オリゴ糖は便秘に効く?市販品では効果が無い衝撃的な理由 | 便秘解消情報局

オリゴ糖は便秘に効く?市販品では効果が無い衝撃的な理由

<スポンサーリンク>
オリゴ糖は便秘に効く?市販品では効果が無い衝撃的な理由

ドラッグストアやスーパー等に市販されているオリゴ糖は、安くて手軽な物が多いのですが飲んでも便秘解消等の効果は薄く、虫歯や肥満の元になったりするのでメリットは少ないですね。

ですが、市販品の全てのオリゴ糖が駄目だと言っている訳では有りません。

 

今回は、市販品も含めて本当の意味で便秘に良いオリゴ糖の見極め方について、触れて行きたいと思います。

 

オリゴ糖は便秘に効く?市販品では何故、逆効果になるのか

市販されているオリゴ糖の多くは、高純度のオリゴ糖とは違い安価で、ぱっと見た位では何がどう違うのか分からないように表記してあります。

 

市販品のオリゴ糖では効果が無い原因

 

◯ オリゴ糖の純度自体が低すぎる

ご存知かも知れませんが、天然の高純度のオリゴ糖は価格がそれなりにします。

 

北海道で栽培されているビート(てんさい)を原料としていて、無農薬、放射線測定等もされている場合が多く、決して安くは有りません。

 

それに、市販の安価な物の場合は、オリゴ糖自体の純度が低く、農薬等も使用されていて、放射線測定もされていないので赤ちゃんや妊娠中、授乳中の事を考えるとやや不安ですからね。

 

一概には言えませんが、純度の低い市販のオリゴ糖は決まって「オリゴ糖配合」「オリゴ糖」としか記載されていない場合が多く、ちゃんとしたオリゴ糖は「◯◯%配合」等と記載されています。

 

また、科学的に生成されたオリゴ糖の場合も有りますので、妊娠中や授乳中、赤ちゃんの事を考えると避けたいですね。

 

◯ 加糖され過ぎているのでオリゴ糖とは呼べない

市販されているオリゴ糖の殆どが当てはまるのですが、オリゴ糖が40%位しか配合されていない場合が多く、多くても50%程度の商品が多いです。

 

高純度のオリゴ糖は人間には分解や吸収出来ないのでダイエット効果が高い事や、高純度の場合に限り糖尿病患者の方でも安心して使用出来る事、虫歯や肥満になる確率が非常に少ない事等のメリットが有ります。

 

ですが、市販あれている商品に多い「加糖タイプ」では、砂糖の含有率が半分以上なので、当然ダイエット効果は期待出来ませんし、

糖尿病患者の方に使用すると大変危険ですし、虫歯や肥満の原因になります。

 

それに、便秘解消効果も期待出来ませんので本末転倒ですね。

 

◯ 善玉菌だけでは無く、悪玉菌の餌(ショ糖)が含まれている

市販されているオリゴ糖に含めている事が凄く多いのですが、「ショ糖」には色々な危険性が有ります。

危険性等が気になる場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。
 

● 腸内の悪玉菌の増殖

ショ糖は基本的に和洋中の市販されているお菓子系全般、市販されているチョコレート系全般、スナック菓子系、アイスクリーム系、

お惣菜の甘み調味料等に使用されています。

 

レストランやこだわり系の食品に使用される事は無いと思います。

ショ糖は悪玉菌の栄養分なので、ショ糖が含まれている市販品を摂ると、悪玉菌が爆発的に増えて行きます。

 

オリゴ糖を摂る目的は、便秘解消目的の方が多いと思いますので、成分表示にショ糖と記載されている市販のオリゴ糖は摂らない方が良いですし、逆効果になる場合が多いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ