カイテキオリゴの停滞期?末永くお付き合いする方法! | 便秘解消情報局

カイテキオリゴの停滞期?末永くお付き合いする方法!

<スポンサーリンク>
カイテキオリゴ アレルギー

オリゴ糖を使った健康食品を毎日同じ量を飲み続けると、ある一定時期を過ぎた位から効果が下がり、停滞期に入り始める場合が有ります。

この時期を「腸内環境停滞期」と呼びます。

 

何か異常が有る訳では無いのでご安心下さい。

何故このような状態になるかと言うと、カイテキオリゴに代表されるオリゴ糖食品は、毎日同量飲むことで、腸内の善玉菌が一定量まで増えて、腸内がある程度安定した状態になるからです。

 

腸内の悪玉菌もこの腸内の環境に適応してしまい、現在の腸内環境や、善玉菌に対する耐性をつけてしまいます。

 

このままだとイタチごっこのような感じになりますが、毎日の量等にメリハリを付ける事で、この停滞期を簡単に回避する事が出来ます。

カイテキオリゴを毎日一定量飲んで、停滞期に差し掛かったと自覚した場合は、飲む量を一時的に減らしてみると効果的です。

 

カイテキオリゴを飲む量を一時的に減らす事で、悪玉菌の善玉菌に対する耐性を一時的に減らす事が可能です。

その後にカイテキオリゴの量を増やす事によって、効果を戻す事が可能です。

 

この方法は、カイテキオリゴを飲んで、お通じが出ないのにお腹が張った状態になった時にも有効ですので、是非お試し下さい。

 

カイテキオリゴに代表される「健康食品」は、コーラックに代表される「医薬品」とは違うので、用法や容量は有りません。

特にカイテキオリゴのような健康食品は、定期的に変化を付けて使用する事でより効果が上がります。

 

もし、効くのかが不安な場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

カイテキオリゴの目的は「腸内環境の正常化」なので、出来るだけ腸内の悪玉菌に耐性をつけさせないように飲む事が毎日快適に過ごす為に効果的です。

 

このカイテキオリゴの停滞期は

●毎日同じような量を飲む

●毎日同じような時間帯に飲む

●毎日同じような方法で飲む

のような感じで実践されている方が比較的陥りがちな現象です。

 

既にご存知の事だとは思いますが、カイテキオリゴは健康食品なので、法的な扱いや販売基準を見ると「食品」です。

使用目的も「健康の維持増進」なので、下剤や一部の便秘茶のように、継続して飲み続けた場合の中毒性や副作用等の心配は有りません。

 

それが、カイテキオリゴの最大の魅力とも言えますね。

ですので、万が一飲み過ぎてしまったとしても、一過性の下痢であったり、軽くお腹を下す位です。

 

飲むことを途中で辞めても何の問題も有りません。

自分に合った量を見つける事が一番大切ですね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ