抗がん剤や放射線治療による頑固な便秘を解消する為に | 便秘解消情報局

抗がん剤や放射線治療による頑固な便秘を解消する為に

<スポンサーリンク>
抗がん剤や放射線治療による頑固な便秘を解消する為に

抗がん剤や放射線治療には、副作用としての薬剤性便秘になってしまう時が有ります。

薬剤によって腸の機能が低下して起きてしまいます。

 

抗がん剤や放射線治療の薬剤性便秘は、病院で処方された緩下剤でも便秘解消とまではいかない事が多いです。

薬剤性便秘は、腸自体の機能低下によって善玉菌も繁殖しにくくなり便は硬くなります。

 

やっと排便しても小さいコロコロ便がいくつか出るだけになりやすいですね。

薬剤性便秘になると頭がのぼせたり、お腹がガスで張ったりと不快感がいつでも気になったりします。

 

抗がん剤、放射線治療を受け続けるためにも、コンディションをととのえて治療を受ける事が大切です。

がんを克服して回復していくためにもまずは、便秘を解消したいですね。

 

大切な抗がん剤、放射線治療を一回、また一回と受けながら、それとともに薬剤性便秘を解消することで、体調を整えて健康的に治療を続けていきたいですね。

薬剤性便秘の解消で抗がん剤や放射線治療でダメージを受けた身体の細胞にも、腸から栄養が届けられるようになるので、身体の回復に役立つんですね。

 

新陳代謝で出された老廃物は腸から便と一緒に排出され、その代わりに栄養が運び込まれます。

免疫機能も腸内環境を整えることで活性化します。

 

肌の新陳代謝も腸の健康で整ってきます。

抗がん剤、放射線治療で肌荒れがでるのも副作用ですね

 

健康な細胞にもダメージがありますが一時的なものと考えましょう。

腸が元気なら身体の回復と共に、肌荒れの心配もなくなっていきます。

 

治療を続けて毎日良い方に向かっていることを実感しましょう。

腸内環境を整えると身体の免疫力が上がることは皆さんご存知だと思います。

 

抗がん剤、放射線治療中の方の身体にも負担なく自己免疫を付け直す方法です。

発酵食品にふくまれるビフィズス菌や乳酸菌は、腸内まで届けば善玉菌として薬剤性便秘を解消します。

 

腸の善玉菌が増殖すると悪玉菌の好む腸内環境を、善玉菌が住みやすい腸内環境に変えて繁殖します。

緩下剤を最低限にへらし自然な形の排便に近づけるには、腸内環境を整える善玉菌を増やす方法が必要です。

 

乳酸菌がふくまれる発酵食品はたくさんあります。

味噌ひとつとってもそれぞれ乳酸菌の型は違います。

 

乳酸菌がそれぞれ違うように自分の腸の乳酸菌との、乳酸菌の相性もあります。

色々試してみましょう。

 

水溶性食物繊維の果物、わかめ、きのこなどは、腸でゼリー状になって便を柔らかくして善玉菌も育てるので、特に、抗がん剤、放射線治療の薬剤性便秘には必要です。

乳酸菌は一週間ほど食べつづけてみて便秘が解消するか試してみましょう。

 

あまり排便しない時は、善玉菌を増殖できることが研究でも明らかになっているオリゴ糖を試してみましょう。

高純度で甘味料の入っていない物が安心です。

 

オリゴ糖の危険性については、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

不溶性食物繊維には、その繊維で腸を内側から柔らかく刺激することで腸の蠕動運動を助け、腸の細かい部分まできれいにするはたらきがあります。

しかし、お腹がはる便秘の時や下痢の時には、不溶性食物繊維の割合は減らして、水溶性食物繊維を増やしたほうがお腹が楽になります。

 

薬物性便秘は腸の機能低下がまずあるので、とても根深く頑固な便秘です。

水溶性食物繊維と善玉菌に栄養を与えてより増殖させて薬剤性便秘を解消していきたいですね。

 

抗がん剤、放射線治療の副作用は健康を取り戻すために、避けて通れない問題として立ちはだかります。

緩下剤では根本的な薬剤性便秘解消には至りません。

 

自然に近い方法で腸内環境を整えて本来の腸の蠕動運動を取り戻していきましょう。

治療は一回一回終わりに近づいていきます。

 

ゆっくりとあせらず、ご自分を大事になさって下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ