オリゴ糖のGI値が気になる方へ 【注意点】 | 便秘解消情報局

オリゴ糖のGI値が気になる方へ 【注意点】

<スポンサーリンク>
オリゴ糖のGI値が気になる方へ 【注意点】

オリゴ糖を摂取することで、便秘が解消されると言われていますが、ここではオリゴ糖のgi値について説明したいと思います。

オリゴ糖は本当に安全なのか不安な方は、是非参考にして頂けると幸いです。

 

オリゴ糖のGI値について 「GI値って何ですか?」

gi値と聞いても何のことなのか分からない人が多いかと思います。

 

giとは、グリセミック指数のことで、血糖値の上昇率のことを指します。

食べ物を食べると腸から栄養が吸収されます。

この吸収がされるときに血液中の血糖値が上がるのです。

 

このgi値の基準はブドウ糖の摂取後の数値で100になっています。

この数値が大きいと血糖値の上昇が高いということになります。

 

gi値は肥満体質や糖尿病の方は気にしたい数値です。

これを見ると、gi値というのは低い方が体にいいということが分かります。

低い方が体にプラスなのです。

 

副作用等が不安な場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

GI値を気にせずに摂る事が出来るオリゴ糖は?

オリゴ糖を効率よく摂るためにオススメしたいのが、カイテキオリゴです。

このカイテキオリゴのgi値は35~41です。

 

基準であるブドウ糖が100で普段使用する上白糖などの砂糖は109なので、いかにカイテキオリゴが低いかが分かりますね。

オリゴ糖なら低いというわけではないのです。

 

普通のオリゴ糖にはショ糖が含まれているので砂糖とほぼ同じgi値になります。

便秘を解消するために腸内環境を良くし善玉菌を増やそうと思ってオリゴ糖を摂取しても血糖値が上がりやすかったら考え物ですからね。

 

普通の低純度のオリゴ糖ではそうなりますが、カイテキオリゴなら、gi値も低くて血糖値が気になる人でも安心して摂取できるのです。

カイテキオリゴは、高純度で混じりけのないものなので、この数値が実現できます。

 

カイテキオリゴは、gi値が低くて血糖値の上昇を気にしなくていいのですが、その分甘さは砂糖の半分以下です。更にカロリーも砂糖よりも低いのが魅力です。

砂糖の代わりにも使うことができますが、もちろん砂糖と同じ量入れても同じように味つけはできません。

 

しかし、裏を返せばどんなものでも味を変えずに簡単にオリゴ糖を摂取できるということです。

カイテキオリゴを摂取してから、便秘が解消するまでの期間は個人差があります。

 

すぐに効果が出る人もいれば、1カ月くらいのんびりかかる人もいます。

長くかかった場合でも、簡単に続けることができるものなので、長続きするかと思います。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ