オリゴ糖と蕁麻疹の関係とは?免疫機能と便秘について | 便秘解消情報局

オリゴ糖と蕁麻疹の関係とは?免疫機能と便秘について

<スポンサーリンク>
オリゴ糖と蕁麻疹の関係とは?免疫機能と便秘について

蕁麻疹には大きく分けて「アレルギー性」と「非アレルギー性」の物に分ける事が出来ます。

「アレルギー」と言う文字からも想像出来ますように、蕁麻疹の多くは免疫機能の異常によって引き起こされてしまいます。

 

既にご存知の事かも知れませんが、免疫機能は主に腸で生成されますので、便秘や下痢、悪臭を伴うガスが貯まりやすい等が続くように、腸内環境が劣悪な状況に陥ってしまうと、免疫機能に異常が出ます。

 

オリゴ糖には、腸内環境を正常化させる働きが有りますので、蕁麻疹の改善や蕁麻疹が起こりにくい体質にする事も可能だと言う事ですね。

 

オリゴ糖と蕁麻疹の深い関係とは?

ずっと治らない、つらい便秘を解消する方法は沢山有りますね。

食事であったり、薬であったり、サプリメントや運動など方法はいろいろですが、たかが便秘と放っておくと危険なものです。

 

便秘がひどすぎて全身に蕁麻疹ができたという人もいます。

蕁麻疹の原因に便秘が大きく関係していると言う事実にも驚かれた方も多いと思います。

 

腸内環境が悪く、便秘だと肌質の悪化にもつながっていき、便秘で腹痛を起こしてしまうこともありますからね。

 

下剤などを活用しても、一時的なものでなかなかすっきりしないと言う人が多いです。

やはり便秘を解消するのなら、腸内の環境から整えることが大切です。

 

それには整腸剤という方法というもありますができれば食品などで改善していきたいものです。

食事は、食物繊維の多い海藻類や豆類を多く摂ることを心がけます。

 

バナナや根菜類などもオススメです。

また、一日2L位が目安ですが、適度な水分も必要です。

 

そして、それでも改善できないようであれば、健康補助食品を頼ってみるのも効果的ですね。

薬を使っての改善は最終手段で、できるだけ自然にすっきりしたいものです。

 

自然にすっきりするためには、腸内環境を整えることですが、腸内の善玉菌が増えれば改善に向かいます。

善玉菌の代表はビフィズス菌ですね。

 

ビフィズス菌の栄養源になるものは、オリゴ糖です。

オリゴ糖は、健康補助食品で製品としてもさまざま販売されています。

 

もし、健康被害等が気になる場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

オリゴ糖は、善玉菌のえさになりお腹の調子を整えるのです。

また、オリゴ糖はヨーグルトと一緒に摂るとさらに良い働きをするのでオススメです。

 

オリゴ糖が含有されている健康補助食品の製品はたくさんありますが、人気の製品はカイテキオリゴというものです。

オリゴ糖製品の中で一番選ばれているもので、使用した人のほとんどが満足しています。

 

食事や飲み物にさっと入れて摂ることができるので気軽にオリゴ糖を摂取することが可能です。

 

自分が飲みたいタイミングで飲めるのはいいですね。

つらい便秘で蕁麻疹が出るまで我慢するよりも、自然にすっきりする方法を探してみましょう。

 

腸内環境が整えば、薬に頼ることもなくすっきりした毎日を送ることができるはずです。

自分の生活スタイルにあったもので体を改善していきましょう。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ