乳酸菌を腸内で効率良く増殖させる為に? | 便秘解消情報局

乳酸菌を腸内で効率良く増殖させる為に?

<スポンサーリンク>
乳酸菌を腸内で効率良く増殖させる為には?

現在では、約2人に1人位の割合で、何らかの便秘で悩まされているという報告まであります。

潜在的な便秘の悩みを持っている方は、一体どれ位の人数が存在するのかが、正直分からない程多いと推測されています。

 

薬や漢方に頼らない自然排便

最近は、健康に対する意識が高い方が増えている事も有り、「オーガニック」「添加物不使用」等の需要が高まっています。

それと同じ理由で、便秘に関しても「自然治癒力」「免疫機能の向上」「デトックス」「腸内細菌の最適化」等に対して興味が有ると言う方も、年々増えて来ています。

 

少し前でしたら、便秘にはヨーグルト等の乳酸菌や善玉菌系のサプリメント等で対処する事が一般的でしたが、それらの食品では、改善出来る方とそうでない方に大きく別れてしまうと言う事実も解明されて来ました。

 

一般的な善玉菌系食品等では効果が無い理由

最近では、「生きて腸に届く」と言う善玉菌系商品も増えて来ています。

胃液や胆汁酸、腸液等に分解される事無く、腸内の常在細菌からの攻撃からも生き延びると言う、乳酸菌と言う枠を超えた商品も有るみたいです。

 

しかし、私も興味が有って新しい商品を見かけたら購入して摂取するようにしているのですが、私は効果を実感する事が出来ませんでした。

上記のように、乳酸菌は熱や酸等に弱い種類が大半で、腸内に存在出来たとしても、寿命は約4日程度の筈です。

 

理想的な腸内環境を取り戻す為に

何らかの自然志向の考え方に基き、不快な便秘症状を改善しようとしている方が、便秘も下痢もしない身体を手に入れている事は、想像している以上に簡単です。

 

特に「高純度オリゴ糖」は母乳にも含まれている位安全な成分の一つですが、まるで薬ではないかと錯覚してしまう位の確実性が有り、便秘改善策として支持されています。

人間は大昔は、「不溶性食物繊維の塊」とも言える位硬い植物を食べたとしても、腸内細菌が消化吸収し、殆どの祖先が動物と同じように便秘知らずでした。

 

自然の植物と一緒に口に入る「乳酸菌」「オリゴ糖」「食物繊維」を栄養とする善玉菌が、腸に入って来た硬い食物繊維を分解し、最終的には柔らかい便にし、快適な状態で排出して来た歴史が有ります。

つまり、他の動物と同じように、人間は善玉菌が存在しないと腸で消化吸収が出来ないと言う事です。

 

その、先人達の腸内環境を取り戻す為には、「高純度オリゴ糖」が重要な要素になります。

乳酸菌のように摂取した瞬間から分解される事や、食物繊維のように便秘が悪化する可能性も有りません。

 

ですが、高純度オリゴ糖にも選び方が有り、間違えた食品を選んでしまった場合、摂取してもそこまで意味は無いですし、添加物によっては逆効果になってしまいます。

 

高純度オリゴ糖を摂取する理由

現代の食事内容では、理想的な腸内環境に最低限必要な量のオリゴ糖を摂取する事が自体が難しいと言われています。

もちろん、これは、地域性や健康への意識レベルによっても変わります。

 

善玉菌の増殖に必要な量を確保する事が難しく、便秘は現代病であるとも言われています。

その為にも高純度オリゴ糖を摂取する事が、理想的な腸内環境を手に入れる方法の中で最も効率的です。

 

選び方の注意点に関しては、「高純度」で有り、加糖や余分な添加物が含まれていない事、複数の高純度オリゴ糖が配合されている食品を選ぶ必要があります。

市場には沢山の高純度オリゴ糖が販売されていますが、殆どが単種または数種類程度しか配合されておらず、長期的に見ると効かない場合が殆どです。

 

この、高純度で複数の種類のオリゴ糖が配合されている中で、一番効果的なのは、「カイテキオリゴ」と言う食品です。

他の食品とは効き方が全く違う理由の一つに「EOS理論」に基いて配合されている事が有ります。

 

効くのかが不安な場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

「EOS理論」は、今までの高純度オリゴ糖では実現出来なかった「どのような腸内環境に対しても有効」と言う点が大きく異なります。

また、ヨーグルトを食べ比べてみて、便秘を改善できる乳酸菌を探しても、他の発酵食品を試してみても便秘が改善しない場合に重要が高いです。

 

30種類以上の高純度オリゴ糖は腸内の乳酸菌の栄養源として、人間が腸ない環境を整えるのに必要だったものです。

繰り返してしまいますが、オリゴ糖は天然の食品に含まれる乳酸菌の食べ物ですが、量がとても少ないので乳酸菌も腸内で増えにくくなっているものと推測されています。

 

今後は、必要不可欠な成分の一つになる事は間違い有りません。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ