アレルギー性鼻炎のメカニズムをしっかりと把握する為に | 便秘解消情報局

アレルギー性鼻炎のメカニズムをしっかりと把握する為に

<スポンサーリンク>
アレルギー性鼻炎のメカニズムをしっかりと把握する為に

アレルギー性鼻炎のメカニズムをみなさんご存知でしょうか。

免疫機能の過剰な働きによって、このような症状を出るという事を知っている人は多いと思いますが、腸内環境にも深く関わっている事が分かっています。

 

◯ 免疫機能はどこで作られる?

何故なら免疫細胞の6割が腸にいると言われていて、口にした物と一緒に体内に入ってくる病原菌などを守っているからです。

そのため腸では、免疫システムが活発に働いていて、これが過剰に反応してしまう事により、様々な影響が出るのです。

 

アレルギー性鼻炎を発症してしまうメカニズム

アレルギー性鼻炎の場合ですと、その原因は未だにハッキリと分かっていませんが、免疫システムを司る2型ヘルパーT細胞が増える事により、免疫細胞のバランスが崩れる事によって、起こると言われています。

 

通常ですと、2型ヘルパーT細胞が増えると、それを抑えるために1型ヘルパーT細胞が制御するという関係になっていて、アレルギー性鼻炎の方は、2型ヘルパーT細胞が優位になっている状況と言えるのです。

 

このヘルパーT細胞は腸内環境のバランスにも関係していまして、善玉菌が増えるとバランスを保ち、悪玉菌が増えると2型ヘルパーT細胞が優位な状況になると言われています。

このようなメカニズムが考えられているため、アレルギーを持っている人は、腸内環境にも気を配った方が良いのです。

 

アレルギー性鼻炎を根本的に改善していく為に

現在アレルギー性鼻炎で苦しんでいる方がいると思いますが、発症のメカニズムはハッキリしていませんが、腸内環境とのバランスが関係しているため、善玉菌を増やす努力をした方が良いでしょう。

 

また、そのような人の中には、便秘にもなっている人がいると思いますし、なりやすいと言えますので、日頃からのライフスタイルに気を付けないといけません。
その逆も十分に考えられるでしょう。

 

◯ 腸内環境の重要性

ですから、腸内環境が正常化しないと、便秘もアレルギー性鼻炎も治らない可能性が高いと言えるのです。

善玉菌である乳酸菌を摂取し、アレルギー性の鼻炎の症状が軽くなったという報告がありますが、ほとんどの乳酸菌は、腸に届くまで死滅してしまうという欠点があるのです。

 

そういった方が手軽に善玉菌を増やしたいという場合は、高純度オリゴ糖の「カイテキオリゴ」が効果的です。

生きたまま腸に届くと言われている乳酸菌を摂取するよりは、腸内に存在する善玉菌を直接増やす事が目的ですので、腸内環境の役に立つと思いますよ。

 

危険性等が気になる場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ