カイテキオリゴの飲み方 間違いだらけの常識について | 便秘解消情報局

カイテキオリゴの飲み方 間違いだらけの常識について

<スポンサーリンク>
カイテキオリゴの飲み方 間違いだらけの常識について

カイテキオリゴの飲み方についての質問も多いです。

その中には間違った飲み方も多く、非常に勿体無い思いで一杯です。

 

飲み方次第で非常に効果的な反面、間違った商品選びや飲み方だと、本当の意味での効果を引き出せませんので注意が必要ですね。

 

カイテキオリゴの飲み方 「どのタイミングで飲むの?」

カイテキオリゴを毎日飲まれている人の中には、食事前?食事中?食事後?等のように、どのタイミングで飲めば良いのか疑問に持たれている方も多いと思います。

 

この質問に対しての答えを先に言ってしますと、カイテキオリゴは高純度のオリゴ糖なので、胃酸や胆汁酸等の消化液に分解される事は無く、腸内に届くまでに吸収される事は有りません。

 

なので、どのタイミングでカイテキオリゴを飲んでも、太りにくいですし吸収に差し支えは有りません。

自分のお腹の状態に合わせて飲む時間を調節をする飲み方が一番ですね。

 

ですが、カイテキオリゴにヨーグルトを組み合わせた飲み方をされている方だけは、どのタイミングの飲み方でも良いとは言えません。

 

理由は先ほどでも少し触れさせて頂ましたが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は非常に繊細なので、空腹時等の強い胃酸に触れると効果が半減してしまうからです。

 

なので、カイテキオリゴとヨーグルトを組み合わせた飲み方の場合は、食事前等の胃酸が濃くなる時間帯は避けるのが効率的ですね。

 

カイテキオリゴに含まれるオリゴ糖に関しては特に問題は有りませんが、せっかくのヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌が、空腹時の濃い胃酸に壊されてしまっては勿体無いですからね。

 

カイテキオリゴとヨーグルトを組み合わせた飲み方の場合は、出来れば食事後のデザート感覚で食べるのが一番効率的です。

 

食事等によって胃酸が薄まっているので、ヨーグルトのビフィズス菌や善玉菌を壊さずに腸内まで運んでくれます。

 

ダイエット中等で強い空腹を感じている時や、間食におやつ感覚でカイテキオリゴとヨーグルトを組み合わせた飲み方をされる場合には、水分等を摂って胃酸をある程度薄めてから飲む方が良いですね。

 

効果が気になる場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

ヨーグルトの飲み方 「妊娠中、授乳中は?」

余談ですが、妊娠中にヨーグルトを毎日摂ると、赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になりにくいとの研究結果が出ています。

 

でも、授乳中にヨーグルトを取り過ぎるとカロリーが高すぎるので、乳腺炎等の可能性も高くなるのであまり取り過ぎ無いようにしたいですね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ