オリゴ糖ってどれがいいの?これだけはクリアしたいポイント等 | 便秘解消情報局

オリゴ糖ってどれがいいの?これだけはクリアしたいポイント等

<スポンサーリンク>
オリゴ糖ってどれがいいの?これだけはクリアしたいポイント等

オリゴ糖を使用した商品や「ラフィノース配合」「ビートオリゴ糖配合」「てんさいオリゴ糖」等、「結構沢山種類があるけれども、一体どれがいいの?」と迷ってしまいますよね。

今回は、自分の目的に合ったオリゴ糖の選び方について触れて行きたいと思います。

 

◯ オリゴ糖の種類と選ぶ時の注意点

オリゴ糖と呼ばれる商品と「ラフィノース」「ビートオリゴ糖」「てんさいオリゴ糖」と記載されている商品が有りますので、「オリゴ糖と違うの?どれがいいの?」となりますよね。

 

まず、「ビートオリゴ糖」と「てんさいオリゴ糖」「サトウダイコン」は、同じ意味だと理解して頂いて大丈夫です。

「甜菜(てんさい)又はサトウダイコン」はビートの事ですからね。

 

サトウダイコンはスーパーに簡単に購入出来る大根とは違いますが、「サトウダイコン配合」と大きく記載してもまだまだ知名度が低く、普通の大根と混同されてしまう可能性も有りますし、基本的に売れないからだと思います。

 

また、「ラフィノース」はサトウダイコンから抽出された天然のオリゴ糖の事です。

「で?どれがいいの?」と余計に迷いそうになりますが、全て「オリゴ糖」の名称をひねっただけでオリゴ糖に違いないと言う事ですね。

 

◯ オリゴ糖はどれがいいの?「天然」と「合成」の違いに注意!

ここで注意したい所がオリゴ糖には、「天然」と「合成」が有ります。

よく「天然のオリゴ糖を使用」と記載されている時が有りますが、「合成オリゴ糖」と違う事を知って頂きたいからですね。

 

通常の天然のオリゴ糖は「ラフィノース」を使用している事が特長で、合成のオリゴ糖は「フラクトオリゴ糖」を使用した科学的に合成された成分を使用しています。

ラフィノースとフラクトオリゴ糖は便秘解消等の事を考えると全く違う物なので、気を付けたい所ですね。

 

フラクトオリゴ糖は特に便秘解消は期待出来ず、腹部膨満感やオナラ、一過性の下痢等を引き起こしてしまう可能性が有り、無理矢理不健康にダイエットをしたい方以外は危険ですし、科学的な物なので、赤ちゃんやお子様、体力的に不安が有る高齢者の方には飲んで欲しくないですね。

 

◯ オリゴ糖はどれがいいの? 市販品の注意点とまとめ

● 「サトウダイコン」「ラフィノース」「ビートオリゴ糖」「ビート配合」と記載されていますが、オリゴ糖の事です。合成オリゴ糖やフラクトオリゴ糖には注意!!

 

● 現在、本当に沢山のオリゴ糖が販売されていますが、オリゴ糖の種類があまり配合されていない場合が多く、腸内環境によっては効く人と効かない人に別れてしまいます。

 

なので、出来るだけ沢山の種類のオリゴ糖を配合している商品の方が間違いは少ないです。

オリゴ糖の商品の中でも出来るだけ沢山の種類のオリゴ糖を使用している物を選びたいですね。

 

ちなみにオリゴ糖の種類が一番多いのは「カイテキオリゴ」と呼ばれる商品で、30種類以上も配合されています。

 

● シロップ状の物や液状の物は粗悪な商品が多く、成分表示を必ず確認しないと、オリゴ糖の量がそんなに多くない場合が多いです。

 

特に「ショ糖」と記載されているオリゴ糖商品は危険で、健康の為にと毎日摂ってしまうと、痛風や便秘等を引き起こしてしまう可能性が高くなりますので、購入しない方が無難です。(ショ糖は原価が一番安いからですね)

 

比較的白くてキレイなオリゴ糖を選びたい所ですね。

高純度のオリゴ糖を生成するにはそれなりの設備が必要なので、どうしても価格的に高くなってしまいます。

 

あまりに安すぎるのは効きませんし逆効果になる可能性も有るので注意が必要ですね。

 
● オリゴ糖ってどれがいいのか迷った時

「高純度」である事と、オリゴ糖の含有率が高い事。

顆粒である事と砂糖が添加されていない事ですね。

 

純度が大切な理由については、「高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

オリゴ糖は甘くないので、赤ちゃんや糖尿病で悩む方、ダイエットしたい方や虫歯が怖い方でも安心して飲めるのが特長ですが、シロップみたいに甘い物は砂糖等が添加されているので危険ですね。

比較的短期間でしっかりとした効果を実感し、継続して腸内環境を良くしたい場合、カイテキオリゴが一番効果的だと思います。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ