにつけて「腸内細菌専用の殺菌剤」を飲み続ける事になります。

更に、「精神的依存」の可能性も有り、実際に「依存」傾向が高い方は多いです。

 

腸内環境を改善する事がおならの悩みには必要です

腸内には約100種類100兆個の腸内細菌が共存していますので、腸内環境が正常なら善玉菌が繁殖して優勢になり、悪玉菌の比率は下がります。

腸内環境が適切な状態に改善出来た場合、私は、おならの臭さや量で悩まされる確率を大きく下げる事が出来ました。

 

この善玉菌優勢の便がいわゆる「快便」の状態で、おならの悩み等の心配もなく「肌荒れ」や「吹き出物」も起こりにくい状態で、実は「髪」のコンディションにも大きく関係しています。

一番手軽で確実に腸内環境を改善出来るのは、「高純度」で「腸内環境に適した量」のオリゴ糖を摂る事で、スーパーや薬局で手軽に手に入るオリゴ糖は、名前ばかりの単なる甘味料です。

 

本当に高純度でしたら、脂肪として蓄えられる事はありませんしので、ダイエット中も安心して摂取出来ますし、「虫歯」にもなりにくいです。

純度の重要性が気になる場合は、「高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

ガス止めでは、本来の意味での改善は得れません

「おなら止め薬」から「頑固な便秘」になり、次は「下剤」で「下剤依存」になり、その結果、「腸の機能不全」を発症してしまったと言う方は意外と多く、「便秘」が直接的な原因となり、亡くなられた方も居られます。

「おなら止め薬」や「下剤」は簡単に手に入りますが、「薬」である事には変わり有りませんので、当然「副作用」があります。

 

先程のように、「高純度」で「腸内環境に適した量」の「オリゴ糖」を意識して取り入れる事によって、それまでの食生活を少し変えてみた方が良く、何よりも健康的です。

「腸内環境」が改善されれば、おならで悩まされる事も少なくなりますし、身体の中から本当に「健康」に「綺麗」になる方法が見つかり、「アンチエイジング」にも繋がります。

 

食生活が欧米化し、取らねばならない食材が食べにくくなり、昔の日本では考えられないくらい「便秘」から始まる生活習慣病が増えています。

「自己責任」とはいいますが身体に入るものには十分な注意が必要で、結局の所、自分の身体は自分でしか守れません。

 

乳酸菌や食物繊維に関しては、毎日の食事を意識する事で摂る事も出来ますが、オリゴ糖に関しては、食品から十分な量を摂取する事は難しいですし、「高純度」で「腸内環境に適した量」のオリゴ糖を摂取する事に意味が有りますので、オリゴ糖なら何でも良いと言う事は有りません。

理由は純度と配合されているオリゴ糖の種類で、一般的に販売されている商品では、配合されている種類が圧倒的に少なく、効く方と効かない方が出てしまいます。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ