カイテキオリゴを2歳児に飲ませてあげる時のポイント | 便秘解消情報局

カイテキオリゴを2歳児に飲ませてあげる時のポイント

<スポンサーリンク>
カイテキオリゴを2歳児に飲ませてあげるポイント

最近は、2歳児位のお子様の便秘は多く、まだまだ腸内環境が未熟な状態である事が原因である場合が多いのですが、精神的な物も大きいです。

 

お母さんや周りが「大丈夫かな?大丈夫かな?」と覗きこんでばかりいると、そのストレスから出る物も出なくなる事も多いです。

 

よく、神経質な家族に生まれた赤ちゃんは、神経質に育ってしまうと言う話も良く聞きますね。

カイテキオリゴは国産の高純度のオリゴ糖を使用した健康食品で、放射能測定も第三者機関が行なっていますので、2歳児でも、赤ちゃんでも安心して飲む事が出来ます。

 

ですが、カイテキオリゴに頼るだけでは無く、運動や食事等のように色々な、便秘解消効果の高い事を併用してあげる事で、2歳児の腸内環境をより一層効率よく、正常化させていく事が可能ですね。

 

カイテキオリゴを2歳児に飲ませてあげる前に

先ほどでも少し触れましたが、カイテキオリゴは高純度のオリゴ糖なので、腸内に届くと善玉菌の栄養になるので、爆発的に増殖させる事が可能です。

 

2歳児だけでは有りませんが、まだまだ小さなお子様にの理想的な便秘解消には「食物繊維」「乳製品」「適度な刺激または運動」が必要となって来ます。

 

授乳期~離乳食を経て色々な物に興味を持ち、頑張って食べてくれるようになりましたが、まだまだ腸内環境や腸の発達具合は未熟と言えます。

 

ですが、まだまだ腸内環境が未熟だからこそ、カイテキオリゴのような高純度オリゴ糖で、理想的な腸を作り出す事が出来ると言えます。

 

2歳児位のお子様には、カイテキオリゴだけでは無く「食物繊維」「乳酸菌」「適度な運動または刺激」が大切です

 

「食物繊維」

スーパー等で手軽に手に入れられて特に食物繊維の多い食品をあげていきますので、買い物をされる時に是非、参考にしてみて下さいね。

 

● サツマイモ   ● ニンジン

● トウモロコシ   ●大根

● ほうれん草   ● カボチャ

● キャベツ   ● セロリ

● トマト   ● 茄子

● もやし ● 白菜

 

● いんげん豆    ● えんどう豆

● グリンピース ● ひよこ豆

● 乾燥きくらげ   ● 小豆

● 納豆   ● おから

● 大豆  ● 味噌

● しそ   ● うずら豆

● とんぶり   ● 栗

 

● ひじき   ● にんにく

● 乾燥しいたけ   ● 明日葉

● 乾燥あおのり   ● ごぼう

● 昆布

 

正直な話、どちらかと言うと2歳児が嫌がりそうな食べ物が多いですが、スーパー等で比較的簡単に手に入りますし、国産の物が多い食品です。

 

カイテキオリゴは本当に上品な甘さで熱や酸に負けない性質が有りますので、積極的に料理に加えると良いですね。

料理の味を壊す事も有りませんし、どんな人でも食べる事が出来るので安心ですからね。

 

2歳児位に食べさせて上げるフルーツでしたら、

● バナナ   ● みかん

● リンゴ   ● プルーン

● もも   ● パイナップル

● 梨   ● いちご

● イチジク   ● ブドウ

等がオススメですね。

 

甘みが少ない場合は、カイテキオリゴをかけてあげたり、カイテキオリゴをまぶしてあげると、上品な甘みが加わるので、2歳児のお子さまでも食べやすいと思います。

また、寒天やコンニャクも良く、寒天とフルーツのデザートや、牛乳にカイテキオリゴを加えて寒天で固めると2歳児位のお子様は喜んで食べてくれると思います。

 

フルーツによっては良く加熱しないと寒天の固まり方が弱くなったり、「酵素」が壊れてしまうので、素直に添えるも良いですね。

 

「乳製品」

乳製品に代表される牛乳は、2歳児位の頃には調節が難しい事が有り、一度に飲みすぎてしまうと、便が硬くなる可能性が高く、ママ友達と話している時も、「便が固くなった気がする」と話される方も多く、発育に良いからと言っても飲ませ過ぎには注意したい所です。

 

ですが、どうしても便秘を解消してあげたい時は、冷たい牛乳は便秘解消にも効果的です。

また、冷たいミネラルウォーターにカイテキオリゴ等を溶かして飲ませてあげると、飲みやすくて効果的です。

 

ヨーグルトには「乳酸菌」が多いのですが、空腹時の濃い胃酸に負けてしまう可能性も有り、腸内での潜伏期間は4日前後と短めです。

カイテキオリゴを入れて食べさせてあげる時は、みかん等も一緒に食べさせてあげるとより効果的です。

 

2歳児のお子様への副作用等が不安な場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

「適度な刺激または運動」

年齢的にそろそろ限界が有るかも知れませんが、綿棒やこよりにべピーオイルを塗って、2歳児の肛門を少しだけ刺激してあげても効果的な時が有ります。

 

独学でやって粘膜を傷つける事が多く、一度担当の方に教えて貰う必要が有ります。

また、同じ体勢で過ごすよりは適度に体勢を変えてあげるのも良いです。

 

この頃は寝転がっている訳では無いので、運動が一番ですね。

そして、排便を習慣的にしてしまう練習も大切で、朝・昼・夜は特に便意が無い時からも排便をする習慣を付けてしまいましょう。

 

遊び感覚で、丁度おへその下位を定期的にマッサージしてあげるのも効果的です。

スキンシップにもなりますし、一石二鳥ですね♪

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ