パルスイートよりもオリゴ糖の方が良い?根本的な違いについて | 便秘解消情報局

パルスイートよりもオリゴ糖の方が良い?根本的な違いについて

<スポンサーリンク>
パルスイートよりもオリゴ糖の方が良い?根本的な違いについて

パルスイートとオリゴ糖のどちらを選ぶべきなのか迷う時が有りますよね。

パルスイートとオリゴ糖に共通して言える事は、「ダイエットに向いている」「虫歯になりにくい」「糖質制限でも使用出来る」等のメリットが共通していると思います。

 

ですが、パルスイートに使用されている「アスパルテーム」には様々な危険性が有る指摘されていますし、実はダイエットには逆効果で健康に悪いと言った意見さえあります。

その点、オリゴ糖はパルスイートのように「人工甘味料」では無く「天然」の成分ですので、危険性等はあり得ませんし、便秘解消効果が高く美容にも良いです。

 

また、オリゴ糖は善玉菌を効率良く増やす事が出来ますので、アレルギーやアトピーの予防や改善にも適していますし、「過敏性腸症候群」「大腸がん」「大腸ポリープ」「虚血性大腸炎」等の予防や改善、再発の防止をする事も可能です。

 

パルスイートとオリゴ糖のそれぞれのメリット、デメリット

◯ 原材料について

オリゴ糖は「砂糖大根」「ビーツ」「甜菜」等と呼ばれる根菜類の仲間を高純度に生成した物です。

一点だけ注意するべき事は「高純度」の物を選ぶ事です。

 

一般的に市販されているオリゴ糖は純度が低く、オリゴ糖とは呼びがたい商品も多いので注意が必要です。

オリゴ糖を選ぶ時の注意点等については、「高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?」の記事を参考にしてみて下さい(クリックして頂けると新しいページで開きます)

 

ちなみにパルスイートは「エルスリトール」が主成分で、果物なら「メロン」「ブドウ」「梨」や発酵食品に含まれている成分の一つで、ブドウ糖を醗酵させた時に発生する成分で、量によっては一過性の下痢を起こしてしまう可能性が有り、身近な所で言うと「歯磨き粉」に含まれているます。

 

私達は仕事上「アステルバーム」に関しての記述はしてはならないと言う暗黙の了解なので、危険性等のついてはGoogleやYahoo!等の検索エンジンを使用して、「アステルバーム」「パルスイート」等で検索してみて下さい(スミマセン)

 

◯ メリットについて

オリゴ糖は分解出来ない構造なので、カロリーとして吸収される事は他の糖類と比較しても少なく、医師や専門家に相談してからの方が良いですが、ダイエットや糖尿病の方でも使用出来ます。

虫歯の危険性が極めて少ないので、まだまだ小さなお子様にも最適です。

 

また、オリゴ糖は腸の善玉菌の栄養となる事でも有名で、お腹の調子を整えてくれる事が出来、お腹周りをさせる等の美容効果も高いです。

先ほどでも触れさせて頂きましたが、腸内で生成される免疫機能の向上にも最適で、アレルギーや様々な肌トラブルの改善にも効果的です。

 

パルスイートはカロリーがゼロの商品とカロリーが極めて低い商品が有ると思います。

(本当はカロリーが有るのですが、小数点以下なので表示しなくても良いのです)

 

カロリーが低い分、体重を気にされている方や糖尿病の疑いが有ると言われている人でも使用する事が可能です。

 

◯ デメリットや副作用について

オリゴ糖は腸内最近を増やす働きが有りますので、摂り過ぎるとお通じが柔らかくなったり、下痢を起こしてしまう事が有ります。

 

ですが、善玉菌が一時的に増えてしまった事が原因での下痢なので、副作用等の心配はあり得ません。

元々、オリゴ糖は母乳にも含まれている成分なので、健康被害等が有るなんてあり得ませんからね。

 

パルスイートは、様々な健康被害が有ると全世界で指摘されていますが、その副作用や危険性に関して論文等は何故かありません(本当の本当の本当に不思議ですね)

 

パルスイートとオリゴ糖のどちらが良いのか?

私があなたと親しい間柄であれば、絶対にパルスイートをすすめる事は有り得ないと思います。

 

ですが、現在色々な形でパルスイートは使用されていますので、全くパルスイートを摂らないと言う事は難しいと思います。

出来るだけその◯◯を回避したい場合は、沢山の水分を摂取するように意識して、身体に留まらさせない事を意識した方が良いですね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

One Response to “パルスイートよりもオリゴ糖の方が良い?根本的な違いについて”

  1. がもん より:

    デタラメを書かないように。
    パルスイートの主原料はエリスリトール。アステルバームの含有量は僅か。
    オリゴ糖は砂糖よりは少ないものの、ちゃんとカロリーとして吸収します。

コメントを残す

このページの先頭へ