五葉茶購入前に知っておきたい!5種類のハーブの効果と副作用について | 便秘解消情報局

五葉茶購入前に知っておきたい!5種類のハーブの効果と副作用について

<スポンサーリンク>

五葉茶を購入する前に、五葉茶に含まれる代表的な5種類の天然ハーブの効果と副作用について触れていきたいと思います。

 

五葉茶購入前に知りたい天然ハーブ ①

「カッシア・アラタ」

カッシア・アラタは、マメ科の植物で、ガーデニングをされる方の間では「キャンドルブッシュ・ゴールデンキャンドル」と呼ぶ方がピンと来るかも知れませんね。

 

元々インドネシアに多く栽培されていて、便秘や皮膚炎等に効果が有ります。

現地では専ら 「薬用」 として利用する為に栽培されていますね。

 

ビューティプランニングの五葉茶はリピーターが多く、この天然ハーブが五葉茶に採用された理由は、「アントラキノン」 「クリソフェノール」 と呼ばれる、整腸効果の有る成分が含まれているからだと思います。

 

また、抗酸化作用やミネラルやビタミンも豊富に含まれているので、五葉茶に限らず、美容系ハーブティーに含まれていますね。

副作用では無いのですが、一度に取り過ぎると一過性の下痢を起こしてしまうので注意が必要ですね。

 

五葉茶購入前に知りたい天然ハーブ ②

「高麗人参」

あまりに有名なので今更説明の必要は無いのかも知れませんが、中国を中心にロシア東北部から朝鮮半島にかけて幅広く自生しています。

「高麗人参」の他に「朝鮮人参」「人蔘」とも呼ばれています。

 

普通の野菜のにんじんに似た根菜だと思われている方も多いのですが、「高麗人参」は「近類種」と呼ばれる種類で、「にんじん」は「セリ科」なので全く別の種類です。

 

五葉茶に採用された理由は、「サポニン」による整理活性効果だと思います。

糖尿病や動脈硬化、滋養強壮等に効果が有り、「ジンセノサイド」と言う「サポニン群」が根から豊富に摂れます。

 

血圧や神経等を正常な働きに戻す効果が有ると言われていて、五葉茶にも採用せれていますね。

 

副作用とは言いませんが、血圧の高すぎる人や低すぎる人には注意が必要かも知れませんし、風邪や炎症等を引き起こしている時や大きな腫れ物が出来ている時の服用は避けた方が良いと思います。

 

五葉茶購入前に知りたい天然ハーブ ③

「杜仲葉」

中国原産の落葉高木で、6千年前から存在し現在中国にしか有りません。主に樹皮と葉が使用される事が多く、五葉茶には葉が使われています。

 

健康の為に若葉等をお茶として飲む事が多く、カフェインが含まれ無いのでお子さんや妊娠中であっても問題無く飲めます。

五葉茶に採用された理由は、健康維持と美容効果によるものと思います。

 

医薬品にも採用され、腰痛等の関節痛、肝臓・腎臓等の機能向上、血圧の正常化等に効果が有るとされています。

 

五葉茶購入前に知りたい天然ハーブ ④

「ハトムギ」

中国原産のイネ科の穀物で、中国南部からインドシナ半島にかけて多く栽培されています。

植物分類上はトウモロコシに近く、奈良時代位から民間療法や漢方にりようされて来ました。

 

主な効能は利尿作用や抗腫瘍作用、イボ等に効果が有ると言われています

美容にも効果が高く、保湿作用や美白作用も高いと言われています。

 

五葉茶に含まれる理由は栄養価が高く、体の機能向上の為だと思います。

副作用とまではいいませんが、妊娠中は必ずさけるようにして下さい。

 

五葉茶にはハトムギが含まれるので、妊娠中は飲まないようにして下さいね。

 

五葉茶購入前に知りたい天然ハーブ ⑤

「ドクダミ」

五葉茶に含まれるドクダミは古くから「毒矯み」と呼ばれ、「毒を押さえる」と言う意味から来ています。

日本でも山菜や天ぷらにして食べ親しんで来ました。

 

生薬として利用される事が多く、利尿作用や動脈硬化の予防等にも効果が有ると言われています。

 

漢方としては解毒剤として知られています。

五葉茶に採用された理由は、ドクダミに含まれている「フラボノイド」が生活習慣病に効果が有ると言われていて、便秘の原因の1つだと言われている 「外食がちの食生活」 「暴飲暴食」に効果が有るからだと思います。

 

五葉茶の購入される場合、「妊娠中」「出来物が出来ている」「下痢を起こしやすい」「血圧が高すぎる」「血圧が低すぎる」方は購入を控えておいた方が良いと思います。

 

気になる場合は是非一度、かかりつけの病院に相談される事をオススメします。

効くのか不安な場合は、「五葉茶の効果はホント?本音と実際」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ