下剤に依存してしまった人は便秘解消を諦めるべき? | 便秘解消情報局

下剤に依存してしまった人は便秘解消を諦めるべき?

<スポンサーリンク>
下剤に依存してしまった人は便秘解消を諦めるべき?

最初は真剣に便秘を解消したいと思い、便秘薬を服用し初め、とりあえず今腸内に存在する便を強制的に体外に排出する。

一般的に市販されている下剤は、腸を刺激する事によってしか効果を発揮する事は出来ません。

 

その結果、腸の機能は大きく低下し、下剤の効果は徐々に低下してしまう。

便秘と下剤による強制排便が習慣的になってしまうと言う方は非常に多いです。

 

下剤は身体だけでも無く、精神も依存し易い

「下剤を飲んでいないと不安」

「もう、下剤がないと排便できない」

 

このように感じてしまい、下剤無しには排便が出来ない「依存」で悩まされている方が増えています。

ストレスや食生活とも大きく関係してしまい、野菜を食べる量が少ない事も大きく関係していますが、排便にも気持ちの「ゆとり」が必要です。

 

下剤は腸が弛緩する点が危険です

もちろん、「大腸がん」や「開腹手術後の癒着」が原因でも、便が通りにくくなる事が原因で下剤を使用している方も居ます。

決してそれが悪いとは言えません。

 

便秘の根本的な治療は、腸を刺激して強制排出する事しか出来ない下剤では出来ません。

毎日の食事や生活習慣、腸内環境の改善に良い「乳酸菌」「食物繊維」そして、腸内の善玉菌に対し、直接的な栄養となる「高純度オリゴ糖」を意識して取り入れる事が一番有効的です。

 

逆に言うと、腸内環境を整え、腸内の善玉菌を増やしておく以外には方法は存在しません。

 

下剤依存から抜け出す為に

既にある程度下剤を常用してしまい腸が「弛緩」してしまった状態で、どうしても止められない状態である場合は、「下剤を止める」事自体がストレスや不安を招いています可能性も有ります。

 

最初の内は、腸内の善玉菌を増殖させる事によって便を柔らかくし、ゆっくりでも良いので、排便し易い腸内環境を作り、無理の無い程度に下剤の回数を減らしていきます。

ゆっくり、あせらず、あきらめず、確実に下剤の量を減らしてみて下さい。

 

まずは、腸の健康を取り戻して下剤の依存を減らす事が大事です。

下剤で排便した後は、必要な腸内細菌も排出されていますので、約1ヶ月の腸の養生が必要です。

 

高純度のオリゴ糖を使うと早く腸内環境が整います。

オリゴ糖を栄養として善玉菌が増殖されますし、善玉菌がふえることで腸内の修復も進みます。

 

腸内環境が整うと便秘も下痢もしなくなって、排便していくことで下剤への依存を改善しています。

善玉菌の増殖で腸が元気に活動し始める事が出来ますし、下剤に依存しなければ腸の蠕動運動が復活してきます。

 

健康被害等が気になる場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

何故、高純度オリゴ糖が下剤依存にも良いのか

快便に必要不可欠とも言える善玉菌は、下剤に依存している状態のままでは、定着出来ません。

腸内細菌にもバランスが有り、善玉菌の数が減れば、自然と悪玉菌の数が増殖してしまい、大繁殖してしまいます。

 

もちろん、高純度オリゴ糖を下剤との併用目的で飲む事は「非効率的」過ぎますが、まだ軽度の下剤の依存程度(月一位の頻度)でしたら、高純度のオリゴ糖で腸内の善玉菌の比率を増やし、自然な排便を目指しながら、下剤の減量が可能です。

 

市販されているオリゴ糖配合食品では、殆ど意味は有りません

残念ながら、一般的に市販されているようなシロップや加糖されている名前ばかりのオリゴ糖では、本来の意味でのオリゴ糖の効果を実感する事は出来ません。

 

ですが、本当の意味での高純度オリゴ糖であれば、下剤のように腸にダメージを与える事は有りませんし、腸の善玉菌の栄養になりますので、爆発的に繁殖します。

結果的には、下剤の依存であれた粘膜の修復を助ける事も可能です。

 

高純度オリゴ糖に関しては、「カイテキオリゴ」と呼ばれるオリゴ糖食品が一番効果的で、日本で一番の売上げを何年も持続しています。

理由は簡単で、他に市販されている高純度オリゴ糖とは全く効き方が違うからです。

 

他のオリゴ糖とは異なる要因は沢山有りますが、唯一「EOS理論」を採用した食品である事も大きいです。

それでも、頭では理解していたとしても、いざ、下剤依存を無くすとなると不安も有ると思います。

 

使用期間が長ければ長い程、やめるにも期間が必要なものです。

下剤の依存から開放されると身体の調子も大きく変化します。

 

爽やかな朝から始まる1日をイメージしましょう。

腸内環境が悪化した状態ですので、初めの内は多めに摂取してしまって下剤に依存せずに善玉菌を増やす事で排便する事で、自然な排便を目指してみて下さい。

 

気持ちにゆとりを持って、結果を急がず、下剤に依存せず、休日前を利用するといいですね。

ゆっくり、しっかり、腸から元気になりましょう。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ