リンパ液を効率的に循環させる為にオリゴ糖は良い? | 便秘解消情報局

リンパ液を効率的に循環させる為にオリゴ糖は良い?

<スポンサーリンク>
リンパ液を効率的に循環させる為にオリゴ糖は良い?

リンパ液は身体全身に張り巡っていて、身体に侵入した細菌等を食い止めたりする免疫機能、体内に含まれている老廃物を排出する働き、体内の余分な水分を効率良く排出させる働き等が有ります。

確かに、「リンパマッサージ」等は有名ですが、それだけでは、スムーズに体内にリンパ液を循環させるという事は、正直難しいです。

 

何もしないままでしたら、当たり前のように思う事が、当たり前のようには出来ません。

実際問題、リンパ液を前進に滞りなく循環出来ていない方の方が、圧倒的に多いです。

 

ですが、リンパ液が上手く循環出来ないと、様々な不快症状が出てしまいます。

 

リンパ液が上手く体内を循環出来ない場合

リンパ液が上手く機能していないと言う事は、病原菌等から身体を守るだけでは無く、体内の余分な水分や老廃物を体外に排出する機能が低下してしまいます。

 

必然的に、「顔全体が腫れぼったくたるんで来る」ような事や、「首がぷよぷよしてシワが増える・・・」等の外見の変化だけでは無く、「肩こりがひどくなって疲れやすい・・・」「体調を崩しやすい」等の内側の変化も起こり易くなってしまいます。

 

以前よりも、寒さに弱くなって来たように感じる方は注意

冬に吹き出物が出たり、乾燥肌でカサカサして炎症を起こす場合や、夏の冷房で足首が氷のように冷たくむくみが戻らない等、季節の変化に対し、身体が着いて来れて居ないように感じる場合が有ります。

 

また、太ももや二の腕が変に締りがなく垂れてくる事や、下腹が固く感じたり便秘や下痢を繰り返す事等が起きてしまいがちです。

これらはリンパ液が上手く循環出来ていない場合によく起きてしまいがちな症状です。

 

勿論、命に関わる事は有りませんが、リンパ液が正常に流れない状態が続き、慢性化してしまうと、最悪の場合病気に進行してしまう可能性も有ります。

もちろん、リンパ自体が腫れてしまうのも病気の一種ですが、身体に外敵が侵入したままになり、老廃物を体外に排出出来ないままですと、身体の免疫機能自体がそちらの修復等に使われてしまい、本当に深刻な状況に対処出来ません。

 

リンパ液を正常な状態にする為に

身体を温めるだけでなく、自律神経のバランスを取る事が大切です。

免疫力を上げる事によって、リンパ液の循環が向上し、各種症状が自然に収まっていきます。

 

繰り返してしまいますが、リンパ液は身体中を循環しながら食物から摂取した栄養分を細胞に届ける役割が有り、その時に代わりに老廃物を受け取って排泄する働きがあります。

そのリンパ液の循環が悪くなると老廃物が余分な水分とともに身体中に残ったままになり、調子が悪くなっていきます。

 

逆に言うと、リンパ液がスムーズに循環している状態でしたら、少々の病原菌にも負けませんし、怪我の回復も速いです。

この免疫力は腸が食物から摂取した栄養分を素にしています。

 

腸内環境と免疫機能の関連性について

リンパ液の循環を活発にする為には、自律神経のバランスを整える事が必要と言う事は説明しましたが、それは腸内環境を改善する事によって、より確実な物にする事が可能です。

便秘も下痢もしない体質になればリンパ液の循環も不思議なほど整ってきます。

 

T1細胞やT2細胞に代表される自己免疫機能は、主に腸で生成されますので、腸内環境が理想的な状態にする事が出来ると、必然的に身体中のリンパ液も本来の機能を取り戻し、循環させる事が可能です。

腸内環境とリンパ液が密接に関係していると言う事は、不思議ですね。

 

善玉菌を増やす事によって、身体の冷えや辛い生理痛まで治める事が出来たと言った研究結果さえ有ります。

この時に、便秘薬や漢方等に頼って解決しようとされる方も多いのですが、善玉菌の量が増える事は有りませんので注意が必要です。

 

腸内環境を理想的な状態にする為に

よくテレビや雑誌等をご覧になられている方は、腸内環境を理想的な状態にする為には、「ヨーグルト」や「食物繊維」を意識して摂取するのが一番効率的だと認識されている方が殆どだと思います。

 

確かに、ほとんど正解に近いと思います。

ですが、腸内環境と言うのは人それぞれ違いますし、外部から侵入した乳酸菌は「菌」には変わりませんので、現存する善玉菌に攻撃されてしまいます。

 

また、乳酸菌は温度だけでは無く、酸にも非常に弱い性質が有ります。

正直な所、摂取した乳酸菌は「胃液」「胆汁酸」「腸液」によって殆ど死滅します。

 

それに、食物繊維は「消化出来ない繊維質」には変わりありませんので、摂り過ぎてしまうと便秘が酷くなりますし、食事から摂取する程度の食物繊維量では、それ程効果が期待出来ない場合が殆どです。

 

ある程度以上の期間を、毎日継続する事によって効果を発揮出来るとも言えます。

「高純度オリゴ糖」は食物繊維のように、現存する善玉菌の栄養になりますので、乳酸菌とは違って爆発的に腸内細菌を増やす事が可能です。

 

副作用等が気になる場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

また、オリゴ糖にも非常に沢山の種類が存在し、自分の腸内環境に適したオリゴ糖を選ぶ事が難しく、一般的に市販されているシロップ状のオリゴ糖等では配合量が少な過ぎてしまったり、肥満や便秘の原因になってしまう事が多かったです。

 

ですが、「EOS理論」と言う方法が提案され、どのような腸内環境に対しても最適化出来る配合が発見されました。

「カイテキオリゴ」は、その「EOS理論」を取り入れた唯一の高純度オリゴ糖で、30種類以上の種類を配合していて、その効果についても、他のオリゴ糖商品とは全く異なります。

 

もちろん、毎日の食事に乳酸菌や食物繊維を取り入れる事は有効的です。

医食同源でリンパ液の循環が良ければ身体中元気になります。

 

便秘だけでなくリンパ液の循環不良の改善も期待出来ます。

アンチエイジング効果も高いのが嬉しいですね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ