カイテキオリゴはアトピーに効果的?その根拠について | 便秘解消情報局

カイテキオリゴはアトピーに効果的?その根拠について

<スポンサーリンク>

アトピー症状が起きてしまう原因は、腸内で生成される「免疫機能」が、「過剰」な状態になってしまっている事が、大きな原因の1つと言われています。

カイテキオリゴの主成分の「オリゴ糖」には、腸の環境を正常な状態にする働きが有ります。

 

自己免疫力を自力で上げる事が出来ますので、最も自然な形でアトピーの改善や予防が出来てしまうと言う事です。

 

アトピーの現実

非常に残念な事に、現代の医学では、比較的新しい皮膚炎である「アトピー性皮膚炎」を完治させるまでには至りません。

症状に対して即効性が期待出来る方法や治療薬は、まだ確立していません(2015年2月12日現在)

 

アトピーの語源は「とらえどころの無い」「場違いな」「奇妙な事」「異常」等の言葉が由来です。

 

現在出まわっているアトピー性皮膚炎の対策法や治療法は、正直な所、客観的データや臨床例が少な過ぎます。

真偽の程が把握しにくい方法が多いのが現状だと思います。

 

カイテキオリゴはどのように働きかける?

カイテキオリゴがアトピー性皮膚炎に効果的であると言われている理由は、カイテキオリゴに含まれる「ラフィノース」が、アトピー性皮膚炎と密接に関係していると言われている、アレルギーや食生活に効果的だからです。

 

特にアレルギー性皮膚炎で悩む方は、同時に腸内環境に関しても悩む人が多いです。

アトピー性皮膚炎の原因の1つである「異種タンパク質」を、正常に体外へ排出出来ていない場合が多いからだと言われています。

 

その結果、体内に残った異種タンパク質がアレルゲンとなり、アレルギー性皮膚炎の原因になると言われています。

異種タンパク質とは、人間のタンパク質とは組織が異なるタンパク質です。

 

豚や牛、卵等の人間以外の動物のタンパク質です。

 

アレルゲンとなる物質を効率良く体外に排出して、体内に出来るだけ毒素を貯めこまないようにするには、腸内環境を改善化する事が効果的です。

特に「ラフィノース」が効果的だと言われています。

 

▼関連記事(クリックして頂けると新しいページで開きます)

アレルギーに関しては、

カイテキオリゴとアレルギーの関係。

原材料に関しては、

カイテキオリゴは原材料に何が含まれてるの?

牛乳アレルギーに関しては、

カイテキオリゴは牛乳アレルギーの人には危険?嘘?本当?

 

カイテキオリゴに含まれていて、腸内環境改善化やアトピーに効果的だと言われている「ラフィノース」は、自然界に存在オリゴ糖の一種です。

ビート等の甜菜に多く含まれ、アスパラガス・ブロッコリー・キャベツ等に含まれています。

 

カロリーも50%程度しか無く、大腸内に届くまで吸収されないので、腸内の善玉菌の栄養になり易いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ