オリゴ糖には害は無い?毎日飲む人が知るべき副作用 | 便秘解消情報局

オリゴ糖には害は無い?毎日飲む人が知るべき副作用

<スポンサーリンク>
オリゴ糖には害は無い?毎日飲む人が知るべき副作用

便秘体質の改善や美容、健康増進やアレルギー体質改善の為等に、オリゴ糖を飲まれている方は、「オリゴ糖を毎日飲んでるけど、副作用とか大丈夫か?」「何かしらの害は無い?」「何かが蓄積しない?」「本当に腎臓や肝臓に負担をかけない?」等と言う漠然とした不安を一度位は思った事が有るかも知れません。

オリゴ糖の「害」や「副作用」に関する質問や疑問で多いのは、砂糖等と混同してしまい「肥満」や「むし歯」等になってしまう心配が多く、過去にオリゴ糖とは名前ばかりの粗悪な商品を購入してしまっている方からの「ある種の不信感」や「成分としての疑問」等も実際に多いです。

 

オリゴ糖の「害」や「副作用」は、本当に無いのか?

「オリゴ糖は、世の中に悩んでいる人が多く、4人に1人とも言える便秘の解消も期待出来、腸内環境を整えてくれると言いますが、本当に身体に害を及ぼしたり、副作用等の心配は無いのでしょうか?

また、摂取する事によって、便秘が良くなり過ぎてしまい、逆に腸を刺激してしまう等の害や副作用が有るのでは?」と言う内容の質問も有ります。

 

結論から言えば、オリゴ糖に「害」や「副作用」は、ありません。

そもそも、大人よりも何倍も身体が敏感とも言える赤ちゃんが飲む「母乳」に含まれている成分ですので、本当に「害」や「副作用」が有るのでしたら、「母乳」に含まれている筈が有りません。

 

もし、「害」や「副作用」が有るとしたら、オリゴ糖の「飲み始め」や「飲み過ぎ」等が原因で起こる善玉菌の爆発的な増加による「腸内異常発酵」や「一過性の下痢」で、用法や容量を守っているのでしたら、善玉菌が確実に増えている証拠です。

 

オリゴ糖の働きについて

オリゴ糖は、腸内に存在する善玉菌の栄養になり、増やす働きが有りますので、摂取する事によって健康的で自然に便秘を改善します。

一般的に病院で処方して頂いたり、薬局等で購入出来る便秘薬とは異なり、下剤のように腸に刺激を与える事は、在り得ません。

 

オリゴ糖は、顆粒や液状、錠剤の物も有りますが、一番使い易い顆粒状であれば、砂糖と同じような感じで使う事が出来ますので、薬と一緒に摂っても大丈夫です。

カロリーも砂糖の約半分程度しか無く、それこそ砂糖代わりに使う方も居られますが、腸内環境が整いすぎてお腹が緩くなる等と言った「考え方によっては副作用的な事」も起きてしまう可能性も有ります。

 

繰り返してしまいますが、これは腸内の善玉菌が増えた事が原因ですので、摂取自体を中断してしまうか、摂取量を一時的にでも控えれば、確実に落ち着きます。

ストレスや水分の摂り過ぎ、牛乳の摂取等でお腹が緩くなり易い方は、最初に摂取する量を少量から始めるのが確実です。

 

また、赤ちゃんやまだまだ小さなお子様にオリゴ糖を与える場合に関しても、少しずつから初めてみて、様子を見ながらお腹の調子に合わせて調節をした方が良いと思います。

私が理想的なオリゴ糖として選ぶ「カイテキオリゴ」には、下の画像のようにスプーンが付属しますので、成人でも赤ちゃんでも、量の調節は簡単です。

 

カイテキオリゴの画像

 

カイテキオリゴでしたら、オリゴ糖が高純度で配合されていますので、原材料の100%が自然の食品由来の物なので害は在り得ませんし、医薬品ではなく健康食品になります。

もちろん、「カイテキオリゴ」に関しても「高純度オリゴ糖」を使用していますので、安心して摂れるものしか使用しておらず、赤ちゃんにも妊婦さんにも使用出来ますし、副作用と言うものが存在しません。

 

「母乳」に含まれている成分ですが、「母乳」は含まれていませんので、「牛乳アレルギー」を起こすということも在り得ません。

オリゴ糖は砂糖の仲間として考えて頂くと良いと思います。

 

砂糖の仲間ですが、血糖値を上げる事も無く、血糖値が高くて健康を気にしている方にも安心して使用出来、砂糖の摂取を気にされている方にも注目されている成分の一つです。

もし、同じ量の砂糖を摂取してしまった場合、肥満の原因になったり、血糖値が上がったりする等の健康的な意味での「害」が考えられます。

 

カイテキオリゴ 画像

 

「カイテキオリゴ」は、砂糖のように使えて「害」や「副作用」が無い成分ですので、便秘体質の根本的な解消や腸内環境を正常な状態に整える為に理想的な食品です。

「母乳」に含まれている位、身体にとって良い成分ですので、特に便秘しがちの方は、毎日の食生活に取り入れた方が良く、腸内に存在する善玉菌を活性化させ、自分の力で自然に排便出来る「理想的な快便体質」を手に入れる事が可能です。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ