善玉菌は下剤に負けてしまう?アフターケアはどうすれば? | 便秘解消情報局

善玉菌は下剤に負けてしまう?アフターケアはどうすれば?

<スポンサーリンク>
善玉菌は下剤に負けてしまう?アフターケアはどうすれば?

腸内環境が悪化してしまうと、便秘体質になってしまう可能性が非常に高くなります。

悪化してしまう原因には腸内環境の悪化以外にも、食事の取り方や運動不足といった原因で便秘になります。

 

◯ 成功法なんて誰でも知っている

便秘を解消するために、急に運動をしたり、食生活を改めたりするのは現実問題、難しいでしょう。

そういった時に活用する事が多いのが、下剤だと思います。

 

下剤の働きについて

一般的に、その働きは、有効成分が腸の神経を刺激して、ぜんどう運動を起こさせて、便秘を解消してしまう薬の事です。

 

便秘が続くとスッキリ感がなく、もやもやしたり、腹痛を起こしたりして、どうしても下剤を服用したいと考えてしまいます。

 

◯ デメリットについて

しかし、この下剤ですが、良い事ばかりだけではなく、デメリットの方が多いと言えます。

そのデメリットですが、腸を刺激して、無理矢理ぜんどう運動を起こさせる訳ですから、それなりのリスクや副作用があるのです。

 

下剤の副作用について

副作用として、腹痛や吐き気等がありますし、これに慣れてしまうと自然な形で、お通じの刺激が受けにくくなるという「弛緩性便秘」を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

こういったデメリットの中でも特に目立つのが、善玉菌を減らしてしまう事ではないのでしょうか。

 

何故、善玉菌が減少してしまうのか

何故善玉菌が減ってしまうかと言いますと、腸の中のものを排出してしまうという事ですから、悪玉菌も含めて腸内細菌を出してしまう事になります。

 

ですから、下剤を使った後は、善玉菌の数が極端に減った状態ですから、危険な状態とも言えるのです。

便秘をどうしても解消したい時に、薬を使うと思いますが、このようにリスクや副作用がありますので、最終的な手段として考えた方が良いかもしれません。

 

それでも、下剤を使ってしまうのでしたら、善玉菌を増やす方法を考えないといけません。

また一時的に便秘が解消したからといって、日々のライフスタイルが見直されていなかったら、再び便秘になる可能性は極めて高いでしょう。

 

そうならないためにも、高純度オリゴ糖を積極的に摂った方が効率的です。

 

純度との関連性が気になる場合は、「高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

善玉菌の増加と「高純度オリゴ糖」の関係

下剤を使った後は、善玉菌の数は少ない状態ですから、これを効率的に増やせる高純度オリゴ糖の使用は妥当だと思います。

 

逆に少ない状態だからこそ、摂った方が良いと思いますし、また腸内環境を悪くならないように、早めに摂取した方が良いかもしれませんね。

その数ある高純度オリゴ糖の中でも「カイテキオリゴ」が良いのではないのでしょうか。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ