イソマルトオリゴ糖で便秘が治らない衝撃的な理由と打開策 | 便秘解消情報局

イソマルトオリゴ糖で便秘が治らない衝撃的な理由と打開策

<スポンサーリンク>
イソマルトオリゴ糖で便秘が治らない衝撃的な理由と打開策

イソマルトオリゴ糖は、一般的に市販されている砂糖等の甘味料とは違い、腸内の善玉菌に対して直接栄養を与えて増やす事が可能です。

根本的な意味で便秘を解消する効果が期待出来ますが、効果が有る時と効果が無い時に分かれてしまう場合が有ると言う点に関しては、注意が必要だと思います。

 

腸内の善玉菌は、どんな人でも約30バリエーション以上の種類が存在すると言われ、それぞれ相性の良いオリゴ糖が違います。

「つい最近までイソマルトオリゴ糖で便秘が改善された筈なのに、今回摂取しても変化が無い・・・」

 

と言う現象も起きてしまう場合も有ります。

皆様こんにちは。ご覧頂き感謝します。便秘解消情報局です。

 

確かに、非常に有効的だとは思いますが、

「どのような腸内環境にも適応出来る事」

が理想だと思います。

 

高純度であったとしても、1種類から数種類程度の市販品は避けた方が良いと思います。

 

イソマルトオリゴ糖が便秘解消に注目されている理由

便秘と言うと、乳酸菌やビフィズス菌の人気が高く、関連するサプリメントも沢山販売されています。

薬局やスーパー、コンビニやインターネット通販サイトでも気軽に購入出来ると思います。

 

ですが、乳酸菌やビフィズス菌自体は凄く繊細です。

人間の胃酸で簡単に分解されてしまいますし、細菌類の中でも特に弱く、人間の腸内環境で繁殖する事は出来ません。

 

食物繊維に関連する商品も沢山有りますが、乳酸菌やビフィズス菌と同様に普段の食べ物から摂るべきだと思います。

繊維質が豊富だと言われているレンコン、ゴボウ、ワカメ、ひじき、大豆等を摂取しても、そこまで実感出来る程の整腸作用は無い場合も多いと思います。

 

大切な事は、食物繊維や発酵食品を意識した食事を継続する事です。

それが出来た状態で無いと。いくら良いオリゴ糖でも、そこまでの効果を得る事は出来ません。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、発酵食品です。

胃酸等で分解されてたとしても、腸内の免疫機能を刺激して活性化させたり、便秘解消効果も期待出来ます。

 

食物繊維に関しても同じ事が言えますが、オリゴ糖と比較すると、効果自体は弱いので、毎日継続する事によって、健康的な腸内環境を手に入れる事に適しています。

その点、イソマルトオリゴ糖等のオリゴ糖は、人間の胃腸で消化分解される事は有りません。

 

腸内の善玉菌のエサになるのが特徴です。

乳酸菌やビフィズス菌のように、熱にも弱いと言う事は有りませんので、普段の料理に加えたとしても、殆ど変質する事は有りません。

 

デンプンを原料としていて、血糖値の上昇が緩やかで肥満や虫歯になりにくく、新陳代謝アップによるダイエット効果も期待出来る事も特徴です。

 

ですが、ある程度の食事バランスや水分摂取、睡眠やストレスの緩和等も並行して実践した方が良いと思います。

 

イソマルトオリゴ糖を購入する時の注意点

主に健康食品として販売されている事が多いと思います。

粉末から顆粒、シロップ状も有り、値段も様々だと思いますが、成分表示には気を付けたい所です。

 

成分表示を見た時に、他の甘味料が配合されている場合、腸内の悪玉菌のエサになります。

便秘解消目的で購入するのには向いていないだけでは無く、血糖値も上がり易いですし、ダイエットにも不向きです。

 

また、身体にとって有害だと言われている食品添加物が配合されている場合も有りますので、無添加の物を選んだ方が良いと思います。

特に、イソマルトオリゴ糖等のオリゴ糖を摂取する場合、毎日のように高い頻度で使用すると思います。

 

身体への害が小さいと言われても、気になるのが正直な所だと思います。

特にシロップ系は注意が必要です。

 

多過ぎる甘味料は、便秘に対して逆効果になる事が多いだけでは無く、肥満や虫歯、高血圧や糖尿病の原因になってしまう可能性も高いです。

それに、オリゴ糖本来の効能等を引き出す事は、出来ないと思います。

 

その時の体調にも左右されてしまいますが、一度に多量摂取してしまった場合、一過性の下痢を起こしてしまったり、おなかがゴロゴロしてしまう場合も有ります。

ですが、大腸内でイソマルトオリゴ糖等のオリゴ糖が正常な働きをしていたり、一時的に異常発酵しているだけですので、健康上は問題は有りません。

 

イソマルトオリゴ糖以外にも人気の種類

●ガラクトオリゴ糖

母乳やヨーグルト、野菜や果物にも含まれている事が有り、単糖類のガラクトースから構成されています。

難消化性に属し、大腸に届くのが魅力です、乳糖が原料です。

 

●ラフィノース

甜菜糖・砂糖大根・ビートは、全て同じ植物の根を意味します。

この根から抽出されて製品化される事が多いオリゴ糖の1種です。

 

大豆等の植物に含まれている事が多いです。

食中毒が流行し、話題になった時に、大腸菌やウェルッシュ菌の増殖を抑える効果が有ると言う実験結果が出た事でも話題になりました。

 

●フラクトオリゴ糖

フラクトースとも呼ばれます。

はちみつや野菜、果物を原料にして抽出される事が多く、ラフィノースと同じように、甜菜糖から抽出されるのが大半です。

 

砂糖を原料としている事が多いです。

 

●キシロオリゴ糖

キシランと呼ばれる食物繊維を酵素分解する事によって生成される事が有り、他の種類とは少し甘みが異なる事が特徴の一つです。

 

●ミルクオリゴ糖

ラクチュロースとも呼ばれています。

母乳等に含まれている乳糖を原料としている事が多いです。

 

他の種類よりも熱や酸に強く、高い整腸作用が期待出来ます。

歴史も古く、1929年に赤ちゃんの便の善玉菌量を検査した時、ビフィズス菌の増加が顕著だった事から、本格的な腸内環境への働きかけの研究が始まったとされています。

 

イソマルトオリゴ糖だけでは便秘解消効果が期待出来ない場合も

腸内の善玉菌は、約30バリエーション存在し、その時の便秘によって不足してしまっている種類は違います。

確かに、イソマルトオリゴ糖で便秘が解消される時も有りますが、次に効かない場合や他の人では駄目な場合も有り、当然、その逆も有ります。

 

便秘解消情報局では、医師や研究所でも推奨している「カイテキオリゴ」が最も優秀なオリゴ糖関連商品だと思います。

どのような腸内環境にも適応出来る特許「EOS理論」を唯一使用する事が認めれていて、イソマルトオリゴ糖だけは無く、ラフィノース、ミルクオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、アカシア食物繊維、難消化性デキストリン、環状オリゴ糖等が含まれている事も魅力です。

 

基本的に5グラム〜10グラム程度を使用すると思いますが、カロリーも10〜20キロカロリー前後で済みますので、ダイエット中や糖質制限中、糖尿病や牛乳アレルギーの方でも安心して使用する事が出来ます。

赤ちゃんや妊婦さん、子供でも安心して使用出来るような原料しか使われていませんので、イソマルトオリゴ糖のメリットを最大限に生かしつつ、根本的な意味で便秘を改善して行きたい方に最適だと思います。

 

もし宜しければ、「オリゴ糖が危険だと不安な時に知るべき事と怖い甘味料」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ