腸が弱く、下痢で悩む原因と改善策について | 便秘解消情報局

腸が弱く、下痢で悩む原因と改善策について

<スポンサーリンク>
腸が弱く、下痢で悩む原因と改善策について

ひとくくりに「腸が弱い」と言っても、人それぞれ原因と改善方法が存在します。

原因も沢山有りますし、それぞれが重複する場合もあります。

 

今まで気付く事が出来なかったにしろ、原因を見つけて改善する事が出来れば、比較的簡単に「腸が弱い」事は改善出来ます。

改善する事が出来れば、腸が弱かった事を気にする必要は無くなり、今まで諦めてしまいがちだった色々な事に関してもチャレンジ出来るようになります。

 

腸が弱い事は、本当に諦めるべきなのか

突然ですが、「腸が弱い」と感じてしまうのは、どのような時が多いですか?

一般的な原因と改善方法について考えてみましょう。

 

腸が「冷える」事によって、腸内の悪玉菌は一気に増殖してしまい、下痢をし易い状態になります。

この事が原因で「腸が弱い」と感じてしまう方がとても多いです。

 

もちろん、夏であっても、身体を冷やし過ぎない配慮は必要です。

「腸が弱い」と感じる人も「腸が弱い」からだと諦めずに最低限の保温を行う習慣をつける事が大切です。

 

汗が乾くときに「冷える」事も、大きな原因の一つだと言われています。

あまり薄着になる事を避けたり、タオルを使う等の工夫をして「冷えない」改善策を夏にも続ける事は大切です。

 

「腸を弱くする」原因の一つが「冷え」ですが、最大の原因は「腸内細菌」です。

日々の生活の中で「保温」を意識する事も大切ですが、腸内の善玉菌の数が少ないままだと本来の意味で改善する事は難しくなります。

 

腸内の善玉菌の数を増やし、悪玉菌の数に負けない強い腸にする事が近道です。

 

腸内細菌と下痢体質の関連性

一般的に善玉菌といえば「ヨーグルト」等の乳酸菌かも知れませんが、「冷やした状態の食品」を摂取する事には変わりありません。

特に「腸が弱っている」時は、下痢の原因になりがちです。

 

飲食で腸内の温度を下げ、「冷やす」事による刺激を与えない事を意識する事も「腸が弱っている」時には改善への重要な要素になります。

「ヨーグルト」等の乳酸菌がどうしても苦手だと感じる方も多いですね。

 

その場合は、発酵食品の味噌等を使った温かい味噌汁は、お腹もほどよく温め保温出来ますので、これも改善策の一つになります。

また、「腸が弱い」と悩まれている方は、「あまり沢山の量を食べれない人」が多いです。

 

必然的に発酵食品等から善玉菌を摂取出来にくくなり、「腸が弱い」と感じる原因になります。

簡単で最も有効的な改善策としては、腸内に存在する比率が少なくなってしまった善玉菌に対して直接的な栄養源になり、善玉菌を増殖させる事が出来る高純度オリゴ糖が最適です。

 

「カイテキオリゴ」のように粉末のオリゴ糖であれば、計量スプーンが付属していますので、毎日の食事のメニューや飲み物にかけるだけでも十分に効果的です。

こういった習慣を付ける事によって、善玉菌が確実に増殖し、改善策になります。

 

カイテキオリゴの画像

 

特に心当たりが無いのに下痢が続く場合

食事バランスも良好でお腹の冷え等も無い場合、ストレスや不安等によって下痢が引き起こされている可能性が有ります。

近年、病気として国際的にも認知され初めて来ている「過敏性腸症候群」と言う病気です。

 

「過敏性腸症候群」にも「便秘型」「下痢型」「ガス型」「分泌液型」「混合型」が存在し、特に「混合型」は、ストレスが強い期間に便秘になります。

緊張がほぐれると一転して下痢になる事も有り、その時に激しい腹痛や吐き気が起こる事も有り、原因が続く間は便秘と下痢を繰り返してしまいます。

 

過敏性腸症候群下痢型について

「過敏性腸症候群」の「下痢型」は、ストレスを原因として激しい腹痛や吐き気が起こる病気です。

腸が急激に「蠕動運動(ぜんどううんどう)」を始め、身体に必要な水分まで排便してしまいます。

 

ですが、原因はストレスである事が多く、腸自体には原因が無い場合が殆どです。

ですが、「腸が弱く」なってしまっている方は、普段からこまめな水分補給が必要になります。

 

お腹を温める温かい飲み物やスープも症状を改善してくれます。

「過敏性腸症候群」の「下痢型」が原因でお腹がギュルギュル鳴りだしたら「ゆっくりとした深呼吸を繰り返してみる」のも一つです。

 

「これが終わったら〇〇をしよう」など、緊張し過ぎない事も改善策になります。

「過敏性腸症候群」はストレスが原因ですので、改善にはリラックスが一番必要です。

 

世界的にも多く見られ転職などで改善することも多いです。

 

過敏性腸症候群では無い場合

子供の頃から「腸が弱い」体質の方の中には、何かの食べ物の成分の消化吸収や分解ができない体質が原因の場合もあります。

身体と相性の悪い食品を把握し、他の食品で代用する事も改善策の一つです。

 

子供の頃から下痢しがちですが、腸自体に病気が無いと言う場合は、「過敏性腸症候群」の「下痢型」の可能性があります。

小さな心を痛めたトラウマがフラッシュバックする時や、精神的なストレス等によって下痢が起きてしまいますので、「腸が弱い」ように感じてしまうと言う事です。

 

「過敏性腸症候群」を発症してしまう方の大半は成人した方ですが、当然、子供であっても発症する可能性は有ります。

この場合も原因として大きいのは、ストレスです。

 

家族や周囲の理解によって安心させてあげる事で、改善させてあげたいですね。

 

蕁麻疹(じんましん)が出やすい方は注意

「蕁麻疹(じんましん)」が出やすい体質の方は、症状が出てしまう時、腸にも「蕁麻疹(じんましん)」の症状が出てしまい、腸が過敏に反応し、腹痛と下痢が起こり場合が有ると言われています。

 

これはもちろん、腸の内部を確認する事が出来ない以上、断言出来る事では有りません。

 

下痢が起きてしまった場合の安静期間

「飲み過ぎ、食べ過ぎ」で下痢をしてしまった場合、腸の静養には約1ヶ月近く必要です。

この時に、腸を回復しないと悪循環を起こし「腸が弱く」なる原因になります。

 

腸を回復するまでの間は特に「腸が弱い」状態です。

刺激物や油物、飲酒、タバコ、消化の悪い物は「腸の弱い」間は避けた方が良いです。

 

不規則な生活も負担がかかります。

生活改善は早いほうが良いに越した事は有りません。

 

処方されている薬による副作用

「精神安定剤」「鎮痛剤」等、薬の副作用で「薬剤性の下痢」が起きる場合が有ります。

下痢は元々、体内に侵入した「異物」「外敵」を出来るだけ早く体外に排出する為の物ですので、「下痢止め」を服用して本来の自浄作用が出来なくなってしまう場合も有ります。

 

薬の副作用による下痢の場合はとくに自然な整腸剤として「乳酸菌」「食物繊維」「高純度オリゴ糖」が人気ですね。

腸が弱っている時に、消化の出来ない「食物繊維」を摂り過ぎてしまうのは考えものですし、「乳酸菌」は胃酸や胆汁酸に弱く、腸に届く事は稀です。

 

乳酸菌が生きて届いたとしても、腸内細菌に攻撃されます。

ですが、高純度オリゴ糖でしたら、腸内に存在する善玉菌の直接的な意味での栄養になりますので、増やす事が可能です。

 

もちろん、「腸が弱っている」時にも使え、最も理に勝っています。

 

純度の重要性については、「高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?」の記事も参考にして頂けると幸いです。

オリゴ糖選びの重要性

現在市販されているほぼ全てのオリゴ糖は、コストの関係で合成甘味料等を加えています。

その合成甘味料等の関係で、体質によっては、逆に下痢をお越し易いので「腸が弱っている」人には、本当の意味での高純度のオリゴ糖がお腹にも安心です。

 

高純度オリゴ糖を製造する為には、それなりに製造コストが必要になります。

時々、高純度オリゴ糖商品が格安で販売されていますが、それは、単種〜数種類程度のオリゴ糖を配合しているからです。

 

単種〜数種程度の高純度オリゴ糖では、効く方と効かない方に分かれます。

それは、生きて腸に届く乳酸菌と同じく、届いたとしてもそれを必要とする腸内環境では意味が無いからです。

 

この、「高純度」である事と、「多数の高純度オリゴ糖」をクリアしているのは、「カイテキオリゴ」だけです。

「EOS理論」に基いて製造されていますので、30種類以上の高純度オリゴ糖で構成されていて、どのような腸内環境にも対して、最も必要とされているオリゴ糖で対応出来るように配合されています。

 

「腸が弱い」と感じる間は身体を温め、並行して電解質の入った冷たくない飲み物を少しづつ、飲んで水分補給するのが効果的です。

食材は柔らかく消化の良いものを温かくしてよく噛んで摂取すると回復が早いです。

 

「腸が弱い」と栄養が取りにくかったり、免疫力が低下してしまったりしますので、腸内環境を整えながら、思い当たる節があれば、その点の改善も行ってみて下さい。

身体の中から改善していく事によって将来は変えられます。

 

決して最後まで諦める事無く「元気な腸」を取り戻し、色々な楽しい事にチャレンジしてみて下さい!

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ