左下腹部痛はS字結腸の病気になり易い? | 便秘解消情報局

左下腹部痛はS字結腸の病気になり易い?

<スポンサーリンク>
左下腹部痛はS字結腸の病気になり易い?

左下腹部に痛みを感じてしまう原因は様々ですが、原因によっては「S字結腸」に何らかの異常が有り、既に病気が発症してしまっている可能性も有りますので、注意が必要です。

 

左下腹部痛に多い自覚症状に関して 

◯ 左下腹部に突かれるような痛みがあり、何日も続く場合も有る

◯ 左脇腹がつっぱるような痛みを感じ、動けなくなる時もある

◯ 便かガスが下腹部の左側に詰まっているように感じ、ぽっこりと膨らんで痛む

◯ あまりの痛みに救急で病院に駆け込みたい時がある

 

病院で調べても左下腹部の痛みが病気でない場合は、「S字結腸の便秘」の可能性が有ります。

もちろん、他にも左下腹部が痛くなる病気は沢山有ります。

 

左下腹部に痛みを感じてしまう場合が有る病気

◯ 大腸ガン

◯ 結腸ガン

◯ 大腸炎

◯ 大腸憩室炎

◯ 左尿路結石

◯ 左卵巣など婦人科系の病気

◯ 虫垂炎の初期症状

◯ 過敏性腸症候群

 

考えられる病気は上記だけでは有りません。

病気以外には、開腹手術後の癒着等も考えられます。

 

便秘による左下腹部痛を放置すると危険?

放置してしまうと危険だと言われている理由の一つに、腸内で古くなってしまった便は、結腸と直腸に溜まりやすく、「癌」を引き起こしてしまう確率が上がります。

 

病気の予防や改善だけでは無く、健康の為にも排便習慣を見直し、S字結腸ガンを予防する事が大切です。

「胃結腸反射」に関しても、便意も感じない位の便秘でしたら、例え忙しいとしても、せめてトイレ時間だけは確保する事が必要です。

 

蠕動運動を促す事が出来ますので、「便秘には運動」も確かに重要ですが、左下腹部に痛みがある場合は、運動に関しても、あまり激しい運動はする必要は有りません。

それが習慣化しているのでしたら、ひと休みする事も必要です。

 

食事環境による左下腹部痛の予防や改善

便秘の解消目的の運動でしたら、水溶性食物繊維や乳酸菌、高純度オリゴ糖等で便を柔らかくする事を最優先にした方が良いです。

朝起きた時に、

 

◯ 水分をそれまでよりも多めに飲む

◯ 朝のコーヒーやヨーグルト等に高純度オリゴ糖を入れて習慣化する

◯ 腸の中で便が硬くならないよう水溶性食物繊維の摂取も意識する

 

また、わかめやリンゴこんにゃく等の水溶性食物繊維に、高純度オリゴ糖を組合せて摂取する事等を習慣化してしまう事も有効で、腸内環境を改善し、便を柔らかくする事も可能です。

普通の食事だけで「水溶性食物繊維」「発酵食品」等を、本当の意味で腸内細菌に必要な量をしっかり食べる事自体、現代の食生活では難しくなっています。

 

もし、仕事等が忙しくて朝食の時間が確保出来ないのであれば、色とりどりの水溶性食物繊維を使った味噌汁や、果物、根菜類の電子レンジ調理も効果的です。

現在の食生活で摂取出来る範囲内での乳酸菌だけでは腸内環境は変わりません。

 

変わる事が出来ないから現在も便秘の人が多いです。

人間は善玉菌と共存して腸の消化吸収をしています。

 

分解された水溶性食物繊維は、便秘の解消だけでは無く、高い「デトックス」効果も期待出来ます。

食後には、とにかく毎日便座に座る習慣をつけ、身体や腸に習慣づける事が大切です。

 

腸内環境の改善も大切ですが、生活習慣も改善する事も大切です。

水分補給や休養もしっかりととる事も大切です。

 

「乳酸菌」「食物繊維」「高純度オリゴ糖」等と並行して健康的な食事が摂る事が出来、便が柔らかくなれば、自然とトイレに行った時に排便する習慣がついてきます。

左下腹部が痛くなるS字結腸便秘の痛みを根本的に改善する為には、まずはしっかりとした便意を感じる状態を取り戻す事。

 

次に、便を腸内に残さない事が大事です。

腸のための生活改善は、生活習慣病や癌等の発症率を大きく下げる事が出来、必ず将来に活かされます。

 

もちろん、アンチエイジングにも繋がりますし、女性であれば美容にも繋がります。

身体の中から健康に、綺麗になりましょう。

 

高純度オリゴ糖を選ぶ時に知っておきたい事

高純度オリゴ糖に関してですが、何でも良いと言う事は決して有りません。

 

理由は純度が低く「加糖」されていたり、配合するオリゴ糖の種類が少なくても短期的にしか効かなかったり、腸内細菌によっては意味が有りません。

また、乳酸菌は胃や腸等の消化液に分解され、腸内で4日以上滞在する事は有りません。

 

それに、痛みを感じる位の便秘の時に、食物繊維を摂り過ぎてしまうのも、便秘が悪化させてしまう可能性も有ります。

それでしたら、高純度オリゴ糖を、現在腸内に存在する腸内環境の栄養として与え、増やす事が一番効率的ですし、確実です。

 

「カイテキオリゴ」でしたら、他のオリゴ糖とは「EOS理論」を取り入れ、30種類以上の高純度オリゴ糖が配合されています。

この、「EOS理論」はどのような腸内環境であったとしても、一番適切な栄養を腸内の善玉菌の与え、増やす事が可能です。

 

私はこれ以上に素晴らしいオリゴ糖食品は知りません。

効果について疑問が有る場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

本当の意味での腸内環境の最適化を行いたい場合は、参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ