下痢や腹痛の繰り返し、腸と乳酸菌について | 便秘解消情報局

下痢や腹痛の繰り返し、腸と乳酸菌について

<スポンサーリンク>
下痢や腹痛の繰り返し、腸と乳酸菌について

腸内環境は、適切な対策を取らない限り、今までの食生活や母体から引き継いだ腸内細菌によって大きく左右されてしまいます。

また、中学生の頃位から緊張が続くと決まって腹痛と下痢に悩まされ、旅行中は便秘で学校が始まると腹痛と言う場合も有ります。

 

腸は精神的な物にも敏感に反応します

例えば、満員電車が嫌で苦痛にってしまい、通勤途中にも関わらず腹痛が起き、耐えられずに途中下車をしてしまう方も居られます。

この症状が悪化してしまった場合、利用するどの駅のトイレの場所も調べておかないと不安で仕方無くなります。

 

満員電車でなくても出社すると思うと腹痛になる。

研修中もよく腹痛を我慢していましたが、仕事で叱られることが続いた朝、腹痛で動けなくなり欠勤したと言う方も居ます。

 

「腸は第二の脳」とも言われていて、「精神状態」に対しても敏感に反映します。

もし、その精神的な物が原因で下痢を起こしてしまう場合「過敏性腸症候群下痢型」と呼ばれている病気を発症してしまっている可能性が高く、とても多い病気です。

 

もちろん、下痢が続く場合や、便秘と交互で起こる場合も有り、症状が下痢だけに限定されません。

 

過敏性腸症候群ガス型はどのような病気なのか

過敏性腸症候群は、精神的な不安やストレス等によって引き起こされてしまう事が多い病気です。

脳に残る強烈な記憶等が腸を過敏にさせてしまいます。

 

恐怖感や不安等がよぎった時に腸に影響し、反応してしまう事が多いです。

過敏性腸症候群には、先ほど説明させて頂いた下痢型以外にも、「便秘型」「ガス型」「混合型」が存在します。

 

過敏性腸症候群の原因は、主にストレスで腸ではありません。

過敏性腸症候群を発症させてしまい易い傾向にある方は性格的に「おとなしく」「真面目」「几帳面」である方に多く、そして責任感の強い方に多いです。

 

過敏性腸症候群下痢型の原因について

幼い頃の排便等についてだけでなく、辛い経験等の記憶に対し、腸が過敏に反応してしまっている場合が、傾向としては多いです。

ストレスによって自律神経が乱れてしまうと、全身症状にも繋がってしまうケースも有ります。

 

過敏性腸症候群下痢型は不安やストレスが原因ですが、その事がストレスになってしまい、より症状が悪化してしまう場合が多いのも特徴です。

 

過敏性腸症候群下痢型を改善する為に

リフレッシュに繋がるような軽い運動や、胃腸に優しい食生活に改善する等でも症状が改善される事が有ります。

確かに、精神的な物が大きく関係して来ますが、腸内環境を良くする事も非常に有効的です。

 

もちろん、ビールやコーラ等の炭酸は、弱った腸粘膜を刺激し過ぎてしまいますし、食物繊維の中でも比較的固い物や、消化の悪い食品、胡椒や唐辛子等のような刺激物は避けた方が良いです。

また、腸が弱ってしまっている場合が多いので、腸内環境を整える為に乳酸菌をたっぷり摂る事や、繊維質が柔らかめの食物繊維やドリンクタイプ、サプリメントタイプ等も有効的です。

 

この場合に注意したい事は、「乳酸菌」「食物繊維」共に、効果が実感出来るまでにある程度以上の時間が必要になりますし、腸内環境によって意味は無いと言う事です。

腸内環境は人それぞれ違いますからね。

 

では、下痢と腹痛の繰り返しはどうするのが一番なのか

先程も説明させて頂きましたが、腸内環境や善玉菌の種類は、住んでいる地域や普段の食事、母親の腸内環境や体調によって異なります。

乳酸菌は胃酸で分解されて減ってしまい、腸内の善玉菌に攻撃されてしまいますので、現在腸内に生きている善玉菌を高純度オリゴ糖で増殖させるのが早道です。

 

普通のオリゴ糖では逆効果

オリゴ糖商品は通販限定の物からスーパーや薬局で気軽に購入出来る物まで沢山有ります。

スーパーや薬局で購入出来る物は、オリゴ糖の純度や割合が低い場合が多く、殆どが砂糖等の甘味料です。

 

これでは、腸内環境を改善出来る量のオリゴ糖を摂取する事自体が困難です。

また、高純度オリゴ糖商品も有りますが、単一または数種類程度のオリゴ糖を高純度で配合している場合が殆どです。

 

腸内環境を適切にする為には、高純度オリゴ糖である事と、どんな腸内環境にも適応出来るだけの種類を配合した物を選ぶ必要が有ります。

「カイテキオリゴ」は30種類以上の高純度オリゴ糖を使用し、どの腸内環境にも対応出来る「EOS理論」を唯一取り入れているのが最大の特徴です。

 

もちろん、毎日の食事の中で、乳酸菌を腸に取り込れる時に、少量づつでも高純度オリゴ糖を並行して摂取する事が出来れば、より早く増殖しやすいです。

腸内で善玉菌を増やし、消化の良い食事を意識して摂取し続ける事で、傷ついた腸の組織を修復し、確実に腸内環境を整えていきます。

 

効くのか不安な場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

下痢の後はとても腸が傷ついています。

いくらのどごし等がスッキリするとしても、冷たい物を飲んだり刺激物を食べないで下さいね。

 

一緒に傷ついていた胃腸をいたわることで、腸内環境を整えて体調を取り戻していきましょう。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ