カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点 | 便秘解消情報局

カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点

<スポンサーリンク>

カイテキオリゴは、一般的に市販されている他のオリゴ糖関連商品とは違い、どのような腸内環境にも適応出来る特許「EOS理論」に基いて開発されていますので、腸内の善玉菌をまんべんなく増やす事が可能です。

ですが、「徐々に便秘解消効果が落ち込んでしまう・・・」「前はあんなに効いたのに・・・」と言った現象が起きてしまう場合が有ります。

 

皆様こんにちは。ご覧頂き感謝します。便秘解消情報局です。

実はこの現象、どの高純度のオリゴ糖が含まれた食品を毎日飲んでいたとしても、必ずとも言って良い程、経験してしまう事です。

 

もちろん、ずっと安定して効果が有る場合も有りますので、「効かない時に遭遇した事が無いけど、体質に有って無い?」と言う事も無く、来ない人はずっと来ません。

特にカイテキオリゴの場合は、他の高純度オリゴ糖を配合した市販品と比較した場合、腸内の善玉菌をまんべん無く増やす事が出来ますので、過去に色々と試して来て、「効果なし!」「自分には合わない・・・」と諦めてしまった方でも安心して使用する事が出来ると思います。

 

高純度の物を含め、オリゴ糖に関連する商品は沢山有りますが、1種類から数種類程度ですので、約30パターン存在する善玉菌のバリエーションに対応出来る筈が有りません。

特に薬局やドラッグストア等では、半分が他の甘味料のシロップ系が配合されていたり、某有名なトクホ系の商品も一般的に市販されている市販品と大差有りませんので、正直、懲りてしまったり、まだまだ半信半疑と言う方も多いと思います。

 

そう言った経験が有ると尚更、カイテキオリゴも同じ物だと思ってしまうのも無理は無いと思いますが、勿体無いと感じてしまうのが正直な感想です。

繰り返してしまいますが、「一般的に市販されている高純度オリゴ糖を含めた関連商品」と「カイテキオリゴ」は、全くの別物だと思いますし、ある程度継続して飲み続けていると、身体は「それで当たり前」だと勘違いし、停滞期に陥ってしまう可能性が有ります。

 

ある程度、継続して飲んでいる時に「効果なしだ!」と諦めてしまい、飲まなくなってしまうのは、本当に残念です。

先程、停滞期と言いましたが、継続して飲むと効かなくなるのは、腸の機能上、ある程度仕方の無い事ですので、「停滞期回避術」等を知って頂くと、今後の腸内環境の最適化に役立つ筈です。

 

一般的なオリゴ糖が効果なしで終わる場合の注意点

「高純度オリゴ糖配合」と記載されている市販品は多いのですが、成分表示を見ると、成分の大半が違う成分だと言う場合も多く、これでは、本来の効果を引き出す事は難しいと思います。

含有量が少な過ぎる場合や、身体にとってあまり良くないと言われている「合成オリゴ糖」等が含まれている場合も多く、注意が必要だと思います。

 

特に人口甘味料系は、腸内の悪玉菌を増やしてしまう場合が多く、便秘を改善する目的で使用しているのであれば、逆効果になる可能性も有ります。

 

便秘解消情報局では、様々なオリゴ糖に関連する市販品を試して来ましたが、どんな人や状況でも安定した効果が有ったのは、カイテキオリゴです。

定期的に内容が改善されたり、パワーアップして行くのも、定期購入者として嬉しい限りですが、2017年7月6日現在の成分表示では、「ラフィノース」「ミルクオリゴ糖」「乳糖」「フラクトオリゴ糖」「アカシア食物繊維」「イソマルトオリゴ糖」「難消化性デキストリン」「ショ糖」「環状オリゴ糖」が配合されています。

 

少し大げさに感じてしまうかも知れませんが、少し健康意識が高い方であれば、「これで効果無しは無い」と感じる組み合わせで、医師や研究所でも推奨している位です。

気になる方は、カイテキオリゴの公式サイトを見て頂ければ、他のオリゴ糖系商品とは違う所がより詳しく記載されています。

 

もちろん。今まで沢山の種類のオリゴ糖に関連する商品を摂取して来ましたが、私達はずっと継続して飲んでいます。

 

カイテキオリゴは効果なし?オリゴ糖の仕組みについて

オリゴ糖を摂取した場合、胃や小腸等では吸収されずに大腸へと到達し、大腸内でも吸収される事は無く、腸内の善玉菌の餌になります。

腸内に存在する善玉菌は、オリゴ糖を餌にする事によって爆発的に増えて行き、便秘や下痢、花粉症やアトピー等の原因となる悪玉菌を攻撃して減らしていきます。

 

意外に思われてしまう方も多いと思いますが、腸には消化吸収や排便の他に、成分合成や代謝機能、食品や大気中に含まれている毒素の解毒、造血作用や自己免疫機能等が有り、腸内環境によって機能が大きく左右されてしまいます。

 

繰り返しますが、腸内の善玉菌は、30バリエーション前後存在し、その時の状況によって不足している善玉菌が違いますし、相性の良いオリゴ糖も違います。

 

オリゴ糖にも沢山の種類が有り、実際に効果が有る種類は、その人の腸内環境によって異なり、一般的なオリゴ糖が「効果なし」と言われる原因でも有ります。

もちろん、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維の両方共、健康増進を目的として摂取するのであれば、良いとは思いますが、根本的な意味で腸内環境を改善するのであれば、腸内の善玉菌に対して直接栄養を与える事が出来、まんべん無く増やす事が出来るカイテキオリゴが理想的だと思います。

 

 

乳酸菌系商品や食物繊維系商品では駄目なの?

昔から、腸内環境を良くすると言うと、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維が挙げられてしまいがちですが、乳酸菌やビフィズス菌は、胃酸で分解されてしまいますし、腸内で繁殖する事は在り得ません。

実際の所、「効かない人」「効く人」にハッキリと別れてしまう可能性が高いです。

 

また、食物繊維は、サプリメントや健康食品で摂取するよりも、豆類や海藻、根菜類や茸類から摂った方が良く、バランスが悪いと便秘が悪化してしまいます。

オリゴ糖に関心を持たれている方の大半は、健康に対して知識が深い方が多く、便秘や美容が気になり出した頃に、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維系の食品やサプリメントを摂取された方が多いと思いますが、そこまで期待する効果は得られなかったと思います。

 

その点、カイテキオリゴは、現在自分のお腹の中の腸内の善玉菌の栄養となり、増やす事が可能ですので、「効果が無い効かない」と言う事は、他のお通じ系の食品やサプリメントと比較しても、可能性は低く抑えられています。

お腹の中に善玉菌が存在していれば、効かないと言う事は考えにくいと言う事です。

 

もし、カイテキオリゴを飲んで「効かない」人は、腸の機能自体が低下してしまっている「弛緩性便秘」を発症してしまっている可能性が高く、食事環境や生活環境自体を改善していく必要が有ります。

 

カイテキオリゴを飲んで「効果が無い」「効かない」と諦めてしまう人に多い共通点

ある程度継続して飲んでいる筈なのに、「効果なし!」と結果が出る前に諦めてしまう方に多い共通点が有ります。

それは、

 

●同じ時間(例えば朝食時のみ)

●同じ量(5gのみや毎回付属スプーン半分等)

●同じ方法(毎回ヨーグルトに混ぜる等)

 

のように、ずっと機械的に飲んでしまっている点で、本当に多いす。

意外かも知れませんが、カイテキオリゴに代表されるオリゴ糖や乳酸菌を使用した健康食品は、毎日同じ飲み方をしてしまうと、腸内の悪玉菌に耐性を付けられてしまう可能性が有り、「腸内環境停滞期」と呼ばれています。

 

腸内環境停滞期とダイエットの停滞期の違いについて

「ダイエットの停滞期」は、「腸内環境停滞期」とは異なり、「恒常性維持機能(ホメオスタシス)」が原因だと言われています。

「腸内環境停滞期」は、急激な食餌制限や食べたり食べなかったりする事によって、身体が危険と判断して強制的に便秘にする状態の事です。

 

カイテキオリゴが効きにくくなる時期が来る事とは違いますので、定期的に飲む時間や飲む量、方法等を変える事が有効的です。

もちろん、毎日継続して同じ飲み方や量等を続けていても、効果がずっと継続する方も居られますので問題は有りません。

 

飲む時間帯に関しては、毎朝ヨーグルトに入れて飲んでいるのでしたら、おやつを食べる時間帯にずらして紅茶に入れてみたり、寝る前に野菜ジュース等に加えて飲んでみても効果的です。

逆に朝しっかりとお腹をすっきりさせたいので、寝る前に飲んでいるのなら、朝飲んでみても良いです。

 

ここは神経質に考えずに気が向いたらで十分で、「先週は朝食の時にカイテキオリゴを紅茶に入れて飲んでたし、今週はおやつの時にフルーツグラノーラに入れてみよう♪」と言う気軽な感じで十分です。

個人的には週単位でローテーションしていくと、「最近効かないな・・・」と思う事も今の所は有りません。

 

普段から快便傾向にあったり、「どちらかと言うと軟便傾向」の人に多いのですが、カイテキオリゴの効果が「出過ぎてしまう」と感じられている方は、睡眠の妨げになったり、仕事に差し支えたりしないように時間を逆算してから飲む等をして時間を変えた方が良いです。

不安な方は、夜ご飯の時辺りに飲んでみて、様子を見てみるのがオススメです。

 

飲む量を変える時は、そのまま増やすよりも、数日間飲まないか減らしてからの方が効果的です。

先ほどでも触れましたが、毎日同じ分量を飲む事で悪玉菌に耐性が出来てしまいますので、意図的に善玉菌の量を減らしてしまう事が目的です。

 

善玉菌がある程度減って来た所で一気に、たたみ掛けるようにして悪玉菌を減らします。

量を減らす期間やタイミングには、個人差が有ると思いますが、数日でも良いと思いますし、4~7日位有れば十分過ぎる位だと思います。

 

この時期はカイテキオリゴの量を減らしてしまっているので、オリゴ糖以外の食品で補ってあげると効果的です。

ヨーグルト等の乳酸菌や生野菜や果物等の酵素が摂れる食品、食物繊維の多い野菜等も効果的だと思います。

 

ただ、腸壁を意図的に削って便秘を解消させる成分が含まれているお茶や、腸を刺激して強制的に排便を促してしまう「キャンドルブッシュ」や「センナ」等が大量に含まれている便秘茶系の飲み物は、下剤と変わりありませんので、腸内環境を意識するのであれば、避けるべきだと思います。

確かに、便の何%かは古くなった腸壁が含まれていますが、下剤等を使用して剥がすのは危険過ぎます。

 

腸を刺激して排便を促す成分だと、腸が伸びて「弛緩」してしまったり、「腸内環境」を正常化するのが目的ですので、「本末転倒」です。

非常に勿体無いですし、身体に良い筈は有りません。

 

「効果なし!」と諦める前に、飲む時間・飲む量・飲む方法を定期的に変え、腸内環境を健康的に改善するのが一番の近道だと私は思います。

乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維とは比較出来ない程効率的ですし、カイテキオリゴでしたら、医師や研究所でも推奨している安心感が違います。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

このページの先頭へ