授乳中の便秘は市販の薬でも安心して飲める? | 便秘解消情報局

授乳中の便秘は市販の薬でも安心して飲める?

<スポンサーリンク>
授乳中の便秘は市販の薬でも安心して飲める?

授乳は赤ちゃんの心の栄養にもなる」とはいえ、御自身のトイレタイムも、ズレてしまいがち。

それで、便秘薬に頼りそうになるんですよね。

 

でも、「ちょっと待ってください!」薬によっては、‘‘母乳‘‘に薬物成分が、混じって入ってしまうのです!

 

授乳中に市販の便秘薬を飲む危険性について

「単に、下痢を一度だけするだけ」ではありません、母乳と一緒に、「薬物」も飲むのです。

 

大事な授乳中に「薬」を、使う習慣がついてしまったら大変です!

赤ちゃんはまだ、体のすべてができていません!思わぬところに障害を残すことにも、なりかねないのです!

 

市販薬の素晴らしところは、たくさんあります。しかし、医師でも、薬剤師でもない、専門の医学知識のない人が、独断で、薬を選ぶのは、とても危険なことでもあります。

とくに、授乳期は、なおのこと、絶対にやめましょう。

 

命をかけてお産みになった、‘‘宝子‘‘さんです。あなたの老後を見てくれる人でもあります。

授乳期にたった一つ与えられる食べ物が‘‘おっぱい‘‘です。

 

お子さんの「食の安全」は、お母さんにしか守れません!

安全に便秘解消してきめ細やかなケアをしてあげましょう!

 

「薬」はからだに吸収されやすいようにできています、吸収されたら取り出すことができません。

お子さんの誤飲による、死亡事故も後を絶ちません。それにも注意が必要です。

 

◯ 授乳中でも、天然由来の成分だから安心。おっぱいに混入することがありません。

◯ お母さんの‘‘便秘と、下痢の両方に効く‘‘ 腸を整える作用があります。

◯ お母さんの腸のコンデションを良くするものなので、使いすぎても全く無害です。

 

便秘解消法にも、下痢解消法にもなるのには、腸内の善玉菌をたくさん増やすことです。

 

授乳中でも安心して便秘解消するには?

ビフィズス菌の数が足りないことから起こる、便秘と下痢にビフィズス菌を、自然な形で

腸の中で増やすのに、必要なのが「オリゴ糖」なんです。

 

副作用等が心配な場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

◯ オリゴ糖には何が期待出来る?

「ヨーグルトも、納豆オクラも、キムチも食べてるのに便秘をしている」といわれる方は。

取れたビフィズス菌を、増やす作用のある「オリゴ糖」が、とっても効きやすい方なんです。

 

あと、もう一息で善玉菌をいっぺんに増やせます。

便秘や、下痢が 気になるときに、日ごろ取っておられる発酵食品と一緒に、「オリゴ糖」をお試しください! 副作用なく! 原因の腸内環境から治します!

 

便秘も、下痢もしない快適な毎日で、お子様の澄んだ瞳に追いかけられ、お忙しくなさるのも、過ぎ去ってしまえば、「あのころが、一番幸せだったかも・・・」と、思えるものです。

気持ちまで疲れないうちに、ゆっくりと、「深呼吸」するのも便秘に効くんです。

 

どうせやるなら、楽しみましょう! そのうち、悩みの相談にも乗ってくれますよ!

たった一人の母親の眼をしっかり見つめながら、授乳されている姿はもう、言葉にできないほどの希望を、私たちに与えてくれます。

 

そして、「大変だろうな」とも思うのです。

「いつか来た道、やがて行く道」

「つらいときは、ネット検索してみてください、決してひとりじゃありませんから!」
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ