オリゴ糖を授乳中に飲むと良い理由について | 便秘解消情報局

オリゴ糖を授乳中に飲むと良い理由について

<スポンサーリンク>
オリゴ糖を授乳中に飲むと良い理由について

オリゴ糖は授乳中にこそ飲んで欲しい成分の一つで、お母さんであっても、赤ちゃんであっても安心して飲む事が出来ます。

授乳中は赤ちゃんもお母さんも便秘になってしまう場合が多い時期ではあります。

 

授乳中の便秘は様々なトラブルの元

お母さんの場合は黄体ホルモンの関係で、便秘になりやすい時期です。

 

便秘になってしまうと、腸内に有毒なガスを排出する悪玉菌が増殖してしまい、腸内から腸内のガスは吸収され、お母さんの身体全身を巡るようになってしまいます。

便秘がちの時ってイライラしたり、身体がだるくなったりした事は有りませんか?

 

その原因は悪玉菌が排出したガスが血液中へと溶け込み、全身をくまなく巡ってしまっているからなんです。

気分もイライラしてしまいますし、ニキビや吹き出物等も増えてしまいますので、余計に憂鬱な気分になってしまいますよね。

 

私達の身体に対してこれだけのダメージを与えてしまう位の影響力が有る悪玉菌が排出したガスが、母乳に溶け込んで大切な赤ちゃんの身体へと吸収されてしまわないと言う保証は何処にも有りません。

ちなみに、悪玉菌が排出するガスは「硫化水素」「アンモニア」「揮発性アミン」「インドール」「スカトール」等で、便秘がちのおならの臭いの原因となる主成分です。

 

授乳中にオリゴ糖を選ぶべき理由について

授乳中は便秘茶やサプリメントの使用は危険ですし、病院で処方される下剤では、便秘を原因から改善する事は不可能です。

あなたは便秘をしては下剤を飲む、便秘をしては下剤を飲むような生活を続けていて、本当に良い母乳を赤ちゃんに与える事が出来る自信は有りますか?

 

わたくしが同じ立場なら、怖くて下剤なんて飲めませんし、あなたがわたくしの友人であれば、迷う事無く毎日オリゴ糖を摂る事をすすめます。

オリゴ糖なら、副作用等の心配も無く、安心して毎日飲む事が出来、健康的で確実に便秘を改善する事が可能だからです。

 

授乳中への悪影響については、 「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

オリゴ糖は授乳中の赤ちゃんの為にも効果的

最近はアレルギーやアトピー体質のお子様が増えて来ていますね。

その原因に関しては、ライフスタイルの大幅な変化により、母乳の質が落ちてしまった事も大きいと言われています。

 

何故、ここでアレルギーやアトピーの話が出て来るかと言うと、免疫機能(ヘルパーT細胞)は腸内で生成されるからです。

先ほどでも少し触れさせて頂きましたように、便秘になってしまうと身体中に有毒なガスが行き渡っている状態になります。

 

この状態が続いてしまうと、有毒なガスから身体を守る為に、身体の免疫機能が過剰に分泌されてしまいます。

その結果、肌に触れた物、鼻や口へと侵入して来た食べ物等を「有害な物」として認識し、アレルギーやアトピーが発症してしまうと言う訳です。

 

また、アレルギーやアトピー患者の5~8割の方は、同時に便秘で悩んでいると言った調査結果も報告されています。

もしかしたらまだ早いと思われるかも知れませんが、授乳中の内から赤ちゃんの腸内環境に意識しておくと、身体の内側からも健康的で元気なお子様に育ってくれる筈です。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ