高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか? | 便秘解消情報局

高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?

<スポンサーリンク>
高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?

市販されている多くのオリゴ糖は純度が低く、オリゴ糖自体の配合が少なめであったり、痛風の原因になり、便秘やオナラの原因である悪玉菌の栄養、「ショ糖」が含まれていたりします。

 

このショ糖は痛風の原因となる場合が多く、市販されている安価なシロップ状のオリゴ糖には、必ずと言って良い程含まれているので、非常に厄介な成分でもあります。

 

スーパーや薬局では高純度オリゴ糖が手に入らない理由

理由は、高純度オリゴ糖を精製する為には高い技術が必要で、更に粉末状にする事はかなりの技術が必要だったりします。

 

そんな事から、オリゴ糖と呼ばれる成分であっても、

● オリゴ糖が糖分全体の40%以下

● 高純度オリゴ糖では無く、科学的に生成されたオリゴ糖

のような商品が比較的沢山販売されている事が多いです。

 

高純度オリゴ糖のメリット デメリット

一般的に市販されているオリゴ糖は純度が低くてオリゴ糖の含有率が低いと話しました。

ですが、高純度オリゴ糖は純度が良いと言うだけでは無く、便秘解消の他に

 

● 赤ちゃんでも安心して飲むことが出来る

● 子供でも肥満等を気にせず、飲むことが出来る

● 高齢者でも安心して飲むこと出来る

 

● 虫歯になる事が無い

● ダイエットに最適

● 糖尿病等で糖質制限がかかる人も飲むことが出来る

 

● 善玉菌の増殖によって、腸内でアミノ酸やビタミン等が生成される

● 過敏性腸症候群等の病気の人でも飲むことが出来る

● 加熱や酸等の調理にも強い物質

 

等のメリットが挙げられます。

また、高純度オリゴ糖のデメリットは

 

● 価格がどうしても高くなる

● 飲む過ぎてしまうと一過性の下痢を起こす場合が有る

等が挙げられます。

 

高純度オリゴ糖は主に何が原材料なのか

高純度オリゴ糖を使用した商品の材料は、ビートと呼ばれる甜菜の一種や、サトウダイコンの場合が多いです。

もちろん、日本国内である北海道での栽培が中心です。

 

もちろん、赤ちゃんや授乳中、高齢者や健康志向の高い人をターゲットにしているので、農薬や保存料、放射線等を測定してから製品化している所が多いです。

 

市場に多い合成オリゴ糖とは

グラニュー糖と同じ成分を持つオリゴ糖で、グラニュー糖の分子構造を科学的に変えて生成されたオリゴ糖です。

別名「フラクトオリゴ糖」とも呼ばれています。

 

天然の高純度オリゴ糖とは違い、自然で健康的に腸内環境を正常化する事は難しく、お腹にガスが溜まって痛くなったり、下剤を飲んだような強い下痢を引き起こしてしまう場合が有ります。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ