カイテキオリゴを飲み始めると腹痛になる?原因は? | 便秘解消情報局

カイテキオリゴで腹痛になる?飲み始めだから?原因は?

<スポンサーリンク>
カイテキオリゴ アレルギー

カイテキオリゴを使用する事で便秘が解消出来たとしても、また別に腹痛が起きてしまう場合が稀にあります。

比較的長期間の便秘で悩んでいた腸の場合、腸内があまり動いていない状態ですので、大腸内の血流自体があまりよい状態とは言えません。

 

そう言った、腸に必要な血液自体が不足してしまっている状態でカイテキオリゴを使用すると、腸内の善玉菌がオリゴ糖のお陰で一気に活発化します。

また、排便も活発に促されます。

 

この時に腸が動き、「腹痛」として感じてしまうと言う事です。

基本的にカイテキオリゴを使用してから、ある程度の時間を置いて様子を見たり、軽い運動等で身体の血流を良くしながら刺激する事も効果的です。

 

もちろん、暖かいお風呂に入って身体を暖めて、腸や身体全身の血行を良くするのも効果的です。

また、あまり身体を冷やしたく無いので、常温に戻した炭酸水にカイテキオリゴを入れた物等も効果的です。

 

理由は炭酸の刺激が、腸の活発化に一役買ってくれるからです。

食事自体も揚げ物等の脂っこい物は控えて、唐辛子系の刺激物も控えてみて下さい。

 

意外かも知れませんが、コーヒー等のカフェインを含む飲み物やアルコール等も、腸に負担をかけてしまう場合が多いので、控えるようにして下さいね。

効くのかが不安な場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

カイテキオリゴを飲んでも、腹痛や異変が有る場合は?

カイテキオリゴを飲んでも腹痛や異物感が収まらない場合も有ります。

 

お通じ中に「いきむ」と痛いと感じるほど硬い水分が不足した場合や、便に含まれている水分量が多く、軟らか過ぎるお通じが交互に繰り返されてしまう場合は、「過敏性腸症候群」の可能性も有ります。

 

過敏性腸症候群の特徴は、大腸や小腸を内視鏡等で検査してみたとしても、目に見える変化は無い事です。

先ほどのような、お通じの異常や原因不明の腹痛が、比較的長期間続くのが特徴です。

 

この症状は文字通り、大腸や小腸が「過敏」になってしまっている状態です。

健康な状態では感じない程度の腸内運動に反応し、痛みとして感じてしまう症状です。

 

まあ、カイテキオリゴを飲んで、腸内が活発に運動する事になったので、腸が過敏に反応してしまい、腹痛を感じるのかも知れません。

確率としては殆ど無いと思いますが、万が一カイテキオリゴを飲んで、あまりに腹痛が酷い場合や不安な場合は、医師に相談して下さい。

 

個人的には、「過敏性腸症候群」が回復傾向に向かっていると思うので、時間を見ながら様子を見るのが、一番良いと思います。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ