頑固な便秘の治し方は?朝から色々食べたく無い人向き | 便秘解消情報局

頑固な便秘の治し方は?朝から色々食べたく無い人向き

<スポンサーリンク>
頑固な便秘の治し方は?朝から色々食べたく無い人向き

今回は頑固な便秘の治し方についてですが、

① 定期的に腸を刺激する系の下剤やマグネシウムを使用している人

② センナやキャンドルブッシュ系のお茶やサプリメントを常備している人

③ 自分は便秘体質なので「無理」だと諦めている人

に有効的な方法です。

 

ちなみに私、便秘解消情報局管理人は「帝王切開」「下剤常時服用」「過敏性症候群ガス型」を経験している文字通り便秘のエキスパートでしたが、ちゃんと便秘体質は改善する事は可能です♪

 

● 頑固な便秘の治し方について 朝食の話

意外と軽視されがちですが、コーヒーには腸を刺激する効果が有ります。

「コーヒーエネマ(スリムエネマ)」と言う商品が有り、飲むタイプも市販されています。

 

朝食を抜く派の人は、濃い目のコーヒーや野菜ジュースは必須ですね。

 

理由としては朝食を抜いて栄養が不足してしまうと次に食事が有るのか分からないと錯覚し、「恒常性維持機能(ホメオスタシス)」の働きによって、身体から出来るだけカロリーを出さないようにしていまうからです。

(恒常性維持機能と便秘の関係に関しては、こんなに単純な話では無いのですが・・・)

 

最終手段に近いですが、「下痢する方法【下剤不使用】即効でなんとかして出したい時に」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

◯ 野菜ジュースと摂る本当の理由について

栄養補給をしっかりして恒常性維持機能が原因による便秘を防ぐ役割も有りますが、腸の機能向上に「ビタミンB系」「ビタミンC」が必要だからです。

 

もちろん、「食物繊維」や「リコピン」も頑固な便秘を治す為には有効ですからね。

意外と知られていませんが、「ビタミンC」には腸内細菌を増殖させる働きも有り、「オリゴ糖」等と一緒に摂るとより効果的ですね。

 

「ビタミンC」も「オリゴ糖」と一緒で、摂り過ぎると一過性の下痢を起こす程です。

なので、朝食べたく人は朝一で野菜ジュースを飲んでから、濃くて冷たいコーヒー+「高純度オリゴ糖」が良いですね。

 

あと、頑固な便秘の治し方を探す人に不足しがちなのが、「ビタミンE」と「パントテン酸」ですね。

「ビタミンE」はかぼちゃやアーモンド等に含まれていて、「パントテン酸」は納豆やレバーに含まれています。

 

無理ならサプリメントで探してみるのもひとつの方法ですね。

朝食を抜く人でヨーグルトを好む人が多いのですが、効かない場合は、胃酸や胆汁酸、腸内の常在細菌に乳酸菌が負けている可能性が有ります。

 

水分をしっかり摂って胃酸を和らげたり、「オリゴ糖」や「酪酸菌」等のように、腸内細菌自体を増やす働きが期待出来る物を摂った方が頑固な便秘を治す方法としては効率的です。

プルーンやキダチアロエも効きますが、そこそこお高いので継続はなかなか難しいかも知れません。

 

効率良く便秘体質を解消したい方は、高純度オリゴ糖の「カイテキオリゴ」が効果的です。

個人的には最初の内は、マッサージや規則正しい食生活や運動よりも、お通じがちゃんと出るサイクル作りも大切だと思います。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ