オリゴ糖にデメリットは有るのか?メリットばっかりは飽きました | 便秘解消情報局

オリゴ糖にデメリットは有るのか?メリットばっかりは飽きました

<スポンサーリンク>
オリゴ糖にデメリットは有るのか?メリットばっかりは飽きました

オリゴ糖は赤ちゃんやまだまだ小さなお子様、妊娠中や授乳中、ダイエット中や糖尿病の疑いが有ると診断された人でも、安心して飲む事が出来ます。

 

更に、ビーツや砂糖大根から抽出して精製した天然の成分なので、現在何かしらの薬を飲まれている方でも安心して飲む事が出来る等のメリットが沢山有りますが、オリゴ糖のデメリットについて考える場合について触れて行きたいと思います。

 

● 腸内の善玉菌を増やす事だけが目的なので、腸の機能自体を向上させる事は難しい

 

便秘等で悩まれている場合、オリゴ糖を摂る事で便秘を解消してお腹周りをすっきりさせたり、苦しかった朝のお通じを快適にする事が可能です。

 

ですが、慢性的に下剤を飲んでいた場合や、病気等で腸の機能自体が大きく低下してしまっている場合は、オリゴ糖には腸の機能を向上させたり回復する効果は期待出来ない所がデメリットかも知れませんね。

 

腸の修復や機能向上に最適な「ビタミンA」「ビタミンC」「タンパク質」等も必要です。

 

● オリゴ糖は善玉菌の栄養になるので、継続的に飲む必要が有ります

オリゴ糖を飲んだ場合、胃で吸収されずに腸へと直接届きます。

そして腸の善玉菌の栄養になって、善玉菌が爆発的に増えて行きます。

 

その時に悪玉菌と戦って悪玉菌を減らして行くのですが、オリゴ糖自体を貯蔵しておくと言う事は有りません。

 

腸内の善玉菌は、オリゴ糖と言うパワーを貰ってもりもりと頑張ってくれるのですが、また空腹になり、悪玉菌と戦って疲弊して少しずつ消えていったり、老廃物と一緒に体外に排出されて役目を終える者も居ます。

 

なので、定期的にオリゴ糖を摂る必要があると言うのがデメリットと言えばデメリットですね。

ですが、これは乳酸菌や栄養素やアミノ酸も含めてほぼ全ての成分にも言える事ですね。

 

健康被害等の心配が有る場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

● 飲む過ぎてしまうと、善玉菌が爆発的に増殖してしまい、一過性の下痢を引き起こしてしまう可能性が有ります

 

オリゴ糖には便秘解消効果やお腹すっきり効果が有り、副作用等の心配も有りませんので、一気に大量に飲んでしまう方も意外と多いです。

 

腸の善玉菌へと大量に栄養が行き渡るので善玉菌が爆発的に増えてしまい、一過性の下痢を起こしてしまうと言ったデメリットが有ります。

ですが、身体に何かしらの副作用が有ると言う訳では有りませんのでご安心下さい。

 

また、普段から便が柔らか目の方がオリゴ糖を飲んでしまった場合、お腹がゆるくなってしまう場合が有りますので、自分のお腹に合わせて飲む必要があります(逆に便が硬い場合は増やす必要が有ります。

 

● 腸に善玉菌自体が減りすぎてしまっている場合、ある程度の期間オリゴ糖を飲む必要がある

 

いくら良質なオリゴ糖を摂っていたとしても、腸内の善玉菌が少なすぎる場合、腸内環境が整うまで時間がかかってしまうと言ったデメリットがあります。

そのオリゴ糖配合の商品の口コミを見ていると「すぐに効果が出ました」の様な口コミばかり目が行ってしまい、「自分には効かない」と諦めてしまいがちですが、もう少しだけ頑張って継続してみて下さいね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ