はちみつが便秘解消に助太刀してくれる可能性について | 便秘解消情報局

はちみつが便秘解消に助太刀してくれる可能性について

<スポンサーリンク>
はちみつが便秘解消に助太刀してくれる可能性について

はちみつは、一般的に料理やお菓子等に使用されている「上白糖」と比較してもカロリーが低く、血糖値の上昇も比較的緩やかですし、ある程度は便秘解消効果も期待出来ますので、たまには摂取した頂きたい食品の一つです。

 

はちみつで便秘解消?

はちみつに含まれている「オリゴ糖」と「グルコン酸」は、腸内の善玉菌の栄養分になり、爆発的に増やします。

「グルコン酸」は「酸」ですので、少しだけですが、腸内の悪玉菌が住みにくい環境に近づける働きも期待出来ます。

 

また、はちみつ自体に「保湿性」が有りますので、便秘時に起こりがちな便の水分含有率の低下を防ぐ働きも期待出来ます

 

あとは、「トリプトファン」と言うアミノ酸の一種が含まれていますので、ストレスの緩和も期待出来、自律神経等の乱れ等が原因での便秘にも有効的です。

 

はちみつは毎日摂って大丈夫?

100g当たりのカロリーで言うと、はちみつは平均して294キロカロリーで、上白糖は平均して384キロカロリー位です。

ちなみに、高純度オリゴ糖は207キロカロリーです。

 

ただ、普段からカロリーを強く意識されている方にはなかなかオススメ出来ませんが、その構造上、そこまで心配する必要は有りません。

同じ便秘解消効果を期待するのなら、他にも適した食品が存在します。

 

上白糖よりもカロリーが低く、脂肪として吸収されにくいです。

更に、はちみつに含まれている「グルコン酸」は、「短鎖脂肪酸」ですので、カロリーとして吸収された後、「燃焼」までの時間が短くなります。

 

アスリートがはちみつを愛用する理由

はちみつは、はじめから「果糖」「ブドウ糖」「オリゴ糖」で構成されている為、ほとんど分解されない状態です。

はじめから分解されていますので、身体への吸収率が高く、すぐにカロリーとして使用したいアスリートや受験生にオススメです。

 

ちなみに、吸収の早さから言うと、「ブドウ糖」には勝てません。

あとは、「鉄」「カリウム」「カルシウム」「ビタミンB群」が含まれていますし、疲労回復効果が高い事も理由の一つと言われています。

 

便秘解消よりも大切な事

はちみつは、少量だけ含まれている「オリゴ糖」「グルコン酸」等の効果によって便秘解消効果が期待出来るますが、殆どの場合熱に弱い性質が有ります。

これは、「果糖」の性質上仕方の無い事ですので、特に何もせずにヨーグルトにかけるか、飲み物に加える方が良いです。

 

また、はちみつだけで便秘解消が出来るとは考えにくいので、「補助」的な使い方をした方が良いと思います。

もちろん、大量に摂取すれば高い便秘解消効果が期待出来るかも知れませんが、きっと後悔すると思います。

 

もし宜しければ、「便秘+コロコロ便で悩んでいる人へ【解消法】」の記事も参考にして頂けると幸いです。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ