カイテキオリゴと授乳中の食事の関係 | 便秘解消情報局

カイテキオリゴと授乳中の食事の関係

<スポンサーリンク>

カイテキオリゴを授乳中に使用する女性が増えています。

便秘に陥りがちな時期の筈ですのに、授乳時期専用の便秘薬が無い事が不思議に感じた事が有る方も多いと思います。

 

実は医薬品の世界には、乳児の便秘と言う考え自体が有りません。

厳密には有るのですが、「薬」を乳児に使うのは非常にリスクが高い事と、乳児の環境自体が以前と変わりつつ有るからです。

 

最近は過度のダイエットや美容の為に、母乳にとって本当に必要な物も食べない女性が増えています。

ですので、母乳自体の栄養が足りなかったり、完母で授乳させる人が減って来ています。

 

母乳に良い食事 母乳に悪い食事

 

●ご飯系(アワ、ひえ、胚芽米 等)

最近流行りの米粉を使ったパンも効果的です。

 

●(もち米製品全般)

カレー系も刺激物なので避けて下さい。

 

●小麦粉系(うどん、そば、食パン 等)

アレルギーの疑いの有る場合は控えるか、医師や専門家に相談して下さい。

 

●麺類全般(スパゲティー、ラーメン)

ファーストフード全般(ハンバーガー・コロッケ・ドーナツ等の菓子)は、生活習慣病の為にも避けて下さい。

 

●豆系(豆乳、豆腐、味噌等の豆を発酵させた物 等)

大豆はイソフラボンも含まれているので、美容にも大変効果的ですが、大豆アレルギーの疑いの有る人は控えるか、医師に相談するようにして下さい

 

●乳製品全般(牛乳・生クリーム・バター類・チーズ等の発酵食品)

意外かも知れませんが、授乳中の乳製品は母乳の質が悪くなるので、控えるように意識して下さい。

カイテキオリゴの「乳糖」「ミルク糖」は、乳製品が含まれていないのでご安心下さい。

 

●肉、卵系(鶏肉、魚肉等の白身 等)

鶏肉は卵アレルギーの疑いはある場合は、控えるか医師や専門家に相談して下さい。

 

●(牛肉、豚肉、青背の魚、うなぎ)

刺身やカルパッチョ等の生肉は出来るだけ避けて下さい。

 

●海草系(わかめ、ひじき、昆布、もずく 等)

わかめ等はお母さんのお通じにも効果的です。

 

●野菜・果物系(主に根菜類・果物はビタミンが多いものがオススメです)

大根・カブ・かぼちゃ・ゴボウ等料理が大変な物が多いですが、お味噌汁等に入れると楽ですし効果的です。

 

(茄子・梨・柿・スイカ等は授乳中のお母さんの体温を奪いかねません。

筍や栗等の季節の物も湿疹の原因になる可能性が有るので、出来るだけ避けたい所です。)

 

●油系(オリーブオイル、ごま油、グレープシードオイル、えごま油、なたね油)

授乳中に良いですが、量には気を付けたい所ですね。

 

(ラード、マヨネーズ類、揚げ物全般)

油系でもマヨネーズは授乳中は絶対に避けて下さい。

 

●飲料系(お茶系・無添加の野菜ジュース・加糖しない果物ジュース)

天然の物を飲むようにして欲しい所です。

お茶系もコンビニ等では無く、自家製の物を飲むようにしたいですね。

 

(コーヒー、紅茶、ウーロン茶等のカフェインやタンニンは、出来るだけ控えたい所です。炭酸系のコーラや清涼飲料水も控えたいですね。)

健康茶関係もあまり量は摂らないようにしたい所です。

 

●砂糖系(一温糖、てんさい糖)

カイテキオリゴには母乳に多い乳糖や、ミルクに多いミルク糖、そして甜菜から取れるてんさい糖が多く含まれるので、理想に近いです。

オリゴ糖の授乳中の注意事項等については、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

(グラニュー糖や上白糖等全般)

洋菓子等のケーキ類、せんべい等のもち米を使ったお菓子、チョコレート類、ピーナッツ類は出来るだけ避けて下さい)

 

授乳中に食べる物について、比較的簡単に手に入る物を抜粋してみました。

意外な物も多かったのではないでしょうか?

 

授乳中に良い食べ物の多くは、炒める事よりも茹でる事でより効果が期待出来る場合が多いので、授乳中の方でも比較的料理しやすいと思います。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ