下腹部痛が起きた時に疑うべき病気と緊急性【必読】 | 便秘解消情報局

下腹部痛が起きた時に疑うべき病気と緊急性【必読】

<スポンサーリンク>
下腹部痛が起きた時に疑うべき病気と緊急性【必読】

下腹部痛の原因が便秘等の排便異常であれば、健康的な腸内環境を意識する事によって大きく改善する事が出来ますが、病気を発症している可能性も有りますので、注意が必要です。

排便異常で下腹部痛が起こる原因の大半は、腸内環境が悪化してしまっている事が原因です。

 

特に便秘が続く方に多く、数日以上停滞してしまう事によって、肛門付近の便の水分が腸管に吸収され、排便する事自体が困難になります。

肛門付近が「蓋」をされているような状態ですので、腸もスムーズに動かなくなり、ガスが停滞してしまいます。

 

このガスが停滞してしまう時に腸管はガスによってパンパンに張りますので、下腹部痛を感じやすく、腐敗化が進んで硬くなってしまった便が原因で痛みを感じる場合も有ります。

皆様こんにちは。ご覧頂き感謝します。便秘解消情報局です。

 

下腹部痛の原因が排便異常であれば、自分で治す事は簡単です。

ただ、自律神経の乱れが原因で起こる「過敏性腸症候群」や腸等の消化器系に異常が起きてしまう「虫垂炎」「腸炎」「潰瘍性大腸炎」「腸閉塞」「腸捻転」「腹膜炎」「大腸がん」「大腸憩室症」等を発症してしまっている可能性も有ります。

 

これらの病気の中には、重症化してしまった場合、命に関わる危険性も出て来てしまいます。

今は違和感が残る位の下腹部痛であったとしても、時間の経過と共に激しい激痛に変わる場合も有りますので、出来るだけ冷静になる事が大切です。

 

また、「尿路結石」「膀胱炎」「膀胱がん」「尿閉」等の尿路や膀胱に異常が有る病気を発症してしまった場合も下腹部痛を感じる場合が有ります。

あまりにも痛みが激しい場合や続く場合は、病院受診するようにして下さい。

 

下腹部痛の原因が過敏性腸症候群による場合

ストレスや不安、過労等が原因で自律神経が乱れ、腸内の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活性化し過ぎてしまったり、逆に不活性化してしまう状態です。

活性化し過ぎてしまう場合は、「ガス型」や「下痢型」を発症している事が多いです。

 

不活性化してしまう場合は、「便秘型」の場合が多いのです。

活性化と不活性化が交互に来てしまい、便秘と下痢やガスが交互に来る「混合型」も存在し、「分類不能型」と呼ばれたり、「交代型」と呼ばれる場合も有ります。

 

比較的右下腹部が痛む事が多いと言われています。

感染性腸炎を発症してしまっている方に発症する傾向が高いと言われていて、下腹部痛と同時に便意を感じたりする事が有ります。

 

腫瘍や炎症が起きている訳では有りませんので、「知覚過敏」の一種と言う意見や「内臓の運動異常」と言う意見も有ります。

もし、通勤時や離席出来ない状況、試験中やプレゼン中のように、緊張やストレス、不安等を感じる状況で変化が多いようでしたら、過敏性腸症候群もしくは、予備軍である可能性が高いです。

 

下腹部痛の原因が虫垂炎による場合

完全に解明されていない部分も有ります。

盲腸自体がリンパ組織を過剰生成してしまったり、異物の侵入、腫瘍の生成等によって入り口部分が炎症を起こしてしまう事によって発症する病気です。

 

特に「急性腹症」は、日本人の5〜6パーセント位は1度は発症するとも言われている病気です。

「虫垂」の場所的に右下腹部痛から始まる事が多いです。

 

医師から処方された訳でも無いのに、「痛み止め」を服薬する等をして痛みを我慢し過ぎてしまった場合、虫垂の破裂、腹膜炎、敗血症の可能性も出て来てしまいます。

右下腹部痛だけでは無く、嘔吐感や嘔吐、食欲が無くなる、発熱する等の症状が表れ易いです。

 

下腹部痛の原因が腸炎による場合

感染や汚染された状態の飲食物を摂取した事によって発症する事が多いです。

手洗いや消毒を怠っている等の不衛生な環境が原因の場合も有ります。

 

衛生管理等に問題が有る飲食店や出店が原因の場合も多く、衛生状態の悪い国や場所等に行く時は注意が必要です。

下腹部痛と発熱、下痢が起こり易いです。

 

1〜2日で収まるのであれば、そこまで心配する必要が無い場合が多いのですが、数日〜1週間以上続く場合は、注意が必要です。

腸炎の原因は、食中毒が1番多いのですが、汚染された川や海の水を飲んだりする事が原因の場合も多いです。

 

また、じゃがいもの芽や青梅、山に自生する茸、寄生虫感染した肉や魚介類、カビや腐敗化が進んだ食品、「生体濃縮」によって中毒を起こす場合や、鮮度低下した大型回遊魚のヒスタミン等も食中毒に含まれています。

 

●「黄色ブドウ球菌」

皮膚の常在細菌ですが、傷口等で繁殖して毒素を生成してしまいます。

●「ボツリヌス菌」

缶詰や加工食品、発酵食品内で繁殖する事が有ります。

●「腸炎ビブリオ」

生の魚介類、汚染された海水がかかった手や調理器具等が原因として多いです。

●「サルモネラ菌」

鶏卵や鶏卵を使用した「手作り系の食品」、鶏肉や鶏の内臓からの感染が多いです。

●「カンピロバクター」

肉類全般と鶏卵、牛乳等が原因になる事が多いです。

●「病原性大腸菌」

汚染された飲食物全般ですので、集団感染する事が多いです。

●「リステリア菌」

食肉加工食品や未加熱の乳酸菌から感染する事が多いです。

●「ウェルシュ菌」

弁当やお惣菜のように事前に調理された飲食物が感染源になる事が多いです。

●「セレウス菌」

空気中や土中、水中等幅広く存在する菌ですので、汚染された飲食物等が感染原になる事が多いです。

●「エルシニア菌」

本来は海水に存在する事が多い菌ですが、様々な場所で繁殖する事が可能で、汚染された飲食物が感染原になる事が多いです。

●「ノロウイルス」

感染した人の嘔吐物や便等を媒介にして感染してしまう事が多く、集団感染になる事が多いです。

●「ロタウィルス」

大人であればB型、乳幼児であればA型に感染する事によって発症する事が多いです。

 

下腹部痛の原因が潰瘍性大腸炎による場合

本来、腸が長い日本人にはあまり適していない、食事の欧米化等が原因として多いです。

腸管内側を覆う粘膜が剥がれ落ちて腸管が露出したり、炎症やただれ、潰瘍等が出てしまう病気です。

 

腸管内に激しい炎症が起きてしまっていますので、腸管内で出血が起こる場合も有ります。

下腹部痛の他に血便や血が混じって黒くなった便、下痢や発熱等の症状が出る事が有ります。

 

下腹部痛の原因が腸閉塞による場合

有名人が発症した事でも話題になり、「イレウス」と言う名称の方が有名になったかも知れません。

文字通り、腸が「閉塞」した状態です。

 

頑固な便秘だけでは無く、腸の圧迫や捻れ、手術や炎症による癒着、大腸ポリープや大腸、脱腸等が原因になる場合も有ります。

状況によっては、完全に閉塞してしまっていまい、毎日数リットル分泌されると言われている消化液が便と一緒に排出する事が困難になります。

 

逆流嘔吐してしまう場合も有り、腸閉塞を発症する場所によっては、便が口から逆流する吐糞症を発症してしまう可能性も有ります。

下腹部痛の他に嘔吐感や嘔吐が生じる事が多いです。

 

下腹部痛の原因が腸捻転による場合

先程の腸閉塞の原因になる場合も有りますが、急激に腸捻転が起こる事は、開腹手術や激しい炎症が起こらない限り無いとは言われています。

文字通り、腸が「捻れた」状態ですので、下腹部痛が起きた時は、出来るだけ早く病院を受診する必要が有ります。

 

下腹部痛以外には、背中の痛みを感じる場合が有ります。

 

下腹部痛の原因が腹膜炎による場合

本来であれば、菌等に感染する事が無い腹膜が、腫れや細菌感染等によって炎症を起こしてしまう病気です。

周辺の虫垂や胆嚢(たんのう)、膵臓(すいぞう)等が炎症を起こしたり、感染症を起こしてしまう事によって、腹膜にまで影響してしまう場合も有ります。

 

下腹部痛や発熱、嘔吐感や嘔吐、脈拍の異常等が起きてしまい易いです。

また、強い打撲や消化液等が腹膜に接触してしまう場合でも発症する事が有ります。

 

下腹部痛の原因が大腸がんによる場合

ある一定以上進行してから症状が出て来る事が多いです。

下腹部痛の他に便秘と下痢が繰り返し起きてしまったり、下血や便に血液が混じる等が起きてしまう事があります。

 

腸管内に悪性腫瘍が出来てしまっていますので、残便感や細長い便、副膨満感や「しこり」の確認、腸閉塞のような症状が出てしまう事も有ります。

肉中心や欧米寄りの食事習慣が長く続いていたり、家系的に「がん」が出来やすい場合や、大腸ポリープが出来てしまった事が有る経験が有る場合は、注意が必要です。

 

下腹部痛の原因が大腸憩室症による場合

主に食事の欧米化等が原因で食物繊維の摂取量が低下してしまった事が原因だと言われています。

食物繊維は、「便の量」になりますが、あまりに少ないままでしたら、「大腸の攣縮(れんしゅく)」や便秘が起こり、大腸内の圧力が必要以上に上昇してしまい、大腸の一部分だけが外側に飛び出た状態になります。

 

腸は「モコモコ」とした雲のような形を「大腸憩室」と呼びます。

憩室が通常よりも沢山出来てしまったり、大きく成り過ぎてしまった事が原因です。

 

下腹部痛以外にも、便秘の他にも軟便や下痢が続いてしまったり、お腹の異常な張りや血便、発熱等の症状が出る場合が多いです。

放置してしまった場合、腸に穴が合いたり、閉塞や感染症等の他の病気を発症してしまう危険性も有ります。

 

下腹部痛の原因が膀胱炎による場合

「尿路感染症」の一種です。

尿道、膀胱、尿管、腎臓に菌やウイルスが侵入してしまった事が原因です。

 

過労や加齢、寒さやストレス等で免疫力が低下してしまっていたり、水分摂取量の少なさ等が原因で感染する事も有ります。

下腹部痛や下腹部の違和感の他に、排尿時の痛みや残尿感、頻尿や尿色の異常等が出やすいです。

 

下腹部痛の原因が尿路結石による場合

「結石」の原因は、尿路の機能的な異常や感染症、水分摂取量の少なさや食事内容、サプリメントや他の病気や薬等です。

動物性タンパク質、脂肪分、シュウ酸、カルシウム等を継続して過剰摂取してしまっている場合にも多いです。

 

肉中心の生活や、ほうれん草やチョコレートの比率が高い、サプリメントでカルシウムを摂り過ぎている事等も原因になってしまいやすいです。

「尿路」は、尿道、膀胱、尿管、腎盂(じんう)、腎杯(じんぱい)の事です。

 

下腹部痛の他に、腰背部や側腹部の痛み、嘔吐感や嘔吐等の症状が出る場合も有ります。

稀に「膀胱結石」が起こる場合も有ります。

 

下腹部痛の原因が膀胱がんによる場合

生活環境が不衛生であったり、喫煙歴が長い方、過去に「膀胱結石」や「ビルハルツ住血吸虫」等の既往歴が有ったり、「フィナセチン」「シクロホスファミド」を服薬している方の発症率が高いと言われています。

下腹部痛の他に血尿や排尿異常等の症状が出やすく、良性の場合は、膀胱腫瘍です。

 

下腹部痛の原因が尿閉による場合

膀胱内では尿が生成されていて、尿意が有るにも関わらず、排尿出来ない状態です。

心因性から薬、尿路の機能的な異常、神経の異常による物等様々です。

 

寒さによる機能低下やアルコールの摂取等も原因になってしまいがちです。

 

女性に限定された下腹部痛の原因

妊娠や月経に関連する

●「妊娠初期症状」

●「生理痛」

や、子宮に関連する

●「子宮外妊娠」

●「子宮筋腫」

●「子宮内膜症」

●「子宮内膜炎」

●「子宮付属器炎」

●「子宮がん」

●「子宮線筋症」

等は、下腹部痛が出やすいです。

また、

●「骨盤腹膜炎」

●「卵巣腫瘍」

●「淋病性膣炎」

●「更年期障害」

等にも注意が必要だと思います。

 

下腹部痛の原因が妊娠初期症状による場合

初期であれば、「着床痛」の可能性と妊娠によるホルモンバランスの崩れが原因の可能性も有ります。

月経予定日の7日前後に痛みを感じるようになり、「着床痛」が収まってから出血があるようでしたら、妊娠の可能性も有ります。

 

下腹部痛と言うよりは、子宮周辺に痛みが出る事が多く、便秘や下痢になる事も多いです。

14日以上高温期が続いていたり、不正出血が有る場合も有ります。

 

下腹部痛の原因が生理痛による場合

今までは、何とか乗り切れていても、いつもとは違う下腹部痛で悩まされる事も有りますし、頭痛がする時も有ります。

ホルモンバランスや自律神経が乱れますので、精神的な不調や肌荒れ、便秘や下痢、倦怠感や腰痛等が起こる場合も有ります。

 

下腹部痛の痛みは主に、月経前半から後半にかけてで、後半にかけて痛み等も収まって来る場合が多いです。

妊娠初期症状や子宮や周辺の病気の場合も有りますので、異常が続くようでしたら、病院受診した方が良いと思います。

 

下腹部痛の原因が子宮外妊娠による場合

●子宮外である程度成長してしまった場合

●子宮外での成長によって卵管が破裂してしまった場合

に下腹部痛を感じる事が多いです。

 

前者の場合は、痛みの強さや長さ、期間も人によって違いますが、後者の方は激しい痛みです。

妊娠している事を知らない状態で、放置してしまい、破裂して重症化してしまう場合も有ります。

 

大量の血液が体内に流出し、痛みと失血によってパニックを引き起こしてしまう方も居られます。

子宮は非常にデリケートで大切ですので、異常が続く場合は、出来るだけ早く病院受診する事が望ましいと思います。

 

下腹部痛の原因が子宮筋腫による場合

子宮筋腫が出来てしまう原因は完全には解明されていないと言われていますが、女性ホルモンが大きく関係していると言われています。

「筋腫」ですので、良性ですが、継続的な病院受診が必要かどうかは、担当の医師の考えや状況によって大きく変わってしまいます。

 

下腹部痛の他に月経異常や不正出血、貧血や尿トラブル等が報告されています。

 

下腹部痛の原因が子宮内膜症による場合

子宮以外の場所に「子宮内膜」や「子宮内膜様」が出来てしまう病気です。

月経時に合わせて剥がれてしまう事が原因で不妊の原因になってしまいがちです。

 

自然と体内に吸収されてしまう場合も有りますが、「チョコレート嚢胞」が出来てしまう場合が有ります。

また、子宮内膜症周辺の場所に張り付き、「癒着(ゆちゃく)」を起こしてしまう危険性も有ります。

 

「チョコレート嚢胞」は、「子宮内膜症性卵巣嚢胞」と言うのが正式名称です。

子宮内膜症が悪化し、卵巣内に「嚢胞」が出来てしまう事が原因です。

 

毎月の月経時に出血してしまいますので、「嚢胞」内に血液が蓄積していきます。

古い血液等が「チョコレート」に見える事が由来です。

 

「チョコレート嚢胞」を放置してしまった場合、破裂してしまう危険性が有りますし、卵巣がんの原因になるとも言われています。

下腹部痛の他には、月経異常や不正出血、骨盤の痛みや排便時の痛み等が報告されています。

 

初期症状として、激痛とも言える位重い生理痛を訴える人が多いと言われています。

 

下腹部痛の原因が子宮内膜炎による場合

細菌やウイルス、カビ等が子宮内に侵入してしまった事が原因で発症する病気です。

衛生状態の悪い環境や体力の著しい低下等によっても引き起こされる場合が有ります。

 

急性と慢性で症状が異なり、急性の場合の大半は、細菌やウイルスが原因です。

下腹部痛の他に排尿時の痛みや不正出血、「おりもの」の異常や発熱等が報告されています。

 

慢性の場合は、下腹部痛等の痛み等は無く、月経異常位しか無い場合や無症状の場合も多いです。

ですが、月経毎に感染を繰り返しています。

 

不妊症の直接的な原因にも繋がりますので、異変が有れば病院受診する事が望ましいです。

 

下腹部痛の原因が子宮付属器炎による場合

子宮付属器は、卵巣と卵管の総称です。

衛生状態が悪い環境や著しい体力の低下等が原因で、細菌がウイルス等に感染してしまう場合が有ります。

 

子宮が炎症を起こしてしまった事も原因になりやすいです。

放置してしまった場合、他の細菌にも感染してしまったり、化膿して「膿」が蓄積して「膿瘍(のうよう)」を起こしてしまう可能性が有ります。

 

下腹部痛や発熱、嘔吐感や嘔吐等が報告されています。

 

下腹部痛の原因が子宮がんによる場合

●赤ちゃんが出来る「子宮体部」

または、

●子宮口付近の「子宮頸部」

に悪性腫瘍が出来てしまう事が一般的に子宮がんと呼ばれています。

 

正式には、前者が「子宮体がん」、後者が「子宮頸(しきゅうけい)がん」です。

それぞれ原因や症状が大きく異なります。

 

「子宮体がん」は、欧米化の食事が原因として多く、女性ホルモンも大きく関係していると言われています。

生活習慣病の予備軍や発症してしまっている方の発症率が高いのが特徴で、下腹部痛の他に不正出血やおりものの異常等が報告されています。

 

一方、「子宮頸がん」は、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」の感染によって発症する事が大半です。

「ヒトパピローマウイルス」自体は、殆どの女性が一度は感染し、増殖しないまま終わるのが殆どです。

 

「がん」と聞くと絶望的な気分になってしまうと思いますが、「予防ワクチン」が存在する「がん」です。

早期発見であれば、「子宮頸がん」部分を切除すれば妊娠も可能です。

 

下腹部痛の他には、腰痛や血尿等の排尿異常、血便や腸閉塞等が報告されています。

 

下腹部痛の原因が子宮線筋症による場合

子宮以外の場所に子宮内膜が出来てしまう「子宮内膜症」に似ているように感じてしまうかも知れません。

子宮の筋肉層に子宮内膜が入り込んで形成されてしまったのが「子宮腺筋症」です。

 

子宮の筋肉層周辺の筋肉層にも広がり、子宮筋層周辺にまで炎症が広がっていく場合も有ります。

「子宮内膜症」と同様に、女性ホルモンが原因として多いと言われています。

 

「過多月経」が有名な症状で、それに伴う下腹部痛が起こる場合も有ります。

 

下腹部痛の原因が骨盤腹膜炎による場合

膀胱、腸、子宮、卵管を後ろから守るような形で骨盤が存在します。

骨盤の表面は、「腹膜」で守られていますが、周辺臓器等が感染症等が原因で炎症を起こしてしまった場合、骨盤を覆っている腹膜まで炎症が広がってしまいます。

 

子宮や子宮付属器炎が炎症を起こしてしまった時に放置する事によって発症する事が多いです。

下腹部痛の他に発熱、震え、嘔吐感や嘔吐、腹部の異常な張り、便秘や下痢等が報告されています。

 

下腹部痛の原因が卵巣腫瘍による場合

卵巣に炎症が起きてしまった事により、腫れが出来てしまう病気です。

良性、悪性、境界悪性が存在します。

 

大まかに言うと「卵巣嚢腫」ですが、良性寄りで卵巣内に体液が蓄積して腫れてしまう良性の卵巣嚢腫、良性と悪性の中間辺りに属する「境界悪性卵巣嚢腫」

悪性化してしまっている場合が、「悪性卵巣腫瘍(卵巣がん)」です。

 

他には、

●「漿液性嚢胞腺腫(しょうえきせいらんせいのうしゅ)」

「嚢胞(のうほう)」内に黄色がかった体液が蓄積してしまう

●「粘液性嚢胞腺腫」

粘度の高い体液が蓄積してしまう

●「成熟嚢胞性奇形腫」

「嚢胞」内に毛髪や歯、軟骨等が形成されてしまう

等が存在します。

 

原因は、卵巣腫瘍の種類や状況等によって様々です。

下腹部痛の他には、不正出血や便秘、腹部の異常な張り、頻尿等が報告されています。

 

下腹部痛の原因が淋病性膣炎による場合

淋病感染が原因です。

状況によりますが、潜伏期間は感染後2日後から1週間程です。

 

下腹部痛の他には、発熱や黄緑がかった「おりもの」、排尿時の痛み等が報告されています。

 

下腹部痛の原因が更年期障害による場合

自律神経の乱れや精神的な不調や顔だけがのぼせたようになる「ホットフラッシュ」が更年期障害の有名な症状だと思います。

並行して、下腹部痛や下腹部の「ふくれ」等の異常が出る場合や便秘と下痢が交互に来る場合も有ります。

 

便秘や下痢は、自律神経の乱れによって、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活性化し過ぎてしまったり、逆に不活性化し過ぎてしまう事が原因で起こります。

この時、下腹部痛を感じる場合も有ります。

 

また、更年期に差し掛かる頃になると、子宮の収縮が活発になる場合も有り、下腹部痛の原因になります。

他には、子宮や子宮付属器にも異常が起きる可能性が高くなる時期ですので、痛みが続く場合は、病院受診する事が望ましいと思います。

 

男性に限定された下腹部痛の原因

主に前立腺や精巣に発症する病気で、「前立腺炎」「精巣上体炎」「精巣捻転」等は、下腹部痛が出やすいです。

 

下腹部痛の原因が前立腺炎による場合

発症原因が不明な場合と細菌やウイルス等に感染した場合が有ります。

下腹部痛の他に発熱や排尿時の痛み等の異常を感じる場合、下腹部から「太もも」周辺に痛みを感じる場合も有ります。

 

下腹部痛の原因が精巣上体炎による場合

細菌やウイルスが尿管から精巣上体に侵入してしまう事が原因で炎症が起きてしまう病気です。

前立腺や尿道、膀胱の炎症等お病気を発症してしまっている場合や、体調不良等で著しく自己免疫が低下してしる場合にも発症する可能性が有ります。

 

下腹部痛の他には、周辺の炎症や腫れ、発熱等が報告されています。

 

下腹部痛の原因が精巣捻転による場合

文字通り、精巣が「捻れ」てしまう事によって発症してしまい、捻れによって血流が止まってしまう可能性も有ります。

早急に手術が必要な場合が有ります。

 

下腹部痛の他に、血流の悪化による膨張、位置の異常、嘔吐感や嘔吐等を感じる場合が有ります。

 

下腹部痛の原因が排便異常による場合

頑固な便秘やおならが原因で下腹部痛が起こる場合、自分に合った睡眠時間の確保やストレスの緩和、ある程度バランスを考えた食事、腹筋や水分摂取量を意識する事も大切ですが、腸内の悪玉菌を減らす事を優先する事も大切です。

便秘と言うと、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維等に関連する食事やサプリメントが注目されてしまいがちだと思います。

 

ですが、乳酸菌やビフィズス菌は、胃酸に分解されてアミノ酸に変化してしまいますし、例え胃酸に強い種類であったとしても、人間の腸内で外部から摂取した善玉菌が繁殖する事は出来ません。

善玉菌は、風邪や食中毒の菌とは違い、非常に繊細ですので、繁殖出来ません。

 

食物繊維はバランスが難しく、健康食品やサプリメントはあくまで補助として考え、根菜や海藻、大豆等のような野菜等から毎日取り入れるのが理想的です。

 

右下腹部痛の場合は、「お腹が痛い!右下腹部痛が不安な時に知りたい病気と便秘の怖さ」の記事も参考にしてみて下さい。

左下腹部痛の場合は、「お腹が痛い!左下ばかり痛む時は危険?色々な病気について」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ