カイテキオリゴが妊娠中の便秘に効果的な理由と赤ちゃんへの影響について | 便秘解消情報局

カイテキオリゴが妊娠中の便秘に効果的な理由と赤ちゃんへの影響について

<スポンサーリンク>
カイテキオリゴが妊娠中の便秘に効果的な理由と赤ちゃんへの影響について

どうして妊娠中は便秘になり易いのでしょうか?今まで便秘で悩んだ事の無い人でも、妊娠中に重い便秘を体験するなんて事も少なく無いですよね。

妊娠前から便秘になり易い人は、より重い便秘になる可能性が高くなりますので、注意しておく必要が有りますね。

 

体内で便が固くなり過ぎて排便自体が困難になってしまったり、排便時に肛門が裂けたり出血してしまったりする前に、カイテキオリゴ等で腸内環境を改善するのも1つの方法です。

 

妊娠中の便秘の原因について

妊娠中に便秘になる理由に多いのは2種類で、「黄体ホルモンによる便秘」と、

「子宮が大きくなる事によって腸が押し寄られる事による便秘」

「便への水分が少なくなってしまう事による便秘」です。

 

妊娠する事によって、体内で黄体ホルモンが通常より多く生成されます。

この黄体ホルモンには腸の働きを低下させる働きが有るので、便秘になり易くなります。

 

子宮内で赤ちゃんが大きく育つにつれて、腸は大きく膨らんだ子宮によって圧迫されてしまいます。

また、妊娠中は脳が本能的に赤ちゃんへ体内の水分を供給するようになります。

いつもと同じ水分量のままでは便に十分な水分を行き渡る事が出来ず、便秘になってしまう事が多いです。

 

妊娠中に便秘なった場合は病院に相談するべきなのか?

もちろん、病院に相談する事も大切です。

 

病院に相談すると浣腸や摘便をして頂けますが、便秘解消の根本的な解決にならない事が多く、体内の赤ちゃんの事を考えると、薬等はどんな影響が出るか分からないので、応急処置程度としての対応しかして頂け無いのが現状だと思います。

 

カイテキオリゴは国産の高純度の天然オリゴ糖のみ使用されているので、薬等とは違い副作用の心配は有りません。

それに、カイテキオリゴなら最悪の場合、腸内の善玉菌を爆発的に増やし、一過性の下痢を引き起こす事も可能です。

 

この一過性の下痢は、カイテキオリゴに含まれるオリゴ糖を、腸内の善玉菌が栄養にして、爆発的に増えた事による下痢なので、身体への負担も少なくて自然です。

 

妊娠中の危険性等が心配な場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

妊娠中の便秘が赤ちゃんに与える影響

赤ちゃんは通常子宮内で無菌状態を維持したまま成長するのですが、自然分娩の時に産道にる腸内細菌に酷似した細菌を受け継ぎます。

まるで、母親の腸内細菌を受け継ぐようになっています。

 

なので、腸内環境が正常化されていないままだと、赤ちゃんへとそのまま受け継がれてしまいます。

カイテキオリゴ等で妊娠中の時から、腸内環境を正常化しておくと、母子共に快適に過ごせると言う訳ですね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ