便秘とアレルギー体質の密接な関係について | 便秘解消情報局

便秘とアレルギー体質の密接な関係について

<スポンサーリンク>
便秘とアレルギー体質の密接な関係について

アレルギーは大きく2種類に分ける事が出来ます。

それは、「通年性」と「季節性」です。

 

もちろん、アレルゲン(原因)が何なのかによって、大きく左右されてしまいますので、その方の症状や白血球数の増加量を調べる他は、分類が難しいのが現状です。

例えば、季節性のアレルギー体質で悩まれていたとしても、いくつかのアレルゲンが重なってしまう事も多いです。

 

「杉が終わったら次は、檜。それが終わったらイネ科と、ブタクサなの・・・」

こうなってしまっていては、もう、恒例行事に近い状態です。

 

アレルギー体質は諦めるしか出来ないのか

◯「アレルギーが原因でお花見なんて、何年も行ってない・・・」

◯「テレビを見たり花粉を考えただけで、むずむずする・・・」

 

◯「鼻水が気管に来るような感じがして苦しいし、気管支炎や気管支喘息が発症してしまう可能性も有る」

◯「咳が止まらなくなって炎症を起こしてしまい、普段の食事でさえ食べる事もままならず栄養不足で体調を崩してしまう」

 

◯「鼻に来れば、くしゃみが出だして、鼻水がたらたら落ちてしまう・・・」

◯「そのうち腫れ上がって鼻詰まり、吸い込んでいるうちに、副鼻腔炎、頭が重く、熱も上がる」

 

これは、何とかして治したい所だと思います。

それに、原因によっては、長年体質だと諦めていた事が、想像以上に簡単に体質改善が出来たと言う場合も多々有ります。

 

アレルギー体質と便秘との関連性

アレルギー症状は、症状の重さにも関係して来ますが、目が痒くなり、結膜炎で目の周りが赤くただれてしまうと言う方が多いです。

人と合う頃自体嫌になりますし、億劫になって来ると思います。

 

耳に来れば中耳炎で膿が出て、熱が上がって耳の中からの激痛は、釘でも打たれているようですからね。

アレルギー症状は重症化してしまった場合、偏頭痛、扁桃腺肥大、腸まで影響してしまう場合が有ります。

 

蕁麻疹が内臓にまで広がり、下痢を起こす事も有る位です。

アレルギーは、腸内で生成される「自己免疫機能」に何らかの異常が出てしまう事によって起きてしまいます。

 

腸内の免疫機能と便秘

本来ならば自己免疫機能は、体内に侵入して来たウイルス等の外敵から身体を守る機能です。

もし、食事習慣の変化やストレスによる自律神経の変化等が原因で便秘になってしまった場合、腸内に腐敗した便やガスが充満してしまいます。

 

免疫機能(ヘルパーT1細胞やヘルパーT2細胞)は腸内で生成されますが、腸内に腐敗した便やガスが充満した状態だと、免疫機能は腸内全身に毒物が蔓延した状態だと錯覚し、ありとあらゆる外敵に対して防衛しようとしてしまいます。

この時、強いアレルギー症状が出てしまいます。

 

免疫機能は、全身に張り巡らされた血管の中で24時間休むことなく機能し続けます。

腸の免疫機能が正常に働いていないと、身体全身の免疫機能にまで悪影響が出てしまいますし、血液自体に健全な栄養が届く事は有りません。

 

免疫機能の低い血液が、身体を巡っている事になります。

腸内細菌の善玉菌は、下痢や便秘を治すだけではありません。

 

命や健康な身体を、外界から侵入した害のある物質を血液中で捕まえ、無力化して尿や便として体外に排出します。

免疫機能がどのくらい働くのかは、腸内乳酸菌の、善玉菌がいつも多い状態にあると抵抗力は、アレルゲンを抑えることができます。

 

乳酸菌や食物繊維を摂取しているのに改善しない方へ

アレルギー体質の改善には、病院で処方される薬を飲む事によって症状を抑える場合が殆どだと思います。

また、雑誌等で腸内環境とアレルギーが密接に関係している事実を知り、ヨーグルト等の乳酸菌や食物繊維系サプリメントを意識して摂取している方も多いと思います。

 

ですが、なかなか効果を実感出来ないと言う方が殆どでは無いでしょうか?

これにはちゃんとした理由が有ります。

 

乳酸菌は摂取した瞬間に分解されますし、生きて腸に届いた所で、腸内に存在する腸内細菌に攻撃されます。

また、食物繊維には「水溶性」「非水溶性」が有り、バランスを考えないと逆に便秘が悪化します。

 

食物繊維と言うのは、身体で吸収出来ない繊維質だからです。

でしたら、無理に新しい種類の乳酸菌を腸内に定着させようとするよりは、腸内に存在する善玉菌自体を増やす方が効率的です。

 

この場合に一番有効的なのは、高純度オリゴ糖を摂取する事です。

理由は簡単で、高純度オリゴ糖は人間には吸収出来ない成分で、善玉菌の栄養にしかなりません。

 

乳酸菌とは異なり、胃や腸の酸に分解される事は無く、腸内細菌に攻撃される事は有りません。

 

純度の重要性等に関しては、「高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

一般的に市販されているオリゴ糖は逆効果

最近ではオリゴ糖も注目されて来ていますので、「オリゴ糖」配合商品も増えて来ました。

ですが、オリゴ糖は純度が非常に重要ですし、仮に高純度オリゴ糖を配合していたとしても、単種では腸内細菌によって左右されるので「運頼み」です。

 

「高純度オリゴ糖」を売りにした商品は多いですが「カイテキオリゴ」と言う高純度オリゴ糖とは全く別物です。

理由は、「EOS理論」に基づき、ほぼ全ての腸内細菌に対して最適化されているからです。

 

信じて習慣化出来れば、アレルギー体質を根本的な意味で改善する事は、十分に可能です。

アレルギー体質を改善したいと考えられている方は、参考にして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ