カイテキオリゴは牛乳アレルギーには危険?衝撃の事実 | 便秘解消情報局

カイテキオリゴは牛乳アレルギーには危険?衝撃の事実

<スポンサーリンク>
カイテキオリゴは牛乳アレルギーには危険?衝撃の事実

当記事では、カイテキオリゴが牛乳アレルギーの方でも安心して飲む事が出来るのかどうかについて説明させて頂きます。

「牛乳アレルギー」は文字通り「牛を含め、母乳全般に含まれているアルファS1−カゼインに対してアレルギー反応が出てしまう症状の事で、悩まれている方は多く、年々増加傾向であると言われています。

 

「アルファS1−カゼイン」と呼ばれる物質は、「母乳」に含まれている「タンパク質」の一種です。

もちろん、「牛乳」に対する「アレルギー」の事ですので、強い拒否反応が出てしまった場合、亡くなられてしまうケースも有ります。

 

「牛乳アレルギー」に限らず、アレルギー全般にも言える事ですが、「世間一般的な」認識がまだまだ甘いと感じてしまう場合も多々有り、保育園や学校等で間違えて提供してしまう等の「各種アレルギー問題」は、少しの意識だけで未然に防ぐ事が出来たケースがほとんどです。

一番大切な事は、「正しい知識を持つ事」と「理解を持つ事」だと思います。

 

カイテキオリゴは以前と原材料が大きく変更されました

カイテキオリゴは、定期的に改良されていくのが特徴で、変更前の原材料は「ラフィノース」「ショ糖」のみでした。

ですが、カイテキオリゴには今回新しく「ミルクオリゴ糖」「フラクトオリゴ糖」「イソマルトオリゴ糖」「乳糖」「セロオリゴ糖」「環状オリゴ糖」等が追加されました。

 

牛乳アレルギーの方が心配なのは、「ミルクオリゴ糖」「乳糖」に関してだと思いますが、両成分共に「ミルクに多く含まれている」「母乳に多く含まれている」等が名称の理由ですので、カイテキオリゴに関しては問題有りません。

理由は、成分が自然の「砂糖大根」「ビーツ」から抽出された物ですので、アレルギーの原因となる「アルファS1−カゼイン」等のタンパク質が含まれていないからです。

 

カイテキオリゴは牛乳アレルギーの人には危険?

先ほど説明させて頂きましたが、カイテキオリゴの原材料に新規追加された「乳糖」と「ミルクオリゴ糖」は、カイテキオリゴの場合は、牛乳アレルギーの原因となる「アルファS1−カゼイン」が含まれて居ませんので、問題は有りません。

ですが、「乳糖不耐症」等の過敏症の疑いが有る方に関しては、医師等の専門家に相談した方が間違いは有りません。

 

牛乳アレルギーの原因とカイテキオリゴの成分

繰り返しますが、牛乳アレルギーは食物アレルギーの一種で、直接的な原因と言われているのは、「アルファS1−カゼイン」と言われていますので、カイテキオリゴには牛乳アレルギーの原因物質が含まれていません。

「乳糖不耐症」を「牛乳アレルギー」と混同されてしまう場合も有りますが、違いますので、注意が必要です。

 

カイテキオリゴに含まれる乳糖について

カイテキオリゴに含まれている「乳糖」は「ラクトース」なので、牛乳アレルギーで悩まれている方でも問題なく使用出来ます。

「乳糖」自体は、現在では非常に幅広い加工食品に甘みとして使用されている成分ですので、牛乳アレルギーだからと言って、警戒する必要は有りません。

 

ですが、カイテキオリゴの「乳糖」と「ミルクオリゴ糖」が、牛乳アレルギーと関係無いと言ったとしても信頼し過ぎるのは良く有りません。

何事にも例外はつきものなので、不安な場合は医師等に相談する事も大切です(オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事

 

医師に相談する必要が有ると言われているのは、牛乳アレルギーとは直接関係有りませんが、「乳糖不耐性」に関してです。

乳糖不耐性について補足させて頂きますと、何らかが原因で「乳糖分解酵素」の働きが弱く、文字通り乳糖を消化したり吸収したり出来ない体質の事で、主な症状は「一過性の下痢」ですので、心当たりが有る場合は、注意が必要です

 

カイテキオリゴに含まれる「ミルクオリゴ糖」について

「ミルクオリゴ糖」も「ラクチェロース」と呼ばれるオリゴ糖で、「ガラクトース」と「フルクトース」から構成されています。

乳製品に多くみられるので「ミルクオリゴ糖」と呼ばれているだけですので、牛乳アレルギーとは関係有りませんのでご安心下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ