高血圧や高脂血症で痔になる人は便秘を放置すると? | 便秘解消情報局

高血圧や高脂血症で痔になる人は便秘を放置すると?

<スポンサーリンク>
高血圧や高脂血症で痔になる人は便秘を放置すると?

高血圧や高脂血症の疑いが有ると医師に診断されていて、減量するように指摘されている方、仕事帰りにウォーキング等の軽い運動をしているが、全くと言って良い程減量が出来ない事で悩まれている言う方は多いです。

 

これらの病気で悩む方には便秘傾向が有る方が多く、寒くなる時期になると決まったように「痔」が出てしまい、排便時に痛みを感じて辛いと感じる場合が有ります。

どうしても原因に共通した所が有るので仕方の無い事なのかも知れませんが、高血圧症と高脂血症の両方を持病にお持ちの方はとても多いです。

 

辛い便秘や痔はどうにかならないのか

確かに、うっすらと汗をかく程度の適度なウォーキングを続ける事は、減量にも繋がりますし、何よりもリフレッシュにも繋がりますので、是非その調子で続けて頂きたいです。

 

話は戻しますが、便秘から痔になってしまう方は、大変多いです。

便秘を放置してしまった場合、便の水分含有率は腸に吸収され、時間と共に硬くなります。

 

次から次と続いて来る便が積み重なる事によって、次第に大きな塊になってしまいます。

その時、腸は引き伸ばされて薄くなり、徐々に「蠕動運動する力」自体が弱くなり、排便する事自体が困難になっていきます。

 

便意が無くなってしまうと、肛門まで便が来たとしても、「便意」が無く、気付く事が出来ません。

この事が原因で、便が大きくなり過ぎて肛門が裂けてしまう事が繰り返えされてしまい、最終的には「痔」になってしまいます。

 

痛みが避けて下剤を使用する場合

便が柔らかい状態だと排便し易い事も有り、下剤を使用される方が多いですし、大半の方がそうだと思います。

ですが、長期的な目線で考えると、「乳酸菌」「食物繊維」「高純度オリゴ糖」を習慣的に摂取した方が、便秘の原因を根本的に改善する事が出来ます。

 

最初は下剤が無いと不安に感じてしまうと思いますが、善玉菌を増やした方が、排便もスムーズです。

何よりも、自然なトイレ習慣を作って行く事が大切です。

 

また、自然な形で便が柔らかになる事によって、予防出来る病気も沢山有ります。

例えば、高血圧症の方がトイレで「いきむ」のは、大変危険な事です。

 

高血圧で「いきむ」事は、何が危険?

高血圧の方が「いきむ」だけで、血圧が約100mmHgも一度に上昇してしまいます。

 

中には、トイレ内で「いきむ」事が原因で亡くなられてしまう方も居られます。

もし、高血圧や高脂血症を放置してしまった場合、知らない内に「脳内出血」「心筋梗塞」等の死亡率が高い病気を発症してしまう可能性も有り、便秘で「いきむ」事自体が命に関係して来る可能性が有ります。

 

高脂血症で「いきむ」事は、何が危険?

高脂血症の方も、血管がもろくなってしまい、破れ易い状態です。

 

そのような状態の血管、便秘が死因につながってしまう事が多いのは残念なことです。

便秘を解消しましょう。

 

便秘がまねいたこれらの症状では命を取りとめても、重い後遺症が残ることが多く、便秘をしないことが必要です。

悲しい結果にならないためにも便秘を解消していくことは高血圧症、高脂血症の方には生活習慣病の予防にも意味のあることです。

 

腸内細菌の力を使って便を柔らかくしてゆき、ウォーキングを続けて、夕食後に「トイレ時間」を持ってくるなど、生活の習慣を改良することで便秘を解消された方は多いです。

便を柔らかくするに食生活の改善が必要ですが実際のところ限界もあります。

 

柔らかい水溶性食物繊維をしっかり摂ること、乳酸菌もそうですね。

忙しい方ならオリゴ糖を加えて善玉菌を増やすのが確実です。

 

もし、健康への影響等が心配な場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

痔が怖い方も高血圧症や高脂血症の方も便秘解消することで、血液中に毒素や有害物質が含まれるのを防げます。

 

便がたまらないことでおなかがへこんで減量にもなり、身体を動かしやすくなることで運動にもつながります。

高血圧症も高脂血症も合併症が恐ろしい病気ですから、体内から健康になる便秘解消で免疫力を上げて、食生活の改善で健康を取り戻して下さいね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ