ヨーグルトが食べられない人は、乳酸菌をどう増やす? | 便秘解消情報局

ヨーグルトが食べられない人は、乳酸菌をどう増やす?

<スポンサーリンク>
ヨーグルトが食べられない人は、乳酸菌をどう増やす?

ヨーグルトを摂取すると、お腹が張って来て苦しくなる場合や、市販の整腸剤を摂取しているにも関わらず便秘で悩まされる場合が有ります。

また、「乳糖不耐症」と言う、ラクターゼと言う消化酵素の分泌異常等が原因で、乳製品全般が摂取出来ないと言う方や、乳製品アレルギーの方も居られます。

 

腸内環境の改善には、乳製品が一般的なのかも知れませんが、上記の事で悩む方は腸内細菌を増やす事が出来ないと言う事になります。

この場合に一番効率的なのは、外から善玉菌を摂取する事では無く、腸内に存在する善玉菌に適切な栄養を与え、増やす事です。

 

乳酸菌が効かない理由

乳酸菌は大きく分けると「ラクトバシラス」「リューコノストック」「ラクトコッカス」「エンテロコッカス」「ビフィドバクテリウム」「ペディオコッカス」の6属が存在し、その中にも本当に色々なタイプの乳酸菌が存在します。

 

仮に、家族全員が同じヨーグルトを摂取したとしても、人それぞれ、腸内細菌に適応出来る物と、適応出来ない乳酸菌が存在します。

また、非常に繊細に出来ていますので、「唾液」「胃液」「胆汁酸」「腸液」に分解され、「腸内細菌」から「菌」として攻撃されます。

 

現在市場で販売されている乳酸菌はの殆どは、このような事が原因で効かないと言う事です。

ですので、ヨーグルトが摂取出来ないからと言って、それ程気にする事は有りません。

 

ヨーグルト等の乳製品を摂取しなくても、腸内の善玉菌を増やす方法は存在するからです。

 

乳製品を摂取しているのに効かない場合

先ほどでも少し触れさせて頂きましたように、乳酸菌は非常には様々な種類が存在します。

現在摂取している種類とは異なるヨーグルトに変える事を繰り返していけば、お腹が張らない物が見つかるかもしれません。

 

もちろん、乳酸菌を摂取するのでしたら、ヨーグルトにこだわる必要は有りませんが、それでも非効率的だと言えます。

その場合は、ヨーグルトを摂取出来ない方と同様に、腸内に存在する善玉菌に栄養を与え、増やす事が一番効率的ですし、確実です。

 

それが、出来るのは、特定の高純度オリゴ糖です。

ですが、高純度オリゴ糖なら何でも良いと言う事は決して有りません。

 

副作用等が気になる場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

高純度オリゴ糖選びのコツ

現在市場には沢山のオリゴ糖配合の食品が販売されています。

主に「シロップ状」「錠剤」「粉末」等が大半です。

 

本当の意味で腸内環境を改善したい場合、甘いシロップに微量しか配合されていたり、何かしらの健康食品に添加されている程度の量を摂取するのは避けて下さい。

何かしらの製品に添加されている程度のオリゴ糖では、圧倒的に量が不足していますし、仮に単種か数種類程度のオリゴ糖を配合している位では、腸内環境によっては、あまり影響しません。

 

結論としては、純度が高い粉末のオリゴ糖が一番効果的で、かつ、複数の高純度オリゴ糖を配合している物が良いです。

この条件を満たしているのは、「カイテキオリゴ」と言う30種類以上の高純度オリゴ糖を配合した食品だけです。

 

「EOS理論」に基いて作られた唯一の高純度オリゴ糖ですので、ほぼ全ての腸内環境に対して効果が出るように配合されています。

一般的に販売されている高純度オリゴ糖製品とは、効果が全く違います。

 

乳酸菌系食品は必要無い?

ヨーグルト等の発酵食品に含まれる乳酸菌は、腸の消化吸収の為にとって、必要な物である事には変わりありません。

 

乳酸菌はヨーグルトだけでなく、味噌や醤油、漬物等に含まれていて、「昔ながら」の食事から自然に摂取されて来ました。

ヨーグルトが摂取出来無いのであれば、その他の発酵食品を毎日意識して摂るだけでも健康には良いです。

 

ですが、摂取した乳酸菌の殆どは分解されてしまいますので、あくまで健康や便秘解消の「補助的」な意味合いに留めた方が良いです。

また、高純度のオリゴ糖を使用していますので、ほのかな甘味しか無く、カロリーも砂糖の4分の1以下しか有りません。

 

溶けやすい粉末なので、どんな料理にも合いますし、付属のスプーンを使用すれば軽量簡単です。

本当の意味で理想的な腸内環境を手に入れたい方は、参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ