オリゴ糖が危険だと不安な時に知るべき事と怖い甘味料 | 便秘解消情報局

オリゴ糖が危険だと不安な時に知るべき事と怖い甘味料

<スポンサーリンク>
オリゴ糖が危険だと不安な時に知るべき事と怖い甘味料

オリゴ糖は、妊婦さんや大切な赤ちゃんにも使用出来る位ですので、危険性は有りませんが、大量に使用すると一過性の下痢が起きてしまう場合も有りますが、腸内の善玉菌が一時期に増え過ぎてしまった事が原因です。

もちろん、医薬品では有りませんので、副作用も有りません。

 

皆様こんにちは。ご覧頂き感謝します。便秘解消情報局です。

乳酸菌やビフィズス菌に関連する食品とは違い、大腸に届き、腸内の善玉菌を直接増やす事が出来ますので、腸内で行われる消化吸収や栄養素の合成、代謝や解毒、造血作用や免疫機能等を向上させる事も可能です。

 

アトピーや花粉症等のアレルギー症状、蕁麻疹を和らげたり、健康増進や美肌効果も期待出来ます。

 

オリゴ糖に危険性は有る?

もちろん、母乳や牛乳、大豆にも含まれている位ですので、妊娠中でも、まだまだ子供が小さい方でも安心して使用する事が出来ます。

「乳糖不耐症」で悩まれている方は、乳糖やミルクオリゴ糖等に抵抗が有ると思いますが、最近の研究でタンパク質が関係している事が明らかになっていますので、高純度で有れば問題は有りません。

 

「乳糖」は、ブドウ糖とガラクトースが結び付いた状態の物ですので、精製技術が有り、純度が高ければ問題は有りません。

ですが、あまりにも不安な場合は、製造元に質問してみるのが1番確実です。

 

便秘解消情報局が推奨している「カイテキオリゴ」は、「乳糖不耐症」が悩みだと言う方でも安心して使用する事が出来ます。

 

主要オリゴ糖の危険性に関して

比較的知名度が高いオリゴ糖は、「アガロオリゴ糖」「ガラクトオリゴ糖」「フラクトオリゴ糖」「イソマルトオリゴ糖」「ラフィノース」等だと思います。

人間では消化分解出来ませんので、大半のオリゴ糖は、小腸を通過して大腸に届きます。

 

腸内の乳酸菌やビフィズス菌のエサとなり、直接増やす事が出来、腸内フローラを理想的な状態にする事も可能です。

また、便秘解消効果の他には、タンパク質の消化吸収を促進したり、カルシウムやマグネシウム等のミネラルを効率良く吸収出来るように促したり、悪玉コレステロールを下げる効能も期待出来ます。

 

アガロオリゴ糖の危険性

寒天等に含まれている事が多いオリゴ糖で、便秘解消効果以外にも細胞の異常化するのを防ぐ効果、抗酸化作用等が期待出来る成分で、少し他の種類とは違う効能等が期待出来ます。

もちろん、危険性は報告されていません。

 

ガラクトオリゴ糖の危険性

認可当時は「厚生労働省」で、現在は「消費者庁」が扱っていますが、「規格基準型特定保健用食品」として、その高い便秘解消効果を認められている位ですので、危険性の心配も有りません。

難消化性で、大腸に届ける事が出来ます。

 

フラクトオリゴ糖の危険性

バナナや玉ねぎ、はちみつやアスパラ、ゴボウ由来のオリゴ糖ですので、普段の身近な食べ物に含まれている位安全で危険性も有りません。

 

イソマルトオリゴ糖の危険性

はちみつや大豆由来の味噌や醤油等の含まれている事が多いオリゴ糖ですので、危険性は有りません。

高純度に抽出されている物であれば、大豆アレルギーの方でも安心して使用する事が出来ます。

 

ラフィノースの危険性

北海道の大地で栽培される砂糖大根と呼ばれるほうれん草の仲間から精製されるオリゴ糖で、「甜菜(てんさい)オリゴ糖」と記載されている場合も有ります。

他には、大豆やユーカリの樹液にも含まれていて、他の種類とは違い、吸湿性が無く、保存し易いと言うメリットが有ります。

 

危険性が高いと言う意見も有る糖類について

オリゴ糖には危険性が無く、デメリットも少なくてメリットが多い甘味料の一つです。

ただ、他の甘味料を摂取する場合は注意が必要な場合が有りますので、この機会に確認してみて下さい。

 

主に清涼飲料水やお菓子、ガムに使用されている事が多く、成分表示等で一度は見た事が有り、ご存知の方も多いのかも知れませんが、「フルクトース」「アスパルテーム」「キシリトール」は、オリゴ糖とは違い、人体への危険性が心配されている食品添加物です。

 

フルクトースの危険性

「フルクトース」は、白砂糖やブドウ糖等と比較した場合、血糖値の上昇がやや緩やかだと言われた事で有名になりました。

「果糖」と記載されている事も有りますが、成人病等を発症してしまうリスクを高めてしまう危険性が有ると言われていますので、摂取量は控えた方が良いと言われている甘味料の一つです。

 

もし、ゆっくりと血糖値を上げたいのであれば、オリゴ糖が最適ですが、より甘みが欲しい場合は、黒糖等も有効だと思います。

 

アスパルテームの危険性

普段からダイエット系の甘味料を使用していたり、ダイエット系の飲料を飲む機会が多い方は、「アスパルテーム」を沢山摂取しています。

「パルスイート」として販売されていますので、1番有名なダイエットシュガーかも知れませんが、摂取する事によって新陳代謝を低下させてしまうインスリンやレプチンと呼ばれるホルモンを爆発的に増やしてしまう事で有名です。

 

特にメタボリックシンドロームや高血圧、糖尿病で悩まれている方、病院から低インスリンを意識するように診断された方、「低GI(グリセミック・インデックス)」を意識されている方は、アスパルテームよりも、危険性の低いオリゴ糖を摂取した方が良いと思います。

ちなみに、「GI」は、食後血糖値の上昇度を示す指標を意味しています。

 

キシリトールの危険性

虫歯予防も出来るように受け取れる市販のガムの原料に使われている事で有名な甘味料の一つですが、オリゴ糖と同じように、人間では吸収されにくい成分ですので、体質によっては、お腹が緩くなったり、一過性の下痢を引き起こしてしまう場合が有ります。

オリゴ糖は、腸内の善玉菌に直接栄養を与えて排便を促す事が出来ますが、キシリトールの場合は、高い浸透圧によって便が柔らかくなる場合が有ると言う点が大きく異なります。

 

現時点では、新しく調査報告されている危険性等は有りませんが、身体への負担等を考えた場合、下痢を起こす位食べる物では無いとは思います。

 

オリゴ糖の選び方

高純度である事は、オリゴ糖のメリットを上手く引き出す事を考えた場合、必要不可欠な要素です。

また、先程説明させて頂いた種類も素晴らしい効果が期待出来ますが、単一から数種類程度しか配合されていない市販品は、あまり効果が期待出来ません。

 

有名なトクホ系の市販品を含め、大半が単一から数種類配合しただけですので、多種多様な腸内環境に対応出来ません。

その時に不足している善玉菌が必要としている種類が違う事が関係していますが、オリゴ糖の社会的信頼度がそこまで高く無い原因の一つでもあると思います。

 

1番大切な事は、どのような人でも危険性の心配も無く、安心して使用出来、安定した効果が期待出来る事だと思います。

その事を考えた場合、どのような腸内環境にも適応出来る特許「EOS理論」に基いて開発された「カイテキオリゴ」が良く、便秘解消情報局でも推奨しています。

 

日本人の腸内環境を考え、腸内の善玉菌をまんべんなく増やす事が出来るのが特徴です。

 

カイテキオリゴに危険性は有る?

北海道と言う自然豊かな大地で原材料の栽培から精製まで一貫して製造され、市販されているオリゴ糖では、日本一の売上を長く継続しています。

農薬等を使用せずに砂糖大根と言う名前の植物から抽出した「甜菜糖」等の原料を中心に配合していますので、放射能や残留農薬等の危険性等も有りません。

 

もちろん、放射能に関しても定期的に第三者機関から調査を受けていますので、最新のレポートを確認する事も出来ます。

「EOS理論」と呼ばれる、黄金率とも言える高純度オリゴ糖のブレンドに関する特許を申請し取得していますので、どのような腸内環境でも効果が実感出来るように開発されているのが特徴です。

 

通販限定ですが、医師や研究所でも推奨していますし、購入後のサポートも充実していますので、安心して使用する事が出来る所は大きいと思います。

上品な甘みが有りますので、毎朝のコーヒー等に甘みが欲しい方でも砂糖代わりに使用出来ますし、酷い便秘体質で下剤ばかり服薬してしまった方でも、健康的な腸内環境に戻す事が可能です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ