みぞおちが痛い時に疑うべき病気と対処法 | 便秘解消情報局

みぞおちが痛い時に疑うべき病気と対処法

<スポンサーリンク>
みぞおち

みぞおち辺りが痛い場合、胃腸に何らかの問題が起きていると考えるのが一般的ですが、周辺には、重要な臓器が密集しています。

痛い度合いや性格な場所等を冷静に状況を判断し、不安な場合は、病院受診する事が1番確実です。

 

特に、発熱、嘔吐感や嘔吐、便秘や下痢等の排便異常、下血や便に血液が混じる等の異常が有る場合は注意が必要です。

日本人は、ストレスを溜め込み易い気質の方が多く(私もですが・・・)、ファーストフード等お欧米寄りの食事に対応出来ていない方も多いです。

 

環境や食事に関する環境の変化に合わせるように、胃腸に関する病気も年々増加して来ていると言われています。

中でも、「胃がん」の発症数と死亡数が増加しています。

 

「胃がん」は、目立つ初期症状が無いのが特徴ですが、初期段階で発見する事が出来れば、高確率で完治させる事が出来る反面、症状が悪化してしまった場合、死亡率が高いです。

みぞおちが痛いと言うキッカケで、「胃がん」以外の病気を早期発見早期治療出来たと言う方も多いので、参考にして頂けると幸いです。

 

みぞおち辺りは実は重要?

痛いだけなので、自分で確認する必要も有りませんし、他人で実践するのも論外ですが、みぞおちが部分を押したりすると、痛いを思います。

漫画や映画等でも、力一杯殴られて大半な事になっているシーンも有りますので、一度位はご覧になられた事も有るかも知れません。

 

通常よりも敏感な理由は、臓器が密集し、神経が張り巡らされている状態にも関わらず、「肋骨」に守られていないからです。

心臓、胃、胆嚢、膵臓、肝臓、十二指腸、腸に異常が起きてしまった場合、みぞおち辺りが痛いと感じてしまうと言う方も多いです。

 

痛みがあまりに続いてしまっていたり、異常だと感じた場合は、病院受診した方が良いです。

 

みぞおちが痛い時、すぐに病院受診が必要な場合

もちろん、明らかに異常だと分かる位、激しくみぞおちが痛い場合や高熱、嘔吐感や嘔吐、血便等が併発している場合、出来るだけ早く病院受診が必要です。

ですが、痛みが軽度の場合であったとしても、危険な病気が隠れている場合も有りますので、次の症状が並行して起きていないか?も確認するようにしてみて下さい。

 

●口臭が明らかに異常だと感じる

●以前よりも、「食欲が無い」「食べられなくなった」

●以前よりも、「胃もたれ」「胸焼け」が酷い

●肉や揚げ物、炒め物等の「脂身」「油分」を摂取すると体調不良になる

●空腹時や食後に決まってみぞおち辺りが痛む

●明らかに異常な位便が黒く、貧血に似た症状が出る

●異常な位、「おなら」が臭くなった

 

みぞおちが痛い原因

「暴飲暴食」「疲れやストレス」「食あたり」が原因としては多いです。

ですが、「何らかの病気を発症している」場合も有りますので、出来るだけ冷静に状況を判断する事が求められます。

 

「暴飲暴食」でみぞおちが痛い場合

刺激の強いスパイス類、炭酸飲料、アルコール、喫煙、生野菜、生肉、酢等は、胃の粘膜を攻撃してしまう可能性が有り、みぞおち辺りが痛む場合が有ります。

以前と同じ食事内容であったとしても、加齢、睡眠不足等が影響してしまう場合が有ります。

 

また、夏であれば、クーラーによる冷えや冷たい水分の摂り過ぎによって、消化器系の機能が低下してしまい、以前と同じ食事量でもみぞおちが痛くなる場合も有ります。

 

「疲れやストレス」でみぞおちが痛い場合

自律神経は、胃腸の運動を調整しているだけでは無く、胃酸や粘膜の分泌量等も調整しています。

ストレス・緊張・不安等によって、自律神経が乱れてしまった場合、胃酸や粘膜の分泌量を増やし過ぎてしまったり、不足させてしまう場合が有ります。

 

仕事や人間関係、環境等のような直接的なストレスだけでは無く、睡眠不足、温度差の激しい環境等のように、自覚出来ないストレスも自律神経の乱れに繋がりますので、注意が必要だと思います。

 

「食あたり」でみぞおちが痛い場合

水道水が原因の場合は多く、海外旅行や観光の行きやすさに比例して様々なトラブルも増えて来ました。

海外では、「水」はお金を出して買うのが一般的である場合が多いです。

 

もし、海外旅行や観光を計画されている場合は、現地の食事環境等も調べておくと良いと思います。

特に、「硬水」圏に行かれる場合も注意が必要だと思います。

 

硬水はマグネシウムやカルシウム等のミネラル分が多く、体質によっては、胃痛やみぞおちが痛くなる場合も有ります。

意外かも知れませんが、使用頻度の低いウォーターサーバーが原因の場合も聞きますので、普段から胃腸が弱い方は、注意が必要だと思います。

 

みぞおちが痛い事から考えられる病気

みぞおち付近には、食道、心臓、胃、十二指腸等の臓器が密集していますので、異常な痛みを感じた場合は、病院受診した方が確実です。

殆どの場合は、ストレス、加齢、飲食物が原因ですが、稀に放置する事によって重症化してしまう病気も有りますので、楽観視出来ない場合も有ります。

 

可能性として考えられるのは、「逆流性食道炎」「心筋梗塞」「胃酸過多症」「食道裂孔ヘルニア」「胃炎」「胃・十二指腸潰瘍」「虫垂炎」「食中毒」「腸閉塞」「胆石」「膵炎」「過敏性腸症候群」「痙攣性便秘」等です。

 

「心筋梗塞」の場合

動脈硬化等が原因で心臓への血液供給量が不足してしまった場合に起こる可能性が有る病気です。

完全に「閉塞(へいそく)」してしまった場合、30分〜45分程度で「壊死」が始まってしまう可能性が有ります。

 

動脈硬化気味であったり、高コレステロール血症、糖尿病、高血圧、肥満、痛風、狭心症(きょうしんしょう)と診断されてしまっていたり、その疑いが有ると診断された方は、注意が必要だと思います。

 

「逆流性食道炎」の場合

「食道炎」や「食道潰瘍」と診断されていたり、その疑いが有ると診断された方は注意が必要です。

他には、菌類やウイルスによる感染型食道炎、薬が原因で起こる「薬剤性」等、様々な種類が存在します。

 

通常であれば、胃酸等の消化液は、逆流出来ないような構造になっていますが、様々な原因によって、「弛緩」してしまう場合が有ります。

胃酸だけでは無く、十二指腸液等が逆流してしまった結果、食道の粘膜に炎症が起きてしまう病気です。

 

みぞおちの痛みだけでは無く、嚥下や呼吸器系の異常、嘔吐感や嘔吐、腹部膨満感等が報告されています。

 

「胃酸過多症」の場合

ストレス・緊張・不安、喫煙、偏った食事習慣等が原因で、胃酸の分泌量が増え過ぎてしまい、胃痛、嘔吐感や嘔吐、食欲減退等が出てしまう場合が有ります

胃酸過多症は、胃痛が主な症状ですが、状況によっては、みぞおちが痛いと感じてしまう場合も有ります。

 

ただ、胃炎や潰瘍等が原因で胃酸過多症になっている可能性も有りますので、一度、病院受診する事が望ましいです。

 

「食道裂孔ヘルニア」の場合

食道が通る穴の事を「食道裂孔」と呼び、胃の一部分が胸腔へ飛び出してしまったような状態を「食道裂孔ヘルニア」と呼ぶ場合が有ります。

先天性と後天性が有りますが、無症状だと言う方も少なく無いと言われています。

 

「逆流性食道炎」等のように、他の病気と併発してしまった時に発見されると言うのも珍しくは無いと言われています。

 

「胃炎」の場合

ストレス・緊張・不安、暴飲暴食、アルコール、コーヒー、加齢による場合が多いのですが、薬、菌やウイルス、食品アレルギーの場合も有ります。

薬が原因で起こる胃炎は、アスピリン系、ステロイド系、非ステロイド系、抗生物質を使用している方に起きてしまう場合が有ります。

 

みぞおちが痛いように感じてしまうだけでは無く、異物感や不快感、嘔吐感や嘔吐、食欲減退等が報告されています。

 

「胃・十二指腸潰瘍(消化性潰瘍)」の場合

「胃・十二指腸潰瘍」の内、胃潰瘍の方は、胃酸の分泌量が少ない傾向に有り、十二指腸潰瘍の方は、胃酸の分泌が多い傾向に有ります。

胃や十二指腸が胃酸等の消化液に自己分解されてしまう事が原因ですが、発症者全体から見ると、「ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)」が原因の場合が殆どです。

 

ピロリ菌自体は、誰の胃にも存在するような細菌の一種で、無症状のままと言う方も少なくありません。

現状であれば、ピロリ菌除去手術を行わない限り、存在し続けていると言われています。

 

ピロリ菌が、胃や十二指腸潰瘍を引き起こしてしまう理由は、ピロリ菌の周囲に存在するアンモニアや生成する毒素が原因だと言われています。

アンモニアや毒素が、胃の粘膜を損傷し続けてしまうと言われています。

 

胃・十二支腸潰瘍を発症してしまった場合、みぞおちが痛いと言う症状が出易いです。

胃潰瘍であれば、食後に痛み易く、十二指腸潰瘍であれば、空腹時に痛み易いと言われています。

 

嘔吐感や嘔吐、吐血や下血が報告されています。

 

「虫垂炎」の場合

「盲腸」と言った方が一般的かも知れませんが、便、異物、過剰に出来てしまった生成物や腫瘍等が原因で、「虫垂」に炎症が起きてしまう病気です。

状況によって原因が違いますし、明確な原因は解明されていないと言われているのが現状です。

 

みぞおちが痛いように感じてしまう場合以外には、嘔吐感や嘔吐、発熱、食欲減退等が報告されています。

 

「食中毒」の場合

みぞおちが痛いと感じるだけでは無く、発熱、下痢、嘔吐感や嘔吐等の異常が出てしまう場合が多いです。

他には、傷んでしまった食品、カビ等でも起きてしまう場合が有ります。

 

もし、下痢が起きてしまっている場合は、「下痢止め薬」の使用は避け、可能であれば、専用に開発された「ポカリスエット」「OS−1」等のように、ミネラルがしっかりと含まれた飲料を摂取し、電解質異常や脱水症状を防いだ方が良いと思います。

(参考「下痢止めは必要?下痢が止まらない時の注意点」)

 

「腸閉塞」の場合

先天性な要因で腸の一部に捻れが起きてしまっていたり、一部分が狭くなってしまっている場合と、手術後の「癒着(ゆちゃく)」、頑固な便秘等が原因の場合が有ります。

腸が「閉塞(へいそく)」してしまい、便や消化液等が通過出来ない状態ですので、腸管内圧力の異常な上昇による痛み、嘔吐感や嘔吐、激しい腹痛等が報告されています。

 

みぞおちが痛いと感じる場合は、腸管内の内容物が胃辺り迄逆流して来ている場合と、腹痛がみぞおちの痛みとして出てしまっている場合が有ります。

当然、緊急手術が必要な状況が多く、みぞおちの痛み以外の症状を注意しながら、出来るだけ早く病院受診する事が確実です。

 

「胆石」の場合

「胆石」と言っても、総称ですので、肝内結石、胆管結石、胆嚢結石等、結石が形成されてしまう場所によって、名称等が違って来ます。

胆汁が通過する為の「胆道」に「結石」が出来てしまう病気の事ですが、食事の欧米化、偏った食事、加齢等が原因として増加していると言われています。

 

「胆石」も、食事等が原因で起こる「コレストロール系」、細菌の異常繁殖が原因で起こる「ビリルビンカルシウム系」、貧血や肝機能の異常が原因で起こる「黒色石」が存在します。

発生していまう場所によって症状の表れ方は違いますが、みぞおちが痛いと感じる場合以外にも、初期段階や軽度であれば、発熱、黄疸(おうだん)、悪寒、嘔吐感や嘔吐、背部痛が報告されています。

 

「膵炎」の場合

アルコール摂取が原因の場合が1番多く、先程の「胆石」が原因の場合も有ります。

残りは、薬の副作用、脂質異常、原因不明の場合も多いと言われています。

 

みぞおちが痛いと感じる場合の他に、発熱、背部の痛み、嘔吐感や嘔吐、食欲減退、発熱等も報告されています。

また、膵炎を発症してしまった場合、アルコール、脂身の多い肉、油分の多い揚げ物や炒め物を摂取した後に痛みが生じる事も有ると言われています。

 

「過敏性腸症候群」の場合

以前は、過去に腸炎を発症してしまった事が有る方に多いと言われていましたが、最近では、緊張・不安・ストレス等によって自律神経が乱れてしまった事が原因の方が増えて来ました。

過敏性腸症候群を発症してしまう根本的なメカニズムは解明されていません。

 

便秘型、下痢型、ガス型、分泌液型、分類不能型が存在します。

みぞおちが痛いと感じる場合以外にも、排便異常、副膨満感等から、精神への悪影響等、肉体面だけでは無く、精神面にも大きな影響が出やすいのが特徴です。

 

便秘解消情報局スタッフも過去に心因性を発症した事が有る病気で、非常に辛い日々が続きましたが、「いつの間にか完治していた」と言う病気です。

悪条件が繋がってしまった時、軽度の症状が表れ、本当に完治出来たのかどうかも分からない病気です。

 

「痙攣性便秘」の場合

最近増加傾向に有り、ストレス・不安・緊張、生活環境等が原因で自律神経が乱れる事が原因で発症する場合が多いと言われています。

先程の「過敏性腸症候群」の便秘型、もしくは混合型と診断されてしまう事も多いと言われています。

 

ストレスを感じた時、強い腹痛が起きてしまい、急に下痢になってしまうと言う場合も多いです。

定期的に便秘と下痢が繰り返し起きてしまう場合の他に、おならばかり出てしまう場合も有ります。

 

病院で検査したとしても、腸管に炎症等、目立った異常が無い事が特徴ですが、「刺激性下剤」を使用してしまった場合、みぞおちが痛いと感じる状況が悪化してしまう可能性も有りますので、使用しない方が懸命です。

多少なりともストレスが関係していたとしても、頑固な便秘が続き、下痢が起きてしまっている場合も有りますので、気になるようでしたら、病院受診が望ましいです。

 

(参考「っ下痢と腹痛が辛いのは病気?便秘と交互は注意」)

 

「みぞおちが痛い!」を予防する方法

普段の生活から出来る事は、「自分に合った睡眠時間の確保」「液度な運動」「ストレスを溜め込みすぎない事」「水道水を飲まない事」「胃腸に負担のかけない食事や水分摂取を心掛ける事」です。

他には、「ピロリ菌」の除去も有効的だと言われています。

 

みぞおちが痛い時の対処法

先程のように、普段から、「予防する方法」を実践する事も大切ですが、現在進行系でみぞおちが痛い場合、軽度であれば、安静にする事が有効的です。

ですが、明らかに異常だと感じた場合、「病院受診する事」「市販の胃腸薬を使用する事」が有効的です。

 

当然、市販の胃腸薬は、「胃痛」「胃もたれ」「むかつき」等のような、一般的な胃腸の不調に対して有効的な薬です。

明らかに異常だと感じる位にみぞおち辺りが痛い場合は、病院受診する事が1番確実です。

 

理由は簡単で、整腸剤では、根本的な意味でみぞおちが痛い原因を改善する事には繋がりませんし、病気が隠れている場合、放置しているのと変わりません。

重症化してしまったり、完治まで時間がかかり過ぎてしまう事も多いです。

 

当然、痛み止め薬等を使用する事も考え物です。

 

みぞおちの痛みに使用したい胃腸薬

胃腸薬は、「第2類医薬品」「第3類医薬品」が多く、薬剤師や登録販売者に相談する必要が有ります。

余談になりますが、胃腸薬をご購入される場合は、「セルフメディケーション税制対象商品」が良いと思います(少し面倒だと感じるかも知れませんが・・・)

●キャベジンコーワ

●第一三共胃腸薬

●大正漢方胃腸薬

●太田漢方胃腸薬

●セルベール整胃

●新タカヂア錠

●パンシロン

●スクラート胃腸薬

●ガスター10

●ガストール

●ブスコパン

●ファモチジン錠

●ギャクリア

 

キャベジンコーワって、みぞおちの痛みに良いの?

「第2類医薬品」です。

胃痛だけでは無く、胃の機能低下全般に効果が有ります。

●メチルメチオニンスルホニウムクロリド

野菜の「キャベツ」由来の成分で、胃粘膜の分泌量や血流を増やし、胃粘膜の保護が期待出来ます。

●炭酸水素ナトリウム

お菓子等にも使用する「重曹」の事で、一過性ですが、胃酸過多を抑える働きが期待出来ます。

●沈降炭酸カルシウム

胃酸過多を和らげ、胃壁の保護が期待出来ます。

●ロートエキス

胃腸薬以外にも使用される事が多く、過敏になってしまった、副交感神経の働きを緩め、胃酸や胃痛を和らげる効果が期待出来ます。

●ソヨウ乾燥エキス

「胃もたれ」等の胃の機能低下に効果が期待出来る成分です。

●センブリ末

食欲減退や消化能力の低下に効果が期待出来る成分です。

●ビオヂアスターゼ

肉に含まれている「タンパク質」や白米やパンに含まれている「デンプン質」の消化分解を促進してくれる成分です。

●リパーゼ

私達の体内に存在する消化酵素の一種で、「脂肪分解」の促進が期待出来る成分です。

から構成されています。

 

第一三共胃腸薬って、みぞおちの痛みに良いの?

「第2類医薬品」です。

胃痛と言うよりは、どちらかと言うと、食べ過ぎや加齢による「むかつき」「不快感」に対して適しています。

 

●タカヂアスターゼ

低下してしまった消化能力を苦情させる効果が期待出来ます。

●リパーゼ

体内にも存在する脂肪分解酵素です。

●アカメガシワ

昔から、胃の炎症や潰瘍、胃酸過多等に使用される事が多い成分です。

最近では、「過敏性腸症候群」を緩和させる効果が注目されています。

●カンゾウ

漢方に使用されている事が多く、胃の痛みや痙攣、潰瘍等に使用される事が多いです。

●ケイ酸アルミン酸マグネシウム

胃の粘膜を保護する効果が期待出来、炎症や潰瘍に使用される事が多いです。

●合成ヒドロタルサイト

胃の粘膜を保護し、炎症や潰瘍に使用される事が多いです。

●水酸化マグネシウム

胃酸の分泌量を適切な状態に戻し、胃酸を中和させる効果も期待出来ます。

●ロートエキス

自律神経の乱れが原因で起こる胃の異常に効果が期待出来、胃酸の分泌量を適切な状態に戻す効果が期待出来ます。

●オウバク

「黄柏」です。自律神経の乱れを整え、胃の炎症を鎮める効果や抗菌作用も期待出来ます。

●ケイヒ

「桂皮」つまり、「シナモン」です。食欲の低下、胃の炎症、胃酸過多等の胃のトラブル全般に効果が期待出来ます。

●ウイキョウ

スパイスにも使用される事が多い「茴香」です。胃炎や胃酸過多の緩和に使用される事が有ります。

●チョウジ

スパイスとして玉ねぎに突き刺す「丁字」です。嘔吐感や嘔吐、胃潰瘍に使用される事が有ります。

●ショウキョウ

「生姜」です。いつまでも胃に水分が溜まっているような感じがする時に使用される事が有ります。

●l−メントール

胃の爽快感だけでは無く、過剰に動く平滑筋蠕動運動を抑制する効果も期待出来ます。

 

大正漢方胃腸薬って、みぞおちの痛みに良いの?

「第2種医薬品」です。

胃痛だけでは無く、胃の機能低下全般に効果が有り、漢方等の生薬中心です。

●安中散

「アンチュウサン」と読み、胃痛等の胃の不調全般に使用されます。

「桂皮(ケイヒ)」「延胡索(エンゴサク)」「牡蛎(ボレイ)」「茴香(ウイキョウ)」「縮砂(シャクシャ)」「甘草(カンゾウ)」「良姜(リュウキョウ)」から構成されています。

●芍薬甘草湯

「シャクヤクカンゾウトウ」と読み、緊張した胃腸の痛みだけでは無く、胆嚢、尿路等の北見を緩和させる効果も期待出来ます。

「芍薬(しゃくやく)」と「甘草(カンゾウ)」から構成されています。

 

太田漢方胃腸薬って、みぞおちの痛みに良いの?

「第2類医薬品」です。

ストレス・緊張・不安等によって、自律神経の乱れが起きてしまった事が原因で起こる胃痛と加齢や暴飲暴食によって、胃腸の機能が低下してしまった時に効果が期待出来ます。

 

どちらかと言うと、前者のように、ストレスが原因で起こる胃痛に利用される事の方が多いと思います。

●安中散加茯苓

昔から、ストレスが原因で起こる胃痛、食欲減退、胃炎、嘔吐感や嘔吐等にも幅広く使用されて来ました。

「ケイヒ」「エンゴサク」「ボレイ」「ウイキョウ」「シャクヤク」「カンゾウ」「ブクリョウ」「リョウキョウ」から構成されています。

 

セルベール整胃って、みぞおちの痛みに良いの?

「第2類医薬品」です。

胃の機能低下全般に効果が期待出来ます。

●テプレノン

胃粘膜が弱る事が原因で起こる胃痛に向いていて、胃炎や胃潰瘍にも使用される成分です。

●蒼朮

「ソウジュツ」と読み、健胃効果、胃腸炎、胃下垂に対して効果が期待出来る成分です。

●厚朴

「コウボク」と読み、健胃、鎮痛、鎮静、抗菌、抗潰瘍等の効果が期待出来ます。

●リパーゼ

私達の消化酵素の一つで、「脂肪」の分解酵素です。

 

パンシロンって、みぞおちの痛みに良いの?

「第2類医薬品」です。

胃痛だけでは無く、胃のトラブル全般に効果が期待出来ます。

●水酸化マグネシウム

過剰に生成されている胃酸の分泌量を抑える働きが期待出来ます。

●合成ヒドロタルサイト

胃酸を中和させる効果が期待出来ます。

●沈降炭酸カルシウム

胃酸を中和させる効果が期待出来ます。

●アルジオキサ

胃の粘膜を保護する効果が期待出来ます。

●ピレンゼピン塩酸塩

胃酸の分泌量を抑制する効果が期待出来ます。

●炭酸水素ナトリウム

「重曹」です。胃酸を中和させる効果が期待出来ます。

●陳皮

「ミカンの皮の乾燥」です。胃酸過多や消化不良、嘔吐感や嘔吐に使用される事が多いです。

 

スクラート胃腸薬って、みぞおちの痛みに良いの?

「第2類医薬品」です。

胃の機能低下全般にも使用出来ます。

胃粘膜の荒れや炎症が原因で起こる胃痛に効果が期待出来ます。

 

●アズレンスルホン酸ナトリウム

胃粘膜の異常が原因で起こる胃痛に効果が有り、胃酸過多や胃潰瘍に使用される事が多いです。

●L−グルタミン

胃の粘膜に異常が起きてしまった場合、胃に様々なトラブルが起きてしまうリスクが上がります。

L−グルタミンには、胃の粘膜を正常な状態に戻す効果が期待出来ます。

●炭酸水素ナトリウム

「重曹」です。

胃酸を中和させる働きが有り、胃酸過多等にも有効的です。

●合成ヒドロタルサイト

胃の粘膜を保護し、胃酸を中和させる効果が期待出来ます。

胃の炎症や潰瘍に対して使用される事が多いです。

●ロートエキス

自律神経の乱れが原因で胃が痛む時に使用される事が有ります。

胃酸の分泌量を抑制し、胃の痛みや潰瘍に対して使用される事が有ります。

●ジアスメン

暴飲暴食や加齢により、飲食物の消化能力が低下してしまった時に使用される事が有ります。

●リパーゼ

体内に存在する「脂肪」消化酵素です。

●スクラルファート

胃酸による炎症や潰瘍等から胃粘膜を守る効果が期待出来ます。

 

ガスター10って、みぞおちの痛みに良いの?

「第1類医薬品」ですので、薬剤師の承認が無い限り、購入や使用する事が出来ません。

他の2類医薬品の胃腸薬と比較した場合、強い効果が発揮されます。

 

胃痛だけでは無く、「胃もたれ」や「胃酸過多」等にも効果が期待出来ますが、効果が出過ぎてしまい、胃酸が正常に機能しなくなる可能性が有りますので、素人判断で飲むのは危険過ぎます。

●ファモチジン

「H2ブロッカー」と呼ばれ、腸粘膜に存在する「H2(ヒスタミン受容体)」を抑制し、胃酸の分泌を抑制する事が出来ます。

主に「胃酸」が原因で起こる胃のトラブルにだけ使用されます。

 

ガストールって、みぞおちの痛みに良いの?

「第2類医薬品」です。

胃痛だけでは無く、胃の不調全般に効果が期待出来ます。

●ピレンゼピン塩酸塩

強力に胃酸の分泌量を抑える事が出来、炎症や潰瘍による胃痛を和らげる効果が期待出来ます。

●メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

「制酸薬」と呼ばれ、胃酸の働きを弱める効果が期待出来ます。

●炭酸水素ナトリウム

食品にも使用される「重曹」の事で、胃のむかつきを緩やかにする効果が期待出来ます。

●ビオヂアスターゼ

消化酵素の一種で、「タンパク質」「でんぷん質」の消化を促進する効果が期待出来ます。

 

ブスコパンって、みぞおちの痛みに良いの?

「第2類医薬品」です。

主にストレスが原因で起こる胃腸の痛みを緩和させる効果が期待出来ます。

 

●ブチルスコポラミン臭化物

「抗コリン作用」が期待出来ますので、ストレス・緊張・不安等が原因で自律神経が乱れ、胃腸に痛みが出てしまった時に有効的です。

ストレスが原因の場合が殆どですが、胃腸の痛みだけでは無く、胃酸過多や下痢等に対し、幅広く使用される場合も有ります。

 

ファモチジン錠って、みぞおちの痛みに良いの?

「第1医薬品」ですので、薬剤師による使用の許可が必要です。

●ファモチジン

胃酸の過剰分泌は、「H2(ヒスタミン受容体)」が関係しています。

「ファモチジン」は、「H2ブロッカー」と呼ばれ、胃酸の分泌量を健康的な状態に戻す効果が期待出来ます。

 

ギャクリアって、みぞおちの痛みに良いの?

「第2類医薬品」です。

加齢・暴飲暴食・疲労・ストレス等によって、胃腸の機能が低下してしまった場合に使用される事が多いです。

胃痛だけでは無く、胃の炎症等にも使用されます。

●六君子湯

「ロックンシトウ」と読みます。

胃腸の機能が低下した場合に使用される事が多く、胃腸に留まったままの水分を効率良く排出させる効果が期待出来ます。

やや、体力が低下気味の方に使用される事が多く、「蒼朮」「茯苓」「人参」「半夏」「陳皮」「大棗」「生姜」「甘草」から構成されています。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ