軟便の原因を解明?ストレスやアルコールも関係するのか | 便秘解消情報局

軟便の原因を解明?ストレスやアルコールも関係するのか

<スポンサーリンク>
軟便の原因を解明?ストレスやアルコールも関係するのか

今までは特にお通じに関して何ら異常は無かったのにも関わらず、気が付いた頃には軟便が続いてしまう状況が続いてしまっている方は、年々増加傾向です。

もちろん、軟便が続いてしまう原因は様々ですが、大きな原因として指摘されているのは「ストレス」や「環境の変化」等です。

 

特に胃や腸は、神経や精神状態とも密接に関係している事も有り、変化に対して敏感です。

変化等が原因で軟便を起こしやすい体質に変化してしまった可能性も有ります。

 

軟便は病気が原因の場合も有ります

腸内環境の変化は何らかの病気を発症してしまっている場合の「危険信号」的な物で有る場合も有りますので、「たかだか軟便ぐらいで」と軽視し過ぎてしまう事も考えものです。

軟便が続いている場合「過敏症腸症候群」「大腸ポリープ」「大腸ガン」等を発症してしまっている可能性も有ります。

 

また、軟便と便秘を繰り返してしまう事が長く続いてしまう場合も有ります。

何よりも大切なのは、軟便の色や臭い等の変化です。

 

軟便は体質の変化だと諦めるべき?

先ほどでも説明させて頂きましたが「腸は、第二の脳である」と言われるように、精神的ストレスを刺激として、過敏に反応してしまいます。

 

腸を通る速度が早過ぎて、消化も吸収も、まだ出来ないないうちに排便される事も有ります。

軟便は、腸で消化吸収が済んでいない段階の、未完成な状態で排便されてしまうために起こる場合も多いです。

 

ドロドロで水分が多い軟便は、病変しているのではありません。

誰のお腹の中でも、食べ物から、便になるには、軟らかい状態の期間が有ります。

 

この事が原因である場合は、一時的な物であれば、そこまで深刻にとらえる必要が有りませんので、安心して下さい。

便が出てしまうのが一時的な物で有れば、単純に体力の低下等が原因で消化しきれず、未消化分が早かったと言う可能性も有ります。

 

水分の摂り過ぎも無いのに関わらず、軟便や下痢が続く場合

本来ならば吸収している筈の水分が、便と一緒に出てしまっているとも考えられます。

状況によっては、身体は脱水症状に近い状態です。

 

下痢が続いてしまう場合にも言える事ですが、同時に身体にとって必要な栄養分も取り損なっている可能性が高く、電解質ミネラル等を意識して摂取する方が望ましいです。

この時、一度に大量の水分を接収する事は避け、身体になじませるように、摂取するう事が大切です。

 

もちろん、飲み物は常温状態にしておき、胃腸に余計な刺激等を与えないよう意識して摂取するようにして下さい。

 

飲料によっては、雑菌の栄養になりがちで繁殖する場合も

直に口を付けずコップにつぎながら飲むか、外出時は小さいボトルで売られているものを、数回に分けて飲みきってしまうように心掛けると、衛生的にも良いです。

 

理由としては、腸が弱ると、体の免疫機能が低下してしまいます。

「食あたり」等も含め、感染症を起こしやすい状態にあります。

 

軟便が続いてしまう場合、「生物」「油脂」「刺激物」「繊維の硬い野菜」等は出来るだけ避けた方が良いです。

 

食物繊維摂取に関しては、わかめがお勧め

特に軟便が引き起こされてしまうような心当たりが無いのに関わらず、軟便が続くようでしたら、腸が緊張した状態になってしまったままになっている理由(環境からの刺激、隠れている病気など)を考え、それに対する適切な解決策を取る事が大切です。

 

この時に「下痢止め」等を摂取してしまう方も多いのですが、下痢や軟便と言う症状は、腸内の免疫作用だけでは抑え込めないほどの、病原菌の増殖等が起きてしまっていると言う事も考えられます。

腸内に存在する細菌や病原菌等の「外敵」をすぐに出す必要が出来た場合にも起こりますので、下痢止めを飲むのも考えものです。

 

飲酒でも軟便が引き起こされてしまう可能性が有ります

下痢や軟便の後は、腸粘膜を修復するだけでも3〜4日以上は必要です。

1〜2週間は消化の良い物しか食べられないのに、飲酒を続けたりしてしまった場合、軟便が治らないどころか、胃、腸、肝臓等に「ガン」が出来てしまう可能性も高くなってしまいます。

 

軟便や下痢は、このような「危険信号」の意味合いも有ります。

「腸は、第二の脳」免疫機能の判断も出来ていると言う事です。

 

軟便が続いた場合でも、むやみに下痢止めを使わない

軟便の原因として多い「ストレス」「水分摂取」「冷え」等思い当たるものが無い場合は、軟便や下痢を自然治癒力で、起こりにくくなるようにする事が大切です。

食事や生活環境等を意識し、体質改善をしていく事が一番有効的です。

 

「乳酸菌」「食物繊維」「高純度オリゴ糖」等のように腸内環境を整える事に有効的な成分が含まれている成分を意識して摂取する事によって、軟便が起きてしまわないような腸内環境にする事も可能です。

 

腸内の善玉菌を意識して育て続ける事によって、自然と悪玉菌の比率は下がり、腸内環境は最適化出来ます。

もちろん、軟便体質が改善された後であったとしても、水分の過剰摂取や細菌等の有害物質が侵入して来た場合には軟便状態になって排出します。

 

ですが、通常便が「軟便」と言う事は無くなります。

軟便で考えられる病気について気になるの場合は、「軟便が続くと病気のサイン?実際の所はどうなのか」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

乳酸菌や食物繊維は軟便体質の改善に有効的?

乳酸菌は胃酸等の「酸」によって死滅してしまいがちで、食物繊維は腸内環境によって効果がまちまちな場合が多いです。

 

また、食事を消化する能力自体が低下してしまっている可能性も有りますので、食物繊維を普段の食事以外から意識して摂る事も考えものです。

軟便が起きてしまいがちな腸内環境の改善には、現在腸内に存在する善玉菌の餌になり、爆発的に増やす事が出来る「高純度オリゴ糖」が良いです。

 

ですが、高純度オリゴ糖なら何でも良いと言う訳では有りません。

理由は簡単で、腸内細菌によって最適なオリゴ糖は異なるからです。

 

一般的に市販されているオリゴ糖商品では多くても数種類程度のオリゴ糖しか含まれていませんので、効果も人によって異なりましたが、「EOS理論」の発見と、それに基づいた「カイテキオリゴ」の開発によって、その問題は無くなりました。

 

30種類以上の高純度オリゴ糖を配合しているので、どのような腸内環境に対しても最適なオリゴ糖が供給出来ます。

自分の腸内環境に合う物を探す為に、ヨーグルトや整腸剤を探し回る必要は有りませんし、腸内に存在する善玉菌を増やすので、一番効率的です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ