カイテキオリゴの赤ちゃんに最適な量について | 便秘解消情報局

カイテキオリゴの赤ちゃんに最適な量について

<スポンサーリンク>

カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘にも効果的な事も有り、定番化していますね。

ですが、お子様とは違って、一体どれ位の量を飲ませてあげるのが適切なのかが気になると思います。

 

お子様でしたら、カイテキオリゴを大人が飲む量の約半分位を意識すれば良いのですが、赤ちゃんに最適な量を軽量スプーン等で計るのは難しいです。

その点、カイテキオリゴには大人と赤ちゃんの両方をキチンと計る事が出来るスプーンが付属していますので、簡単に計る事が可能です。

 

下の写真では、少し見づらいかも知れませんが、カイテキオリゴを購入している時に付属するスプーンは、すり切り一杯で大人の一日分の目安となる5gが図れます。

 

カイテキオリゴの赤ちゃんに最適な量について

 

内側のサークルは、赤ちゃんに最適な量の1gが計れるように設計されています。

カイテキオリゴの赤ちゃんに最適な分量は、赤ちゃんの便秘の度合いによって異なって来てしまいますが、最初の内は1g位から始めてみると間違いは無いと思います。

 

カイテキオリゴの赤ちゃんに最適な量について

 

それでも赤ちゃんの便秘が解消されない場合は、2g、3gへと徐々に増やして行って、スプーン一杯の5g位までを目安に様子を見てみて下さい。

赤ちゃんに最適な量が見つかっても、毎日同じ量を飲ませてあげるのでは無く、少し減らしてみたり、また元の量に戻してみたり、定期的にカイテキオリゴの飲む量を変える方が良いです。

 

赤ちゃんの腸内に居る悪玉菌に、耐性を付けられにくいからです。

 

カイテキオリゴの赤ちゃんに最適な量について

 

カイテキオリゴが合わない場合は、生のオレンジを絞った果汁を白湯に混ぜた物をあげると効果的です。

 

赤ちゃんの便秘に関しても色々な意見が有ると思いますが、出来るだけ便秘の状態を維持しないようにする事が大切です。

便秘の状態が続くよりも、浣腸や綿棒で出してしまう方が良いと言われています。

 

この方法でも良いとは思いますが、

● 赤ちゃんの便秘解消について何も解決していない事

● 浣腸や綿棒はそのうち効かなくなる可能が高い事

等の不安が有ります。

 

同じ出してしまうなら、浣腸や綿棒等で無理矢理出すのでは無く、善玉菌が増えた状態で自然に出してしまう方が健康的だと思います。

効果が気になる場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

カイテキオリゴの成分は、北海道で取れた甜菜等を中心に高純度で抽出したオリゴ糖のみ使用しているので、赤ちゃんでも安心して飲む事が出来ます。

 

リニューアル後のカイテキオリゴは、母乳にも含まれている「乳糖」が入っているので、赤ちゃんの腸内環境改善化にはとても良いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ