乳酸菌革命は花粉症にも効くの?花粉症と乳酸菌の関係について | 便秘解消情報局

乳酸菌革命は花粉症にも効くの?花粉症と乳酸菌の関係について

<スポンサーリンク>
乳酸菌革命は花粉症にも効くの?花粉症と乳酸菌の関係について

乳酸菌革命に含まれている乳酸菌は、花粉症やアトピー症状の改善に一定以上の効果が有るには理由が有ります。

花粉症やアトピーと言った症状は、免疫機能(ヘルパーT細胞)が過剰に働いた時に起きます。

 

意外と知られて居ませんが、乳酸菌革命に含まれている乳酸菌には、この免疫機能の過剰分泌を抑える働きが有ります。

なので、花粉症やアトピーの方が乳酸菌革命を飲むと症状が治まる人が居ると言うのは本当で、ヨーグルト等の各種乳酸菌食品は毎日摂りたい所ですね。

 

乳酸菌革命は花粉症に効くの?善玉菌との関係について

花粉症やアトピー等の症状と腸内細菌との関係について、なかなか結びつきにくいかも知れないので、少しだけ捕捉させて頂きますと、花粉症等のアレルギー物質は鼻や口から体内に侵入するのですが、腸へと侵入して行った時に腸内に悪玉菌が多い状態だと、免疫を機能をコントロールする乳酸菌が少ないので、免疫機能が過剰に働き、花粉症等のアレルギー反応が起きてしまうと言う訳です。

 

免疫機能(ヘルパーT細胞)には2種類有り、「Th1」と「Th2」が存在します。

花粉症やアトピーの人は、この2種類の内の「Th2」の割合が多いと言う研究結果が有ります。

 

そして、この「Th2」を増える事を抑える働きが有るのが、腸内の乳酸菌です。

花粉症やアトピーで悩んでいる人は便秘でも悩んでいる場合が多いのはこの為ですね。

 

乳酸菌革命は花粉症に効くの?一体どれ位摂れば良いのか?

花粉症やアトピー等のアレルギー症状は人によって重さが違いますし、その人の腸内環境によっても違います。

それに、現代の医学では乳酸菌と花粉症やアトピーとの関係は分かっていても、どれくらい摂るのが一番効果的なのかまでは分かっていないのが現実です(2013年7月27日現在)

 

なので、花粉症やアトピーで悩まれているのであれば、乳酸菌革命だけでは無く、ヨーグルト等の乳酸菌が豊富に含まれている食品を摂って頂きたいです。

 

理由は簡単で、乳酸菌は腸内で長くても4日程度しか活動出来ませんので、毎日のように乳酸菌を補充する事が理想です。

IBSに乳酸菌革命は効果的?元過敏性腸症候群ガス型の私が検証します

 

乳酸菌革命は花粉症に効くの?悪玉菌を効果的に減らすには?

腸内の悪玉菌を減らすには、腸内環境の正常が大切で、花粉症やアトピーを改善する事と乳酸菌は密接に関係しています。

通常のヨーグルトや乳酸菌食品には乳酸菌の種類が少ないのが現状です。

 

それに、乳酸菌だけ摂っていてもある一定以上の腸内環境の正常化は見込めますが、やはり、悪玉菌を減らすにはオリゴ糖等の成分も必要不可欠です。

 

ですが、乳酸菌革命には、

「ラクトバチルス・アシドフィルス」

「ラクトバチルス・ブルガリクス」

「ラクトバチルス・ガッセリー」

「ラクトバチルス・ブレビス」

「アシドフィルス・カゼイ」

「ラクトバチルス・ヘルベティカス」

「ビフィズス菌三種」

 

のように、 非常に多くの種類の乳酸菌が含まれていて、更に、「オリゴ糖」「デキストリン」「酵母エキス」等の乳酸菌の働きをより効果的にさせてくれる成分も含まれています。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ