カイテキオリゴで下痢が起こる原因と対処法 | 便秘解消情報局

カイテキオリゴで下痢が起こる原因と対処法

<スポンサーリンク>

カイテキオリゴに代表されるオリゴ糖食品の多くは、飲み過ぎると一過性の下痢が起きてしまう事が有ります。

これは、どのオリゴ糖商品にも共通して言える事です。

 

一度に沢山の栄養が腸内の善玉菌に行き渡る事で、爆発的に増えてしまった善玉菌が腸内環境のバランスを崩してしまいます。

結果として一過性の下痢を引き起こしてしまう事です。

 

カイテキオリゴの口コミや評判等で、「飲んだら下痢になった」と書き込まれる事が有りますが、ほとんどの場合が先ほどのように、飲み過ぎた状態です。

この場合は、飲む量を自分の腸内環境や便秘の度合いに合わせて調節する事で比較的簡単に解決出来ます。

 

カイテキオリゴで下痢になる場合

もう1つの下痢の原因として考えられるのは「乳糖不耐症」の可能性です。

乳糖不耐症の場合も一過性の下痢や消化不良といった症状が出ます。

 

本人に自覚症状が無い場合も有るので注意が必要です。

この場合は、カイテキオリゴに含まれる「乳糖」そのものが原因なので、カイテキオリゴを飲む事を中止する事が解決法になってしまいます。

 

あとは、ヨーグルト等の乳酸発酵された食品を摂取する事で、ヨーグルトに生存する「乳酸菌」を腸内に生存させる方法です。

この方法は、ヨーグルトに生存する乳酸菌には「乳糖分解酵素」が備わっているので、乳酸菌を取り込む事で「乳糖分解酵素」を補ってあげる方法です。

 

もしくは、医師に相談して「ラクターゼ製剤」を処方して貰う方法も有ります。

ラクターゼは小腸の腸絨毛に多く存在し「乳糖」に含まれる「ラクトース」を加水分解する酵素です。

 

このラクターゼが欠乏する事で「乳糖不耐症」になります。

カイテキオリゴの原材料や製法は、北海道で取れた天然素材のみ原材料として使い、高純度のオリゴ糖として抽出した製法です。

 

放射能汚染についても「財団法人 日本食品分析センター」と呼ばれる第三者機関から放射能検査を受けて、放射能汚染の基準値をクリアして販売されているので安心ですね。

 

危険性等が不安な場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

更に、「NPO法人日本サプリメント評議会」と呼ばれる第三者機関によって、安心・安全評価製品として評価されています。

カイテキオリゴを飲んで下痢になる場合、「乳糖不耐症」の可能性が有ります。

 

「乳糖不耐症」の言葉通り、下痢になる直接の原因物質は「乳糖」です。

この「乳糖」が吸収や分解出来ない事によって、一過性の下痢になる事です。

 

カイテキオリゴに含まれる「乳糖」は、主に母乳に多く含まれる物質なので「乳」が付いていますが、オリゴ糖の一種ですのでご安心下さい。

牛乳アレルギーの直接的な原因となる「カゼイン」「ラクトグロブリン」等のタンパク質は、一切含まれていません。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ