子供が便秘をしてしまう理由と解消法について | 便秘解消情報局

子供が便秘をする理由と解消法について

<スポンサーリンク>
子供が便秘をしてしまう理由と解消法について

子供達も私達が忘れてしまったであろう容赦ない様々なストレスと、毎日頑張って向き合ってくれています。

本当の意味で「小さな社会」と言える様な一種の特殊な空間で頑張ってくれています。

 

残念な事に、子供はそう言った事に関しては、なかなか相談してはくれません。

表情の変化やちょっとした仕草等の「シグナル」を気付いてあげる事が、人格形成に関しても重要な要因になって来ます。

 

その「シグナル」の一つとして、比較的に早く出てくる症状として便秘があります。

 

子供の便秘は何が怖い?

成人だけでは無く、子供の便秘を放置してしまった場合、全身に何らかの悪影響を与えてしまうばかりか、将来的に生活習慣病を発症してしまう可能性が高くなります。

 

身近な所で言うと、「アレルギー」「アトピー」、生活習慣で言うと「大腸ポリープ」「大腸がん」があります。

大腸ポリープや大腸がんは、ある日突然何の前触れもなく発症してしまうように誤解されてしまいがちです。

 

実は、発症してしまう方の多くは、「便秘」という自覚症状が有り、長い時間を経て進行して来てしまったと言う場合が多いです。

また、これらは「成人病」と思われがちですが、しっかりと子供の頃から「すっきり体質」にしてあげる事で簡単に大幅にリスクを下げる事が可能です。

 

特に子供は便秘になりやすく軽視しがち

便秘にもっと関心を持てれば、自分で早く見つける事が出来る病気です。

働き盛りで、やっとこれから自分の人生を楽しめるようになった矢先に、とても悲しい結果になるのは本当に辛いです。

 

これから何年も何十年も先の事かも知れませんが、大事なお子様をそんな悲劇から救う為にも、健康的な排便の大事さを幼い頃から、感覚的に自覚させてあげる事が大切です。

それだけで、大腸がんから大事な人たちを守ってあげられる確率を大幅に上げる事が出来ます。

 

便秘はある意味「習慣」

子供の頃からの習慣によって左右される病気です。

周りの大人たちが便秘の理由を一緒に考え、教えてあげる事で、自分の体を自分自身が守ることも教えてあげる事が大切と言えます。

 

何やら大それた事に聞こえてしまうかも知れませんが、簡単です。

子供たちの体が小さいのと同じで、腸や肛門はとても狭いです。

 

大人が思っている以上に排便時、痛みが出てしまいます。

甘えているわけではないのです、まずは理解してあげる事が大切です。

 

理由はそこまで単純な事では無い場合が多いのですが、便秘は便が出にくくなり、水分を失ってゆくことで硬くなります。

その事が理由で、排便時に「痛み」として感じてしまい、お通じ自体がトラウマになる事も有る位です。

 

「頑張って!」が便秘をより悪化させてしまう可能性も

「頑張れ」と言われれば、頑張り過ぎてしまうのが子供達です。

 

無理にいきんで、腸管や肛門を傷つけてしまっては、大変な事になり後悔される事になる可能性も高いです。

そこまででなくても、子供たちにトラウマとなり、排便が怖くなってしまう可能性もあります。

 

水分を以前より多く摂取するように工夫をする事。

そして、ウエストをゆっくりと「ひねる」運動をさせてあげたり、お腹を膨らませたり引っ込めたりする事に痛みが無ければ、ゆっくりくつろぎながらやってみるのも一つの方法です。

 

その際に深呼吸も良く、リラックスが大切です。

お風呂上り等に、観察を兼ねて大人の方がそっと優しく話しかけながら、お腹に「ののじマッサージ」をしてみて、力の入れ具合なども教えてあげるのも有効的です。

 

そのうち、自分で出来るようにしてあげましょう。

それでも続くようでしたら、ヨーグルト等の乳酸菌飲料やゴボウやわかめ等の食物繊維、一番強力的な高純度オリゴ糖を意識して摂ってみて下さい。

 

色々と、本やインターネット等の情報を便りに試してみても、実際は改善しにくいのが便秘です。

決して体質だと諦める必要は有りません。

 

病気や副作用等が原因で無ければ、しっかりとした効果は期待出来る筈です。

大切なお子様への危険性等が心配な場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

高純度オリゴ糖でもっと効率良く子供の便秘を解消♪

オリゴ糖含有の食品には大差は無いが誤解されてしまいがちですが、「純度の高さ」と「何種類のオリゴ糖を使用しているのか?」については特に注意が必要です。

 

値段等を規準にして購入してしまうと、効果が大きく変わってしまいます。

もちろん、その時の便秘の重さによっても異なりますが、高純度オリゴ糖を飲み始めた方は、効果が早くて驚かれる事も多いです。

 

もし、初めて高純度オリゴ糖を飲まれるのでしたら、休日か休日の前日になってから始められる事をお勧めします。

これは、決して冗談では有りません。

 

特に子供の便秘に関しては、「スッキリ」する事は気持ちが良い事なんだと自覚させてあげる事が大切です。

スッキリした気分で、排便習慣をつけさせてあげて下さい。

 

子供は、例え便秘になったとしても、教えてあげるまでの間は「何が起ったの?」と怖がられるでしょう。

「こんな事が?」と思う事が幼い頃には大事件になってしまいがちです。

 

トラウマにならないように注意する必要が有ります。

オリゴ糖はいろいろな、食べ物に含まれている安全なものです。

 

病中病後はもちろん、服薬中でも安心して飲む事が出来るのが嬉しいですね。

オリゴ糖は、母乳にも含まれている位安全性の高い物ですが、便秘体質の改善が出来る程の量を通常の食事から摂取する事は、正直困難です。

 

高純度の粉末タイプでしたら、毎朝の食事に振り掛けられるので、お薬の苦手な大人の方も大丈夫です。

 

また、高純度オリゴ糖でしたら、上品な甘さですので、どんな料理にでも合いますし、脂肪として蓄積する事も有りません。

カイテキオリゴは本当によく効きますので、少な目から始め、トイレにすぐ行ける状態にしてから摂取するのが理想的だと言えます。

 

では、お子様方の、健やかなご成長を遠くからお祈りいたします。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ