IBSに乳酸菌革命は効果的?元過敏性腸症候群ガス型の私が検証します | 便秘解消情報局

IBSに乳酸菌革命は効果的?元過敏性腸症候群ガス型の私が検証します

<スポンサーリンク>
IBSに乳酸菌革命は効果的?元過敏性腸症候群ガス型の私が検証します

IBS(過敏性腸症候群)は精神的な物と腸内環境が大きく作用しています。

精神的な物と言うのは、仕事や生活環境によるストレスでしたり、忙しさや精神的な余裕の無さから来る睡眠不足や、運動不足から来る自律神経の乱れが大きく関係して来ます。

 

自律神経が乱れてしまった場合、ホルモンバランス等も崩れてしまい、精神的にも腸内環境的にも良くありません。

 

自律の乱れは生理中や妊娠中に分泌される黄体ホルモンも深く関係していて、黄体ホルモンが沢山分泌されると、ホルモンが正常なバランスを保てなくなり、自律神経が乱れてIBS(過敏性腸症候群)が酷くなるケースも多いです。

 

IBS(過敏性腸症候群)が酷くなったからと言っても、赤ちゃんの事を考えると下剤や便秘薬も飲めなくなるので、非常に辛い時期を耐えなくてはならない事になります。

 

IBS(過敏性腸症候群)に乳酸菌革命は効果的?

IBS(過敏性腸症候群)でお悩みの方でしたらご存知かと思いますが、その人の腸内環境によって効果の有る乳酸菌と効果の無い乳酸菌は違います。

 

腸内の善玉菌は、その人の生活環境や食事環境によって異なるので、毎日ヨーグルトや乳酸菌やビフィズス菌系のサプリメントを食べたり飲んだりしていても、効く人と効かない人に別れて来ると言う訳です。

 

特にIBS(過敏性腸症候群)で悩む人の腸内環境は、悪玉菌が多くて善玉菌が少ない状態が多いので、より沢山の種類の乳酸菌が必要になって来ます。

乳酸菌革命には、ラクトバチルスが6種類も含まれています。

 

ラクトバチルスは近年新しく発見された乳酸菌の1つで、他の乳酸菌よりもアンチエイジング効果が高く、シミ等の原因となるメラニンの発生を抑え、各種炎症を抑える働きが有ります。

 

乳酸菌革命にはラクトバチルス系の

◯ 「ラクトバチルス・アシドフィルス」

◯ 「ラクトバチルス・ブルガリクス」

◯ 「ラクトバチルス・ガッセリー」

◯ 「ラクトバチルス・ブレビス」

◯ 「ラクトバチルス・カゼイ」

◯ 「ラクトバチルス・ヘルベティカス」が含まれていて、その他にもビフィズス菌が3種類も含まれています。

 

更に、腸内の善玉菌の餌となる事で善玉菌を爆発的に増やして、IBS(過敏性腸症候群)を悪化させる原因の1つを言われている、悪玉菌の発生を抑えてくれるオリゴ糖も含まれています。

その他にも、食物繊維の一種で他の食物繊維よりも粘度が高く、悪玉菌増殖の原因となる油分等を吸着して体外に排出される働きの有る、デキストリンも含まれています。

 

この、乳酸菌革命に含まれているデキストリンは、腸内環境や便秘に効果的だと特定保健用食品として認められている成分です。

また、最近ダイエットや便秘解消、美容等に効果が有ると話題の酵母エキスも含まれていて、腸内環境のみならず、健康にも非常に良い配合ですね。

 

花粉症への効果については、「乳酸菌革命は花粉症にも効くの?花粉症と乳酸菌の関係について」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ