酸化マグネシウムは便秘に良くて安全?その考えは怖いです | 便秘解消情報局

酸化マグネシウムは便秘に良くて安全?その考えは怖いです

<スポンサーリンク>
酸化マグネシウムは便秘に良くて安全?その考えは怖いです

文字通り、酸化したマグネシウムの事で、病院でも処方されたり、薬局等でも比較的簡単に入手する事が出来ます。

もちろん、一般的で人気の高い下剤に含まれている

 

「アントラキノン」

「ダイオウ」「アロエ」「センナ(カスカラサグラダ)」「ルバーブ」

 

「ジフェニルメタン」

「ピコスルファートナトリウム」「ビサコジル」

 

のような2種類に代表される「刺激性」では無く、「機械性」の「塩類系」下剤と呼ばれ、「浸透圧性下剤」と呼ばれる場合も有ります。

結局の所、「薬」に違いは無く、体質的な意味で便秘を改善する事は出来ません。

 

酸化マグネシウム(浸透圧性下剤)の仕組み

腸に到達すると、「浸透圧」によって腸管内に水分を集め、固くなって排便が困難になってしまった便の水分含有率を上げ、一時的に便秘を改善する事が目的です。

 

逆に、先ほど触れさせて頂きました「アントラキノン」や「ジフェニルメタン」等の刺激性の下剤は、大腸に強い刺激を与え、「蠕動運動(ぜんどううんどう)」を促し、一時的に便秘を改善してくれます。

 

酸化マグネシウムのような「機械性」の下剤は、「刺激性」の下剤と比較した場合は、安全性が高いと言う意味ですので、そこの部分だけ広がり、「酸化マグネシウムは安全」だと誤解されているだけの話です。

 

また、「浸透圧性下剤」には酸化マグネシウムのような「塩類」の他に、「糖類」による物が有りますが、仕組み的に言うとほぼ同じで、便秘解消効果については、「塩類」の方が強い印象です。

その他には「硫酸」「クエン酸」等の「浸透圧性下剤」が有ります。

 

酸化マグネシウムの副作用

「高マグネシウム血症」「下痢」「倦怠感」「嘔吐感」「嘔吐」「むかつき」「息苦しさ」「皮膚や粘膜の異常」「筋力低下」「貧血に似た症状」「赤い発疹」「目が開きにくくなる」「眠気」

 

機械性下剤のその他便秘薬

「刺激性下剤」は腸を強く刺激して便秘を一時的に改善するのが目的ですが、「機械性下剤」は酸化マグネシウムのように、浸透圧の働き腸管内に水分を集める下剤だけでは有りません。

他には、「膨張性」「湿潤性」「座薬」が存在します。

 

体質的に便秘が治る事は無い

いくら「刺激性下剤」よりも安全性が高いと言っても、便秘の原因を根本的に改善する事が出来なければ、数日単位で酸化マグネシウムを摂取しなければならない事になってしまいますし、便秘の原因となる悪玉菌の比率が下がる事も在り得ません。

 

この時に、乳酸菌や食物繊維を極端に摂ろうとされる方も多いのですが、乳酸菌は胃や腸でほぼ死滅しますし、「生きて腸に届く」所で、誰の腸内でも定着するとは考えにくいです。

 

その場合は、現在腸内に存在する善玉菌の栄養となり、最も効率良く増やす事が出来る「高純度オリゴ糖」の方が、賢い選択だと思います。

もし宜しければ、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

One Response to “酸化マグネシウムは便秘に良くて安全?その考えは怖いです”

  1. […] 的簡単に入手する事が出来ます。 もちろん、一般的で人気の高い下剤に含まれている 「アントラキノン」 「ダイオウ」「アロエ」「センナ(カスカラサグラダ)」「 …(続きを読む) […]

コメントを残す

このページの先頭へ