下剤無しで便を柔らかくする方法について | 便秘解消情報局

下剤無しで便を柔らかくする方法について

<スポンサーリンク>
下剤無しで便を柔らかくする方法について

「下剤をやめたい、だけどいい方法がみつからなくて何年も便秘が続いたままでいる方や、忙しい毎日で、少しでも時間が欲しいとお通じの時間が確保出来ていない方も多いです。

ストレス世代を中心に「下剤依存」広がっています。

 

共通して言える事は「下剤は止めた方が良い」と言う理解は確実に有るのに止められない事です。

下剤が無いと精神的にも不安になってしまう状態です。

 

下剤依存は何故起こる?

秒刻みのようにさえ感じてしまう日々のスケジュールの中、たとえ便意が有ったとしても、「今は駄目、後で」と言った感じで後回しにしてしまいがちです。

ですが、便は肛門付近に停滞すればする程、水分含有率は低下してしまい、排便する事自体が困難になって来ます。

 

柔らかい便を出そうとしていたのにも関わらず、我慢してしまって便秘になってしまう。

便が長時間腸内に滞在している場合は、悪玉菌は増殖していく一方ですので、「二酸化硫黄」「アンモニア」「酪酸」「硫化水素」「リン化水素」「インドール」「スカドール」「二酸化硫」等のおならや口臭の元になる悪臭が過剰生成されてしまいます。

 

腸内でガスが異常発生し、お腹が張って来てしまうと、人の居る所でオナラが出ないかと心配になると思います。

そう言った経験も有り、いつの間にか下剤が必需品になってしまうと言う方が多いです。

 

下剤依存体質を改善する為に出来る事

もちろん下剤は止めたいけれど、下剤を止められない場合、どうする事が一番効率的なのかが気になると思います。

今まで下剤無しでは出来なかった排便を、今度は下剤無しで行う必要が有りますからね。

 

そえだけでは無く、現在よりも便を柔らかくする事が必要になりますからね。

お腹が張ってしまう時は、先ほどでも触れさせて頂いたような有害な物質を含むオナラが、腸に閉じ込められている状態です。

 

悪臭とも言える臭いがありますが、その原因の殆どは腸内細菌によるものです。

腸内細菌を適切な比率に戻す事が出来れば、必然的に便は柔らかくなり、オナラで悩まされる心配も無くなります。

 

お腹が張らないようにする為には、便意を逃さない事も大切ですが、忘れてしまっていても、自然な排便が出来るように、腸内環境を最適な状態に持って行く事が大切です。

下剤による強制的な排便では得られる事が無かった、自然な排便を思い出して頂ける筈です。

 

ある意味最終手段、「下痢する方法【下剤不使用】即効でなんとかして出したい時に」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

下剤無しで、確実に排便を取り戻す為に

一般的に使用されている下剤は、腸を強制的に刺激し排便を促す物、腸に身体中の水分を集める事によって、軟便や水様便にして排便を促す物が主です。

注意するべき事は、身体もそうですが、腸も刺激には慣れてしまう事です。

 

その事が原因で、下剤は定期的に量を増やさないと便意すら感じなくなります。

もちろん、乳酸菌や食物繊維も長期的な目線での腸内環境の正常化には有効です。

 

ですが、乳酸菌自体は身体にとって「菌」でしか無く、体内の消化液や腸内環境に攻撃されるので定着する可能性は低いです。

下剤の使用によって機能が低下した状態のまま食物繊維を摂ったとしても、なかなか結果に結び付かないのが実際の所です。

 

そう言った場合には、現在腸内に生存する善玉菌自体に適切な栄養を与え、増やす事が一番効率的だと言えます。

その為には、高純度オリゴ糖が有効的でしたが、オリゴ糖自体沢山の種類が存在し、腸内環境によってはそこまで効果が期待出来ませんでした。

 

シロップ等の加糖タイプのオリゴ糖では純度が低く意味が無い場合が殆どですし、人工糖分も多く逆効果でした。

この事から下剤依存に最適な高純度オリゴ糖を見つける事が難しかったのですが、「EOS理論」が提案されてから、どのような腸内環境に対しても対応出来るようになりました。

 

その「EOS理論」に基いて製造されたのは「カイテキオリゴ」しか無く、日本で一番の販売実績を誇る高純度オリゴ糖です。

便意がなくなって下剤がやめられないなら、毎日の食事を意識し、ある程度継続して摂取する事が一番効率的です。

 

便が柔らかくなり易く、簡単に快便体質を手に入る事が可能です。

毎日の食事に高純度オリゴ糖をプラスすると、下剤で失われた善玉菌を増やせるので腸内環境が整い、便を柔らかくする善玉菌が増殖していきます。

 

それだけでも十分に効果的ですが、排便にはある程度の筋力も必要です。

お散歩やウォーキングもいいですし、軽い腹筋も効果的です。

 

もちろん、休養も取って下さいね。

下剤を止める為には、腸内環境を整えることが大事です。

 

生活を見直し、快便体質で健康的な身体を取り戻して下さいね。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ