カイテキオリゴの摂取量はどれ位摂れば良いの? | 便秘解消情報局

カイテキオリゴの摂取量はどれ位摂れば良いの?

<スポンサーリンク>
カイテキオリゴ 怪しい

カイテキオリゴには、一応1日当たりの摂取量は5gが目安として記載されています。

ですが、体調やお腹の調子に合わせ「自分に合った量」に調節した方が良いです。

 

この5gの摂取量は、小学生位の子供~大人位が目安なので、離乳食開始後の赤ちゃん位に対しては、多いかも知れません。

赤ちゃんの摂取量は、1g程度から始めて様子を見た方が良いです。

 

この場合も、カイテキオリゴを1g程度から初めて、赤ちゃんのお腹や体調を見ながら徐々に、摂取量を調節して行くと良いですよ。

この小学生位の子供~大人位摂取量(5g)は、カイテキオリゴを購入した時に付属するスプーンで、丁度1杯分なのでわかりやすいです。

 

ですが、この摂取量は、カイテキオリゴが勧める目安でしか有りません。

摂取量自体でそこまで神経質になる必要は有りません

 

カイテキオリゴはあくまで健康食品なので、用法容量は決まっていないからです。

健康食品は、毎日同じ時間、同じ摂取量、同じ方法で飲んでしまうと言う方が多いです。

 

ですが、カイテキオリゴに代表されるオリゴ糖食品は、長期間同じ摂取量だと徐々に効果が落ちてしまいます。

毎日の摂取量が同じ状態だと、腸内の悪玉菌が耐性をつけてしまうからです。

 

この状態を「腸内環境停滞期」と呼びます。

カイテキオリゴが毎日同じ摂取量なのに、便秘やお腹が張った状態になったりします。

 

この状態を解決するには、カイテキオリゴの摂取量を一時的に半分位に減らす事です。

個人的には、数日位カイテキオリゴを控えても良いと思います。

 

その後カイテキオリゴの摂取量を倍等に増やし、腸内の善玉菌の量を爆発的に増殖させて、悪玉菌の量を減らしてしまう事です。

カイテキオリゴの健康管理士や、専任アドバイザーさんも言っていますが、カイテキオリゴは定期的に変化を付けて飲むとより効果的です。

 

効くのかが不安な場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

飲む時間を少し変えてみたり、混ぜるヨーグルトの種類を変えてみたり、毎日の摂取量を少し変えてみたりする事で、腸内の悪玉菌に耐性をつけさせたい事が大切です。

 

これはカイテキオリゴをほぼ毎日続けている私の感想ですが、カイテキオリゴの摂取量に変化を付ける場合は、少し減らしてから増やす方が効果的です。

 

効果が落ちてきたからと言って闇雲に量を増やしてしまうと、腸内に変にガスが溜まったり、お腹を下す可能性が有りのであまりオススメ出来ません。

カイテキオリゴは、毎日のように継続する事によって、腸内環境を健全な状態にする事が目的です。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ