オリゴ糖がオナラの悩みに効果的な理由と悪循環 | 便秘解消情報局

オリゴ糖がオナラの悩みに効果的な理由と悪循環

<スポンサーリンク>
オリゴ糖はオナラで悩む人に効果的な理由 腸内で何が起こっているのか

オリゴ糖は、「オナラ」の原因となる「悪玉菌の増加」を根本的な意味で改善する事が出来ますので、「お腹の張り」「止まらない」「オナラの臭いが気になる」等の悩みに対して効果的です。

「悪玉菌の増加」は「善玉菌」を増やす事が一番健康的で、薬等を使用したとしても根本的な意味で改善する事は出来ませんし、状況が悪化する可能性の方が高いです。

 

「善玉菌を増やす」事を考えた場合、「オリゴ糖」と「食物繊維」を摂取する事が効率的で、乳酸菌等のように「他の菌」を摂取したとしても、人間には「自己防衛機能」「免疫機能」が備わっていますので、現実的だとは言えませんし、「オナラの悩みを解決する」事や「慢性的な便秘」を考えた場合、「食物繊維」よりも「オリゴ糖」の方が効率的です。

 

「オナラの悩み」を解決出来ないオリゴ糖が多い理由

「オリゴ糖」には種類が沢山有り、殆どの商品は「純度面」「配合する種類」等の最低限の規準を満たしていませんので、「オリゴ糖は効かない」と言う認識が一般化されつつあり、より安価で製造出来、分かりやすい「乳酸菌」や「食物繊維」が一般化されているのが現状です。

本来であれば、品質の良いオリゴ糖を摂取出来ていたのであれば、早くて数時間~1日程度経過すると、腸内の変化を実感出来る筈です。

 

実は、「純度面」や「配合する種類」等の最低限の規準を満たしているオリゴ糖は極めて少なく、更に30種類以上存在する腸内細菌パターンに対応しているオリゴ糖は「カイテキオリゴ」しか存在しません。

理由は簡単で、「製品化が難しく」「コストがかかる」からで、殆どの商品が純度の低い「シロップ」である事も理解出来ます。

 

更に、種類に関しては、数種類程度しかオリゴ糖が配合されておらず、平均して30種類以上だと言われている腸内細菌バランスに対応出来るとは考えにくいのが現状でしたが、「EOS理論」により、腸内細菌の謎がより分かりやすくなりました。

問題は、「EOS理論」に基いて開発されたのは、「カイテキオリゴ」だけであると言う事実だけです。

 

オリゴ糖が及ぼす「オナラ」の変化

「カイテキオリゴ」を摂取した場合、最初の内は余計に「オナラ」が出たり、お腹に「オナラ」が溜まって張っているような感じがするかも知れませんが、それは、腸内の「善玉菌」がしっかりと増えて来ている証拠でもあります。

腸内環境を整える為に、善玉菌が一生懸命に「オナラ」の原因となる悪玉菌を減らしてくれている途中ですので、長くても1週間位継続する事で腸内環境の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えてくれる筈です。

 

ただ、健康的であったとしても、「オナラ」は1日平均で10日前後出るのは当たり前ですので、完全に出なくなる事は在り得ませんが、「臭い」は全く違う物になっている筈です。

「臭い」が変わる理由は簡単で、「善玉菌」が生み出すガスは、基本的に「臭い」は無いからです。

 

オリゴ糖は「オナラ」で悩む人に効果的?放置すると危険

特に便秘が気になる訳でも無いのにも関わらず、どうしても「オナラ」がお腹に貯まりやすい体質の方が居られると思います。

会社や知人、友人や恋人の前で嫌な顔をされたく無いので、「オナラ」を我慢する方が多いと思いますが、「メタンガス」「二酸化硫黄」「アンモニア」等の有毒なガスが腸管から身体に吸収されてしまいます。

 

「オナラ」に含まれている「悪臭性有毒ガス」が身体に吸収されてしまった場合、「ニキビ」「倦怠感」「健康不良」「肌荒れ」「体調不良」「原因不明のイライラ」等を引き起こしてしまう危険性も有りますし、当然、「体臭」や「口臭」の原因ともなります。

やや乱暴な表現をしてしまうと、オナラが出やすい体質を改善しない限り、身体全身が臭くなってしまう可能性が有り、自分では感じにくい所が難しいです。

 

「ペット」を飼っておられる方が「ペット」の臭いに対して「耐性」が出来てしまっている事や知人の家にお邪魔する時に「各家独特の臭い」が有る事と同じで、自分では「口臭」や「体臭」が気付きにくい物です。

ですが、「オナラ」が出やすい体質は、高純度オリゴ糖を摂取し、生活習慣の改善を実施する事で、想像以上に簡単に解決出来る場合が多いです。

 

「オナラ」が出やすい体質を放置すると発症する可能性が高い病気

「オナラ」が出やすい体質は、高純度のオリゴ糖を摂る事で簡単に改善出来ると話しましたが、体質を放置したままにしてしまった場合、どのよう病気を発症する可能性が高いかについて触れてみたいと思います。

 

◯糖尿病・高脂血症・肝炎・肝硬変・肝臓がん

「肝臓」は「オナラ」と直接関係が無さそうに感じてしまうかも知れませんが、「肝機能」が低下してしまう事によって「便秘」は悪化してしまう可能性が有りますし、「オナラ」を我慢する事によって「体液を濾過(ろか)する」働きの有る「肝臓」の機能が著しく低下してしまう可能性が有ります。

「便秘」だけで「肝機能障害」が起こる可能性自体は低いですが、体調不良等が重なる事によって「肝臓」の機能自体が弱り、「肝機能障害」が起き、放置してしまった場合、肝炎や肝硬変、肝臓がん等を発症する確率が上がってしまいます。

 

何故オナラを我慢する事によって肝機能障害を発症するかと言うと、我慢したオナラ(悪臭性有毒ガス)が腸管から血液へと溶けこみます。

それが日常化する事によって、体内の毒素をろ過する働きの有る肝臓に大きな負担をかける事になるからです。

 

 ◯アレルギー症状・アトピー性皮膚炎・気管支喘息・花粉症

口や鼻から体内に侵入した物質を身体に悪い物質かどうかを判断して攻撃する免疫細胞は腸内で生成されます。

その腸内が「オナラ」の溜まりやすい環境(悪玉菌が多い)になってしまうと、その腸内の悪玉菌を攻撃する為に免疫細胞が働き、免疫細胞が増殖し過ぎてしまいます。

 

この免疫細胞だらけの腸内環境になってしまうと、良い物質でさえも悪いと判断されていまい、過剰に防衛してしまい、アレルギーやアトピーになる原因でもあります。

アレルギーやアトピーで悩む人の約40%は腸内環境が悪く、善玉菌や食物繊維が不足気味でオリゴ糖の摂取していない傾向が高いと言う研究データも有ります。

 

オリゴ糖の副作用等が気になる場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

◯過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、ガス型や下痢型、分泌型や混合型等、症状は多岐に渡りますが、「オナラ」が原因になっていて、我慢する事が原因で発症してしまっている場合が多いです。

「オナラが臭い」「我慢しなきゃ」等と心理的なストレスを大きく抱え込む事で発症する事が多く、人間の本能であるホメオスタシス(恒常性維持機能)を乱してしまう事によって引き起こされている事が多いです。

「カイテキオリゴ」は、ある意味「腸内環境最適化」の「最高の一手」とも言え、「善玉菌を増やす」事を理屈的に考えた場合、最も効果的だと信じていますし、今後、次から次へと自分の腸内環境に合う商品を探す必要も無くなります。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ