オリゴ糖と腸内細菌の関係 何故、健康や美容に良いのか | 便秘解消情報局

オリゴ糖と腸内細菌の関係 何故、健康や美容に良いのか

<スポンサーリンク>
オリゴ糖と腸内細菌の関係 何故、健康や美容に良いのか

腸内細菌は便通を整えるだけでは無く、免疫機能の働きをコントロールし、各種消化器官を守ったり、人間が生成出来ない栄養素を生成してくれたりします。

 

人間が分解・吸収出来ないオリゴ糖を提供する変わりに、人間が生成出来ないアミノ酸・ビタミン等を提供してくれるなんて何だか面白いですね。

 

オリゴ糖と言えば便秘解消だけにスポットが当たりがちですが、オリゴ糖を摂る事で、生活習慣病の予防や美容効果、アンチエイジング効果や免疫機能向上等の魅力的な効果も期待出来ます。

 

今記事では、オリゴ糖と腸内細菌の関係について、便秘解消効果以外の素敵な効果について触れていきたいと思います。

 

オリゴ糖と腸内細菌の関係!「便秘解消効果だけでは無く、こんなにも頑張り屋さん」

腸内細菌はオリゴ糖を摂る事で爆発的に増えてくれますが、便秘解消以外にも、オリゴ糖を栄養として増殖した腸内細菌は、「短鎖脂肪酸」「栄養素」等を生成してくれます。

 

私達の健康に必須なのですが、自分では生成出来ないので、オリゴ糖を積極的に摂り、腸内細菌を習慣をつけたいですね。

 

「短鎖脂肪酸」

脂肪酸は炭素が鎖のように連なって構成されていて、多いものでは数十個以上の炭素が連なっています。

 

短鎖脂肪酸はその鎖が6個以下の物を呼びます。

弱酸性なので、悪玉菌が住みにくい環境にする働きもあり、腸の動きを活発にする働きも有ります。

 

アレルギーや花粉症、アトピーの原因となる過剰な自己免疫機能の生成を抑制する働きも有ります。

 

主に、食物繊維やオリゴ糖を腸内細菌が取り込んだ時に生成され、皮膚の生成に必要な「上皮細胞」、胃や腸等の消化器を守る役割も有る粘液を生成したり、水やミネラル等を効率良く吸収する為に必要不可欠です。

 

また、肝臓・筋肉・腎臓の機能を向上させる働きも有り、生活習慣病の予防等にも効果的ですね。

 

「ビタミン」

オリゴ糖を摂り腸内細菌が増える事で、「ビタミンB3」「ビタミンB6」「ビタミンB7」「ビタミンB12」「ビタミンC」「ビタミンK」等が効率良く生成されます。

 

どれも健康や美容に必須のビタミンなので、一度位は聞いた事が有るかも知れませんね。

オリゴ糖では無理ですが、食物繊維を摂れば「ビタミンB2」も生成出きてしまいます。

 

赤血球や抗体、血液凝固作用や骨の生成、皮膚や爪等の生成に必要ですし、食事等による脂質や糖質、タンパク質を効率良く吸収したりする事に必要な栄養素です。

 

理想的な腸内環境の人は、肌も透明感が有り、体調を崩しにくく、いつもイキイキとして見えるのには、ちゃんとした理由がある訳ですね。

 

オリゴ糖ばかり褒めちぎる感じの文章にもなりましたが、腸内細菌の事を考えるとビフィズス菌や食物繊維も必須ですね。

こんなにも頑張り屋さんな腸内細菌に、日頃の感謝の気持ちを伝える為にも、オリゴ糖を与えてあげましょう♪

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ